旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北イタリア旅行記 2

<<   作成日時 : 2016/09/06 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 10

 

北イタリア旅行の滞在2日目(8/30)。

この日は、コモから北西へと走り、スイスやフランスと隣接するアルプスの山々を堪能する予定、、でしたが、ちょっと天候が心配で。。


先ず着いたのはチェルビニア。

画像



ここに有る小さな湖・ブルー湖に映るモンテチェルビーノ(マッターホルン)が見所なのですが、、

でも、残念ながら雲に隠れていて。。

画像

画像

本来なら、この先に見える筈なのですが ・・。


どうも、アルプスには嫌われて居るみたいで、前回のスイスに引き続き今回も見る事は叶いませんでした。(泣

ま、ブルー湖そのものも、、

正しくエメラルドグリーンの澄んだ綺麗な湖なんですけどね。

画像

あ、でも、湖ってより池って感じ?(笑


湖には、こんなトラウトも泳いでいました。

画像

タックルでも有ったら釣りたくなっちゃいますね。 多分、ここは釣り禁止でしょうけど。。


ついでに、足元に咲いていた花もパチリ!

画像

画像

画像


そして、この後は、、

散策時間中にロープウェイで少し上って見る事にしました。

画像

画像

画像


上ってみると、そこには平原が広がっていて、、
平原で標高2400m位でしたから、ちょうど立山の室堂平って感じの景観でしょうかね。(笑

画像

でも、ここから下っていくマウンテンバイクを楽しむ人も。。

画像

良く見ると、下って行けるような道が続いて居ます。

画像

こんな所を走り降りたら気持ち良いでしょうね。



この後はロープウェイで下って軽い食事を摂ってから、またバスでクールマイヨールへと移動しました。

このクールマイヨール滞在時間は2時間程なので、街の散策はパスして、直ぐ近くのラ・パリュからモンブランを眺めようと、またロープウェイに乗って見る事にしました。

画像


ま、チケット売り場の情報では、、

雲が掛かっていて全く見えないとの事でしたが。。

画像


とは言うものの、一縷の望みを託して、ロープウェイを一度乗り継いで頂上のエルブロンネル駅まで一気に上ります。

途中、こんな足元が竦む景観が続きましたけど。(笑

画像


予想通り、途中から雲に突入して全く見えなくなりましたが、標高3466mのエルブロンネル駅まで行くと、微かに青空が見えて来ました。

でも、残念ながらモンテビアンコ(モンブラン)は見えず。。

画像

もう少しだけ雲が上がってくれれば、この真ん中にモンテビアンコがそそり立っている筈なのですが。。

画像

↑ 展望台の案内板より借用


ま、北の山々の景観だけでも見えたので良しとしよう。(笑

画像


仏・シャモニーへと続く、エギーユ・ドゥ・ミディ展望台も見えたし。

画像




そして、この後はアオスタへと移動し、夕食を摂りつつ暫し街を散策しました。

これはローマ時代の遺跡、アウグストゥスの凱旋門です。

画像


後は、ブラブラと街中を散策して。。

画像

画像

画像

画像


ここで、この日の観光を終えアオスタのホテルへと入りました。

結局、この日は晴天とは行きませんが、何とか天気も持ってくれて楽しく観光が出来ました。
今回の旅は遺跡巡りで無く景観を楽しむ旅なので、マッターホルンやモンブランは見たかったのですが、、天候ばかりは仕方ありません。


と言うことで、滞在3日目へと続きます。

to be continued ・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にスイスみたいな風景がステキです!
山は残念でしたね。。
あともう少し雲が上がってくれればっ感じ
アオスタの街綺麗ですね
海外は街並み綺麗な所が多いですね
やんま
2016/09/07 00:35
おはようございます。
マッターホルン残念でしたねぇ。私が昨年行った時は帰る間際にチョコットだけ観れた程度でした。山は何時でも見えているわけではないですから仕方ないですが、折角いったのに…ですよね。でも、湖と周囲の緑がとても綺麗ですね、自然がいっぱいで、こう云う所好きです。
散策時間にロープウェイで結構高い所まで行ってこられたのですねぇ。見下ろす町並みが綺麗ですねぇ。モンブランも見えなかったようですが、素晴らしい景観に出会えてよかったですよね。案内板の次の写真いいですねぇ、こんな景色を見たいものです。
街中の写真、歴史ある建物が良いですね。細い路地の写真素敵ですね。
HT
2016/09/07 08:32
おはようございます。

 ほんと、変な言い方ですが、イタリアとは思えないような景色ですね。スイスですよ、と言われても違和感が有りません。

 泳いでいた魚、ブルック・トラウトですよね。日本では「カワマス」とか翻訳されていて、日光周辺にも移植されていたと思いました。
 私はこれを釣ったことはないのですが、とても優れたファイターだとか。食べても美味しいらしいですね。空蝉さんは釣ったことがおありでした?
あきあかね
2016/09/07 08:43
やんまさん、おはようございます。

本当に、一般的に「イタリア」ってイメージしている景観じゃなくてスイスの景観ですよね。でも、北側はスイスに接していますから、スイスの景観に近いんですよね。ま、そういう意味ではフランス側でも同じ様な違和感(?)を感じるんでしょうけど。(笑
山の天気ばかりは仕方ないですね。日本からでは天気予報で旅行は決められないですしね。
海外の街並みは独特の景観を醸していますよね。こうした街並みを歩くだけでも異国情緒たっぷりで気持ち良いです。ま、でも、足元にはタバコのポイ捨ても有ったんですけど、ね。
空蝉
2016/09/07 09:22
HTさん、おはようございます。

はい、どうもアルプスには嫌われているみたいです。ま、もっと季節を選べば良いんでしょうが、そうすると混雑しますし高いですからね。(笑
ま、山は逃げないですし、いつか見られることも有るだろうと自分を慰めています。山はダメでも湖は綺麗でしたしね。
マッターホルンやモンブランには嫌われて仕舞いましたが、こういった自然の景観が見られただけでも気持ち良かったです。こういう自然を味わいたくて旅行を決めた様なものですから。。
はい、モンブランは見えずとも、北の山々が一瞬なりとも見えたのが気持ち良かったです。こういう景観を見ると「アルプス」って感じがしますよね。
街並み、歴史を感じますよね。他にも路地写真はいっぱい撮って来たのですが、今回は自然探訪(?)の旅なので、かなり省きました。(笑
空蝉
2016/09/07 09:36
あきあかねさん、おはようございます。

そうなんですよ、北イタリアはスイスと国境を接していますから、本当にイタリアと言うよりスイスって感じですよね。民族・風習的にも、北と南ではかなり違って居る様ですし。。
はい、このトラウトはブルックですね。現地では、亜種もイッパイ居ますから、何と呼んでいるかは訊きませんでしたけれど。。
ブルックトラウト、釣ったことは何度も有りますが、引き味はレインボーよりちょっと重い感じでしょうかね。でも、残念ながら持ち帰って食べた事は有りません。あ、食べた事は有っても調理したことは有りません、かな?(笑
空蝉
2016/09/07 09:45
お天気はあいにくのようですが湖の緑は綺麗だし登った甲斐あって雲と青空とピークのコントラストが綺麗なよい写真も撮れましたね^^

アルプスは規模がもう違うから山あいの村?町?が日本ではお目にかかれないレベルで雄大に広がるからいいですね^^

マッターホルンとモンブランはどんまい^^;
月奏曲
2016/09/07 21:17
月奏曲さん、こんばんは。

山を見るには生憎ですが、天候そのものは雨ってワケじゃ無し、、と余り気にしない事にしました。(笑
高山に登ると空気も澄んで青空が綺麗ですよね。そんな写真が撮れただけでも、行った甲斐が有りました。
そうなんですよね、アルプスの麓の村々は日本では味わえない独特の雰囲気を醸していますよね。こういう所で、ノンビリと夏を過ごしたいモンです。
空蝉
2016/09/08 00:03
エルブロンネル展望台まで行かれたんですね
たしか3連のロープウェイでエギーユ・デュ・ミディ展望台へ行かれましたよね
いつか3連ロープウェイに乗って、絶景を見たいと思っています
エギーユ・デュ・ミディ展望台は2度行きましたが、ドロミテをはじめ北イタリアの湖水地方にもいつかは行きたいと思っています

ゆけむり
2016/09/09 21:21
ゆけむりさん、おはようございます。

はい、エルブロンネル展望台からはエギーユ・ドゥ・ミディ展望台まで、三連の小さなロープウェイが繋がって居ます。この日も稼働して居ましたよ。ここまで行くと時間的に戻って来れないので、私は乗りませんでしたが。。
エギーユ・ドゥ・ミディ展望台には行かれて居ますか。私も何時かは行って見たいと思いました。
空蝉
2016/09/10 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
北イタリア旅行記 2 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる