旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北イタリア旅行記 1

<<   作成日時 : 2016/09/05 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 0 / コメント 10

 

8月28日から昨日(9/4)まで北イタリアに旅行して来ました。


今回は気楽な撮影旅行と行きたかったのですが、余り自由時間が取れないツアーでしたので結構慌ただしい旅に成りました。

とは言え、写真を気楽に数千枚は撮って来ましたので、整理しながらポツポツとブログアップしたいと思います。




北イタリアの旅とは言え、、
今回はミラノ入りしてから直ぐに都会(?)を離れて、直ぐに北側のスイス・オーストリアに隣接する地域へ移動し、湖水・ドロミテ地方を観光する旅でした。

旅の始まりは、湖巡りから。 ま、旅の始まりと言っても初日は移動日でしたから、2日目からの観光スタートなんですが。。



先ずは、バスで湖水地方のストレーザへ移動しイタリアで二番目に大きな湖、マッジョーレ湖を観光しました。

ボートで湖上の小島・イゾラベッラへ向かいます。

画像

これがマジョーレ湖に浮かぶ三島の内の一つ、イゾラ・ベッラ。

画像

画像


階段状の庭園が綺麗な島で、この島に上陸して暫しの散策を楽しみました。

画像

画像

画像

島内には土産物店が所狭しと有ったのですが、全てパス。(笑



そして、、

これがもう一つの島、イゾラ・ペスカトーレです。

画像



今回も相変わらず忙しいツアーでしたので、この後はルガーノ湖へ移動して、昼食と湖の散策です。

同じ様に見えますが、こちらはルガーノ湖。(笑

画像

湖畔には、こんな観光バス(?)が走ってました。

画像


散策時間に、湖畔から山の方へと登ってみて湖を俯瞰視しようと試みたのですが、近くには良い展望スポットが見つからなくて、、

画像

やはり、自由時間を一日取らないと自分で探すのは無理かな?



そして、、

次に向かったのは、コモ湖です。

画像

画像


ここでもコモ湖を俯瞰視しようと、フニクラに乗ってみました。

ま、フニクラと言っても、フニクリフニクラで有名なのはヴェスヴィオ火山の登山電車 なのですが、登山電車をフニクラって言うのでしょうかね。

画像

あ、正しくはフニコラーレかな。(笑

画像


画像


ただ、上ってみたら、、残念ながら逆光で綺麗に見えず。。(泣

画像

午前中なら綺麗に見えたのでしょうけど ・・。

画像



と言うことで、

この後はコモの街に戻って、市街地を散策しました。

画像

やっぱり、欧州の建物は独特の雰囲気を醸していますね。

画像


そして、どんな小さな町にも教会は有ります。

画像

画像

やっぱり、教会って良い被写体ですよね。

画像

画像

画像

ただ、残念ながら中に入って写すことは出来ませんでしたが。。




と言うことで、旅の二日目を終え、コモでホテル入りしました。

しかし、何しろ忙しい日本人ツアーのこと、最初から一日に三都物語ならぬ三湖巡りとなりました。(笑

しかも、この日周った湖はイタリア人にとっては良い避暑地なのでしょうが、観光だけではそれ程に特徴的な湖とは思えず、次の日以降の素敵な湖水・山岳景観との出会いが待たれます。


to be continued ・・




P.S.
 この日は昼食後にバスが一時間近く遅れて来るというトラブル発生。 どうやら、駐車場から乗車地点への道を間違えたようで、狭い道に入って仕舞い到着が遅れたようです。 観光バスドライバーでも、こんな事が有るんですね。
でも、お陰で夕食にお酒がサービスされたので良かったかも?(笑


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 74
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
北イタリアと云うと山や湖の綺麗な所なのですねぇ。遺跡などを見て回るのも良いですが、景色の良い山岳地帯の旅行も良いですよね。
初日は湖3戸湖巡りでしたか。イゾラ・ベッラと云う島?いい感じですね。パッと見ると湖に浮かぶお城みたいな感じにも見えますね。イゾラ・ペスカトーレと云う島の方が大きいのでしょうか、写真パッと見ると島には見えなかったです。
登山電車、結構高い所まで登っていかれているのですねぇ。逆光なのは残念ですが、遠くまで見えていますね。
コモの街の教会、結構古そうですがなかなか大きな建物ですね。日本の教会とは違ってとてもいいですよね。
バスが1時間も遅れてしまいましたですか。お酒のサービスがあって良かったですねぇ。
HT
2016/09/05 21:08
HTさん、おはようございます。

北イタリアは、一般的な「イタリア」と言うイメージと違い、何方かと言うとスイスのイメージに近いですね。前回、スイスが雨続きの旅でしたから、丁度良いリベンジ旅(?)になりました。
今回も滞在旅でなく周遊旅ですから、何かと忙しかったですね。ま、滞在型の旅は島旅と違い、なかなか選び所が難しいですね。
ベッラもペスカトーレも一周1kmにも満たない位の小さな島です。
登山電車、展望が良いから行って見たのですが、時間帯を選びましたね。やっぱり逆光だと・・。
教会って、建築だけ見ても見応えありますね。ま、見方を変えれば、日本の寺社観光みたいなモンですよね。
空蝉
2016/09/06 08:20
おはようございます。

 ドロミテと言うと、昔定期購読をしていたアウトドア雑誌に、よく紹介記事が出ていましたね。湖沼や渓谷が美しい所でした。鱒釣りのメッカでもあったような…
 次回も楽しみにしています。
あきあかね
2016/09/06 09:09
観光トロリーと登山電車だけでも必見な気がしますwww

コモってそば粉のピッツァとかあるとこかな?ちょっと楽しみですw
月奏曲
2016/09/06 21:46
あきあかねさん、こんばんは。

あ、ドロミテ周辺はアウトドア・トレッキングが盛んな様ですね。確かにドロミテは景観が良いですから、ジックリと歩いて楽しみたくなる場所でした。
はい、湖でトラウト釣りしている人も居ましたね。残念ながら、私が見ている間には一尾も釣れませんでしたが。。
空蝉
2016/09/06 23:08
月奏曲さん、こんばんは。

あ、これ、観光トロリーって言うのですか? 確かに、トロリトロリとした走りでしたが。(笑
ガイドさんが、そう言えば蕎麦粉のピッツァみたいな話をして居た様な、、、私は食べられなかったので、すっかり忘れてました。あ、でも、イタリア料理はどれも意外と美味しく頂けましたね。
空蝉
2016/09/06 23:13
今回はイタリアだったんですね?!
でもイタリアらしくない風景で
こんなイタリアも良いですね
イタリアは食べ物も美味しいですよね?
行ったことないから分かりませんが(笑)
やんま
2016/09/07 00:30
やんまさん、おはようございます。

はい、今回は絶景を観てみようと、イタリアらしくない北イタリアに行って見る事にしました。
ここは未だイタリアの保養地って感じですが、ここから更に北に行くと「これがイタリア?」って景色が広がります。
私もイタリア料理なんて、パスタとピッツァ位しか食べたこと有りませんでしたが、今回改めてイタリア料理を食べてみたら、どれも美味しかったですね。イタリア料理が世界に広まっている理由が分かりました。(笑
空蝉
2016/09/07 09:07
北イタリアはいつか行ってみたいと思っているので、とても参考になります
アップされている写真はどれも美しいですね
ローマなどの雰囲気とは全く違い、山岳リゾートっぽくてそても素敵です!
ゆけむり
2016/09/09 21:15
ゆけむりさん、おはようございます。

北イタリア、山あり湖ありで、都会の街とは違ったゆったりできる良い場所ですよ。景観からも、これぞヨーロッパと言う感覚を味わえます。
ありがとうございます。ゆったりと山里のリゾート感覚を味わいたいなら最適かと思いますよ。
空蝉
2016/09/10 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
北イタリア旅行記 1 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる