旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 地下空間にて。。

<<   作成日時 : 2017/02/16 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 8

 
今日も夜中に一度 目覚めて仕舞いましが、、今日は歩かないと再度眠りに就けなかったです。
折角、眠れる様になって来たと思ったのに、また少し後戻りして仕舞いました。 本当に簡単には快方に向かってくれません。



そんな今日も、K-3 に SIGMA広角ズーム(10-20 F3.5 EX DC HSM) を着けて、試し撮りに行って来ました。

何を撮って比較検討しようかと考えた末、宇都宮・大谷資料館に行って見ました。


この先に有るのが、大谷資料館です。

画像


ここから大谷石採掘跡の地下空間へ下りて行けば、暗くて四面が石壁ですし、面白い画が撮れるかも、と。。


久々に来ましたが、、

相変わらず、驚くほど広い地下空間が広がっています。

画像

画像

やっぱり、こういう空間を撮るには広角は重宝します。



ここには色々と展示物も有って、、

これは、假屋崎省吾さん作みたいですが、、

画像


こっちは、何方の作品だったのか??

画像

画像


こちらでは、、

水面反射で、壁にハートが浮かび上がって。。

画像

これは、バレンタインイベントの名残りみたいですね。


あ、でも、石切り場の地下空間とあって、ちょっと手持ち撮影では暗過ぎましたね。 でも、ここは、三脚も一脚も使用禁止なので、仕方ありません。


あとは、星空撮影をする際に、DA18-135 より使えるのかが、気に成るところです。

でも、今、星空を撮影する根性は無いし、、

こればっかりは、打っつけ本番に成りそうです。





P.S.
 因みに、上の写真は一枚目が10mmF8・四枚目が13mmF3.5・六枚目が20mmF3.5で、それ以外は全て10mmF3.5で撮って居ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こういう場所は広角の出番ですね!
面白い資料館があるんですね?!
やんま
2017/02/16 23:05
カメラの知識はないので、「なるほど」がぽちできないのが残念ではありますが、宇都宮、機会があったら行ってみたくなりました。
ず〜っと前に、大きな陥没のニュースをみて以来、大谷=怖いところ って刷り込まれていました。
(^^;
Nyanta
2017/02/17 01:25
おはようございます。

 これは「大谷石(おおやいし)」の採掘場趾ですか? いい雰囲気が出ていますね。

 この写真拝見して、私も超広角レンズが欲しくなってきました。でも、金欠が…
 たまになのですが、町並みの撮影や、展示会の風景などで、18mmでは不足だなあ、と思う時があります。
あきあかね
2017/02/17 08:27
やんまさん、おはようございます。

はい、こういう空間は広角の出番ですよね。ま、ちょっと広過ぎましたけれど、、もう少し狭い場所の方が「これぞ広角!」って写真に成った気がしますが。(笑
ここは大谷石の採掘された跡地で、昔からの採掘方法の歴史も展示されていますし、映画ロケや色々なイベントに使われて、偶にTVでも紹介されていますね。
空蝉
2017/02/17 08:32
Nyantaさん、おはようございます。

集合写真を撮ろうとすると後ろへ下がらないと全員が入らないことが有りますが、それが撮り易いのが広角ですね。
はい、ここ大谷では過去に何度か陥没事故が起きていますね。昔から何kmにも渡って地下の採掘が行われたので、地下空間の全体地図は分かって居ないとか。。 今、公開されている空間もホンの一部ですし。。
ま、でも、石灰岩地帯なら地下に鍾乳洞が有るかも知れないですしね、、、余り気にし過ぎても。(笑
空蝉
2017/02/17 08:42
あきあかねさん、おはようございます。

はい、ここは大谷石の採掘された跡地ですね。ホンの一部だけですが、こうして地下空間が公開されています。
18mmだと不足を感じる時が有りますよね。私も旅行に行って山の写真や俯瞰視した時に、もっと広角が有れば、と思って居ました。
でも、PENTAXが「出す出すサギ(?)」みたいで中々出さないので仕方なくSIGMAに浮気しちゃいました。(笑
空蝉
2017/02/17 08:49
さすがにちょっと暗すぎましたね。

ただ広角具合は良さげ。街並みとか山の上から俯瞰とか色々試してみたいところですね。
月奏曲
2017/02/17 21:08
月奏曲さん、こんばんは。

はい、これだけ暗いとSS1/10でもISO1600とかに成っちゃいますからね。やっぱり、画像が荒くて。。
でも、こんな四角の空間もそれ程は歪を感じませんよね。なので、明るい所でビル群なんかを試し撮りしてみたいものです。
空蝉
2017/02/17 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
地下空間にて。。 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる