旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧州旅行記 4

<<   作成日時 : 2016/06/10 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 85 / トラックバック 0 / コメント 8

 

フランス〜スイス〜リヒテンシュタイン〜ドイツ旅行の滞在三日目。

6月2日の朝、朝食までの間に、満潮時刻に合わせてまたモンサンミッシェルに行って見ました。


朝のモン・サン・ミッシェル。

画像


あれ? 満潮と言うのに、余り潮が満ちていない様な ・・・

画像

一面の海に浮かぶモン・サン・ミッシェルが見られると思ったのに。

しかも、今回の旅行は雨に祟られ続きで、、 この日もまた雨が降って来たし ・・。(泣


この後、ホテルに戻ってネットで確認したら、
モン・サン・ミッシェルまで道路を繋げたお陰で潮の流れが変わって仕舞って、今は満潮でも潮が満ちることなく、大潮の日だけに本来のイメージの「海に浮かぶモン・サン・ミッシェル」が見られるみたいですね。

なので、その対策として、二年ほど前に盛り土の道路から橋に変えた様ですが、それでも、まだ元に戻って居ないみたいです。

毎日、潮の流れに晒されて居るのでは無いですし、大潮の日にしか堆積した砂(土)に潮が満ちないのであれば、このままでは中々元には戻らないですよね。




この日は、ホテルに戻って朝食を食べてから、再度、ツアー仲間とモン・サン・ミッシェル内をグルッと見学して来ました。

入口の門を潜って。。

画像

画像

画像

画像

画像


モン・サン・ミッシェルの塔の先端を見ていて、何か変だなぁ、と思っていたら、今改修中なんですね。

画像

画像


この先端には、こんな大天使ミカエル像が乗って居たみたいです。

画像

あ、勿論、これはレプリカですけれど。。



聖堂の中に入って見ると、、

画像


外からは見えないですが、中庭も有ったりして。。

画像

画像



あ、これは、モン・サン・ミッシェル伝説のレリーフですね。

画像

司教の夢枕に現れた大天使ミカエルが、
「この岩山に私を祀る聖堂を建てなさい」
と告げるのですが、中々信じなかった司教に怒ったミカエルが、ついに三度目には司教の額に穴を空けて告げたとか。
このお告げから8世紀に聖堂が建てられ、その後も修道院等の増築が続いて、現在の姿に成ったようです。


やはり、上からの眺望は良いですね。

画像

画像

画像



帰り際に、土産物店も覗いて見ました。

でも、もう昼11時近いと言うのに、曇っていて夕方みたい。(笑

画像

画像

あ、このフィギュア良いですね。(笑

画像



シャトルバス乗降地まで戻ると、流石に観光客が増えて来ました。

画像

パリを朝に出発するとこの頃に到着するので、昼頃は観光客でいっぱいに成るみたいです。



と言うことで、私たちは、この後で昼食を食べてから、またパリに戻り、そこからTGVでジュネーブに移動する予定だったのですが ・・。

今回の旅は雨に祟られた散々な旅となっていて、、
セーヌ川の洪水でパリ市内はどの交差点も尽く大渋滞で、ちっとも進まずに、乗る予定のTGVに乗り遅れて仕舞って、、そのままバスでジュネーブまで行く羽目に成りました。
お陰で、何十年振りかのバス車中泊を経験しましたが、それ用のシートなら未だしも、余りリクライニング出来ないので疲れて仕舞いました。(汗



そんな疲れを残したまま、滞在四日目へと続きます。

to be continued・・




P.S.
 フランス人(パリ住民?)の運転マナーは最悪ですね。
信号無視してでも車間を詰めて交差点内に侵入するので、交差点は大渋滞。 交差点内にも車がイッパイなので、青信号になっても全く動かず、、 何と1.5kmを進むのに一時間半近く掛かりました。(驚
あの東北大震災で信号機が停電に成った後でも、交差点内の渋滞は起きなかった事と比べると雲泥の差です。
やはり、自己主張の国と和を重んじる国との違いでしょうかね。


P.S.2
 モンサンミッシェルの写真、手前の橋が目立ち過ぎているので、橋の目立たないアングル写真を追加で貼り付けて置きます。(笑

画像

画像

あ、これ、手前は海じゃ無くて川です。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
フランス人は運転マナーが悪い←×
フランス人はマナーが悪い←○

フランスは『欧州の中国』と呼ばれる位マナーが悪かったんじゃないかなぁ?たしか海外旅行マナーの悪い国ベスト5に入る勢いのwww(露中英仏印)

モンサンミシェル…観光立地にしようとして余計な失敗した典型例ですね;;

これでまた風光明媚が一つ減った(ノД`)シクシク
まだ逝ってないのにw




月奏曲
2016/06/10 21:47
月奏曲さん、こんばんは。

そうですね、フランス人のマナーは悪いので有名ですよね。確かに、そこら中に吸い殻は捨てているし。でも、ここまで悪いとは思って居ませんでした。日本人は、フランスを美化し過ぎですね。
たかだか三日間の滞在ですが、それだけでもフランスには住みたくないと思いました。私には絶対に合いません。(笑
確かに、英も中もマナー悪いですよね。でも、まだ英の方が仏よりは良いと思いますけど。中は予想通りなのでギャップは無いのですが、仏には驚かされますね。(笑
モンサンミッシェル、観光し易い様に交通の便を考えたのでしょうが、見事に大失敗しましたね。島まで盛り土の道路を繋げれば潮の流れが変わって浜が変化する事くらい分かりそうなモンですが、ね。
今更、橋に変えて道路下を潮が流れる様にしても、もう殆ど後の祭りですね。
あ、いや、月奏曲さんなら、また景観が復活した頃に行けるかも? それか、大潮の日を狙って行くとか。
空蝉
2016/06/11 00:48
天気の悪いのは争えません、でもこういう天気の時、石造りの建造物や彫刻はそっとりとして静かな雰囲気になっていいと思います、そう、フランスでの交通マナーは良くないと聞きますね、タクシー運転手は結構、達が悪いとか、横柄だとか、海外旅行してそういう異文化、異質の国民性を見るのもおもしろいものではないですか、非日常的でね。
fujisan
2016/06/11 08:49
こんにちは。
橋が出来たために水位が上がってこないのですか。自然に人間が手を加えるとそう云うことになってしまうのですよね。それを元に戻そうとするのには人間の力では戻すことが出来ないような気がします。折角行かれてちょっとがっかりでしたよね。
それにしてもさほど大きくないような島に、これだけのものを作られた昔の人たちは凄いものですよね。昔の人はここでどんな生活を送っていたのでしょうね。
お土産屋さんの店頭だけが煌びやかですねぇ。瀬角のご旅行なのに雨と言うのはたまらないですねぇ。私も昨年行ったときずっとお天気が悪かったです。
フランスの交通ってそんなことになっているのですか。そういうのを考えたら、日本なんてマナーわるいと言われる人もいい方なのでしょうかねぇ。
HT
2016/06/11 13:01
こんにちは。
あの有名なモン・サン・ミッシェルの中はこんな風になっているんですね、参考になりました。セーヌ川の洪水はTVでも放映していましたが、やはり天候には逆らえませんね。
毎日日曜人
2016/06/11 13:43
fujisanさん、こんばんは。

はい、天気だけは仕方ないです。運が悪かったと思って諦めるしか無いですよね。(笑
雨や曇りだったりすると近くの景色はコントラストが強過ぎずに良い感じに撮れるのですが、遠くからだと全てが霞んで仕舞って・・。
こんな天気でしたから、夕日や朝日に映えるモンサンミッシェルも撮ることが叶わず、、出来れば、何方かは撮りたかったのですが。。
そうですね、異質な文化・国民性を知る事も旅の醍醐味ですよね。(笑
空蝉
2016/06/11 20:33
HTさん、こんばんは。

あ、いえ、今まで盛り土して繋げていた道路を、海を元に戻そうと一昨年に橋に造り変えたみたいです。
盛り土の道路で潮の流れが止まって、どんどん土砂が堆積して仕舞って昔の面影が無くなって仕舞ったみたいですね。これを橋にしたからと言って、直ぐには潮の流れが復活しませんし、土砂も流れ去りませんよね。世界遺産登録されて居ますから、今度は逆に土砂を浚って現状に手を加える事も出来ないのかも知れませんね。
昔は、満潮時は完全な島になって居ましたから、ここに巡礼するにも命懸けだったみたいですね。そんな島にこんな建物を造ったのですから、昔の人は凄いですよね。
はい、ただ雨が降っただけならまだ良かったのですが、お陰で色々とトラブルも発生して・・。
フランス人の交通マナーは最低ですね。赤信号なのに、交差点内に我先に車を捻じ込むのなんて日本では有り得ません。
空蝉
2016/06/11 20:47
毎日日曜人さん、こんばんは。

はい、モンサンミッシェル内には、土産物店だけでなく、ホテルもレストランも有ります。
あ、ここのレストランはオムレツが有名なんですが、唯のプレーンオムレツ(?)なのに50ユーロ近くするみたいで、ガイドさんも余りお勧めして居ませんでした。(笑
セーヌ川の洪水は、自然が相手なので仕方ないですよね。でも、今回はこの後も運の悪さを痛感しました。
空蝉
2016/06/11 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
欧州旅行記 4 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる