アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


花が綺麗に。。

2017/04/27 22:37
 
今日は、ディーラーに車を持って行きました。

勿論、擦られたバンパー交換で車を預けに行ったのですが、相手側の保険屋さんと愛車を確認したら、新たなボディーの凹み傷を発見!
結局、ナンバーも曲がってボディーにも傷が付いているし、、 どうもバックしてノーブレーキで打つかったみたい。。

ま、相手はお爺さんだし、人身事故で無かっただけ良しとするしか無いかな ・・。




と言うことで、、

ディーラーの帰りに、代車でちょっと(?) 寄り道して、久し振りに運動公園でウォーキングして来ました。


流石に花が咲いていて綺麗でした。

画像


と言っても、、

満開はもう少し先ですね。。

画像

画像



この他にも、、

鮮やかに咲き誇っていて。。

画像

画像

画像

画像



花は色々と咲き始めていますが、、

肝心の運動公園の改修は、、少しずつは進んではいますが完成予想が 2020年ですし、、

やっぱり、未だ未だですね。

画像



そう言えば、代車はレンタカーで未だ走行100km以下の新車でした。

それは嬉しいのですが、ドライブするのにナビ操作が分からず、今日も基本操作に一苦労。 勿論、目的地登録は未だ一ヶ所も無いし、暫くは都度の目的地設定で大変そうです。

自車では、事前に自宅でWeb登録してナビに転送しそれを音声認識で呼び出していたので、走行中の行先設定も簡単だったのですが。。


これでは、返却する頃までに操作を覚えられないかも?? (汗


記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


すっかり。。

2017/04/26 22:50
 
旅行から帰って二週間ほど経ちますが、、

今日量ったら体重がすっかり手術前に戻ってました。


記憶では、ボリビアから帰って来た時は未だ-1kg程だったと思ったので、今回もイタリア旅行で体重が1kgほど増えたと思われます。

普通にしか食べて居ないのですが、やっぱり、イタリア料理は高カロリーなのかな?? ただ、今回はこれが手術後の体力回復に貢献したかもしれません。。



あと、旅行の効果がもう一つ。。

一ケ月前まで、夜寝ていても何回か目覚めて仕舞って睡眠不足で苦労していましたが、それがすっかり治りました。

目覚める原因は、当初は足の痛みでも旅行に行く頃はただの違和感になっていたので、目覚めるのは癖になっていた感も有ります。
それが旅行に行って時差ボケが起きたことでリセットされたのかと思って居ます。


と言うことで、、

未だに、足の親指に痺れの違和感は有りますが、夜も熟睡できる様になりました。





今日も近くをブラブラと散策しながら5千歩ほど歩いてから、余り天気も良くなかったので、階段の上り下りしました。


なので、これは在庫から。。

画像


いや、在庫写真の方が綺麗だったので。ww

画像

画像

画像




これだけではナンなので、、

今回のイタリア旅行最終日にミラノで撮った鳥写真を、幾つか貼り付けて置きます。


ま、大トリミング & ピンボケでボツにした写真ですが。

画像


これは、クロウタドリ??

画像


これは、ゴシキヒワでしょうか。。

画像

画像



あ、これは鳥じゃ有りませんね。(笑

画像

これは、ミラノ大聖堂の尖塔に立つ黄金のマリア像でした。(笑



さて、明日は漸く傷付けられた車のバンパーが入荷するとの事で、ディーラーに車を預けに行って来ます。

でも、直ぐにGW休みに入ると言うことで、修理完了して戻って来るのは来月中旬に成って仕舞うとか。 大事故でも無いのに、、 本当に最悪の時期に打つけられたものです。。

ま、でも、事故車をGW中も運転しているのは嫌ですから仕方ないですね。 結局は、事故車の運転が嫌なので、今週はディーラーへの往復しか運転していないですし・・。


記事へナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 2


イタリア旅行記 12 (了)

2017/04/25 23:55
 
イタリア旅行もいよいよ滞在7日目(4/11)、最終日に成りました。

ま、本当は翌日の11時過ぎまでホテル滞在でしたから、その時間までは独り散策しつつ鳥撮りしたのですが、殆ど成果が無かったので。(汗



この日の朝は、、

綺麗な朝日が昇りました。

画像


ホテル前をぶらぶらと散策して居ると、道路脇には未だ小さな木ではありましたが、、

満開の八重桜が目を楽しませてくれました。

画像


やっぱり、日本よりは少し暖かいんですかね??
ちょうど今、我が家の近くでは八重桜が満開に咲いて居ますから。。

これが、今、近くで咲いている八重桜です。

画像

朝撮りと昼撮りで色味こそ違いますが、何方も八重桜ですよね。



そして、、

この後は、ヴェネチアのホテルを後にして、世界遺産・ベローナの街の観光へと向かいました。

実は、ここ、北イタリアに旅行した際にも立ち寄って居るんですよね。 ただ、前回は ただこの街で夕食を食べただけで、全く観光はしていませんけれど。。


アディジェ川に掛かるスカリジェロ橋の上から。。

画像



そして、街の中に入って行くと、、

見えて来たのは、、

画像

画像


古代ローマ時代のコロッセオです。

画像


実は、このコロッセオはローマのコロッセオよりも前に造られている様で、大きさもローマに続く2番目の規模みたいです。

あ、とは言っても、、

今は「アレーナ・ディ・ヴェローナ」と呼ばれていて、世界最大規模のオペラ劇場・オペラの殿堂となって居るようで、彼のマリア・カラスもここでイタリア・デビューを飾ったとか。。

尚、このアレーナがアリーナの語源(?)になって居るようですね。



そして、、

この後は定番の「ジュリエットの家」へと向かいました。

画像


ここが、ジュリエットの家の入口で、、

画像


これが、ジュリエットの家のバルコニーです。

画像

ここで、あのシェイクスピアの戯曲 「ロミオとジュリエット」 に出てくる 名セリフ 「あぁ、ロミオ。 貴方は何故ロミオなの?」 と言ったとか。
でも、私の中のイメージでは、もっと広大な屋敷の中での一コマかと思ってました。

ここには、そのジュリエットの像も有って、この右胸に触ると幸せになれるとか言われていて、、。

なので、皆が触るので光ってますね。(笑

画像

あ、右だけじゃなく、左胸も光ってますけど、、

見て居ると、女性だけでなく男性もこの右胸に触りながら何人も写真を撮って居ました。
この像で無ければ、セクハラとか政治問題になりそうですね。ww


あ、ここへと続く通路にも愛の落書きがイッパイ!

画像

こちらは、物凄い落書き量で壁が真っ黒くなっています。(笑




この後は、

エルベ広場へと行きましたが、、

画像


でも、何かのイベントが有るようで、多くのテントが出ていて邪魔でした。

その後ろに有ったのが、、

マドンナの噴水とマッフェイの宮殿です。

画像



そして、移動中の車窓から見えた、、

これが、ピエトラ橋です。

画像

この橋は古代ローマ時代に造られましたが、今でもその頃に造られた部位が今も一部が残って居るとか。。



と言うことで、、

この後に向かったのは、今回のイタリア旅行での最後の観光地となったミラノです。

ミラノ到着後に向かったのは、、

アーケードの中へと入って行って。。

画像

画像


ミラノ最大のショッピング・アーケードであるガッレリアも。

画像


そして、見えて来たのが、、

目的地のミラノ大聖堂です!

画像


流石に、圧倒される素晴らしさです!!

画像

画像

画像


横から見ても、素晴らしいですね!

画像


壁や入り口も。。

画像

画像


事前に確認したら中も撮影可との事でしたし、入場口が余り混んで居なかったので、入場券を購入して入って見ました。


中に入って見ても、、

圧倒される様な広さと素晴らしさでした!!

画像

画像


ステンドグラスも綺麗!

画像

画像


ここでの自由時間が一時間ほど有ったので、ここではゆったりと写真タイムを楽しみました。

実は、この大聖堂の上にも上れたのですが、、今回に限っては中の写真を撮るに止めました。 いや、それ程に広くて綺麗だったんですよね。


あ、でも、ここでも禁止の自撮り棒を使っている人が居て、二度ほどそっと注意を。。



ここで一頻り写真タイムを楽しんだ後は、夕食を摂るべく近くのレストランへ。。

これは途中で見掛けた市電ですが、何とも良いですね!

画像

街の雰囲気にシックリと溶け込んで居ます。



そして、、

翌日の昼過ぎにはミラノ空港から帰国の途に就きましたが、今回のイタリア旅行も多くの世界遺産を観光できて非常に楽しめた旅でした。

でも、今回のイタリア旅行をして見て、北に向かう程に楽しめた様な気がします。 やっぱり、私には北イタリアの風土が合って居るのかも??


と言うことで、いつの日か北イタリア、特にドロミテ地方をハイキングしてみたいモノです。


−−− The END −−−





P.S.
 今回もミラノ大聖堂内で禁止の自撮り棒を使っているルール違反者に注意しましたが、、どうも私は目の前にルール違反者が居ると黙って居られないようです。あ、別に私自身が全てルールを守っているワケでは無いんですけどね、車の運転なんかルール(制限速度)よりも流れを重視しますし。。
でも、今は大変ですね、ネット社会ですからいつ何処で見られてネットに晒されるか分かりませんから。
今回、私が注意した旅行者は注意されたら直ぐに自撮り棒を外しました。それ程、悪気が遭って遣っているワケでも無いですし、こういう軽いルール違反なんかはネットに晒す前に皆で注意し合って直して行く、そんな世の中に戻って貰いたいモノです。


記事へナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 8


イタリア旅行記 11

2017/04/24 23:23
 
今日はディーラーに車修理で行って来たのですが、やはりGWに入るので、完了はかなり先に成りそうです。

代車が有るので、実用上は余り困らないのですが、代車(レンタカー?)でGW中にあまり遠くに行きたくないし、、 気が重い。。




と言うことで、イタリア旅行滞在6日目(4/10)の旅行記に入ります。

この日は朝からフィレンツェのホテルを後にし、バスで 「水の都・ヴェネチア」 に向けて300kmほど長距離を移動しました。
尚、ヴェネチア本島には橋を渡ってバスで入れるのですが、そこから街の観光拠点へは船で移動します。


駐車場でバスを降りると、、

土産店を脇目も振らずに、素通りして。。

画像

画像


こんな大型船に、、

画像


では無くて、、(笑

こんな小型船に乗って。。

画像


ちょうど金魚の形をしたヴェネチアの頭からお尻の穴へ移動って感じでしょうか。 あ、詳細は、末尾添付の地図を参照ください。(笑


途中の両岸には、こんな景色が。。

画像

画像



そして、お尻(?)の船着き場へと。。

画像


この船着き場からは、、

ヴェネチアの街を散策しながら、、

画像

画像

流石に人(観光客)が多いですね。

で、先日も新聞に載ってましたが、観光客に占領(?)されて生活費が上がって仕舞って、住民はどんどん島外へ転出しているのだとか。
確かに飲食費は今回のイタリア旅行の中では最も高かったです。 ま、観光客は特に高いのだと思いますが。。

そんな事も有り、近い将来には住民の居ない唯のテーマパーク島と化すのでは? とも言われて居ますし、、
その前に観光が出来て良かったのかも。ww




、、と、こんな事を考えながら、レストランへと移動して、遅れ馳せの昼食を摂ってから本格的にヴェネチア観光を始めました。


ヴェネチアと言えば ここ、と言うことで、、

先ずは、サン・マルコ広場へと。。

画像


これがサン・マルコ寺院です。

画像


あ、寺院前にテーブル(?)が重ねられていますが、これは広場の水没時に歩道足場を作る為の物ですね。

最近は大潮の日に水没する事も多くなったとか、、 実はこの日も満月で大潮だった筈なのですが、水没は免れました。(笑



と、そんな事は置いておいて、、

綺麗なので、もう少し寄って見ます。

画像

画像

画像




そして、、

このサン・マルコ広場周りを一頻り観光した後は ヴェネチアングラスの実演販売店に寄って、、

ホンの少しだけ実演を見学してから、、

画像

流石に 匠 ですね、実に巧みに仕上げます。(笑


この後、当然の如く買い物タイムだったのですが、私は綺麗なヴェネチアングラスを眺めて居ました。
でも、そんなヴェネチアングラスの写真は撮影禁止だったので ・・。



そして、この後は、「水の都・ヴェネチア」と言えば これ! と言う定番のゴンドラでの遊覧観光でした。

こんな場所から、乗り込んで。。

画像


水路内をゆらゆらと進みます。

画像

画像

中には、こんな水路渋滞も。(笑

画像


あ、でも、綺麗に見えるのは写真だけで、、 実は、この水路内の水は汚れて汚いのですよね。 ガイドさんも言っていました、「落ちたら入院騒ぎなので一緒には帰れなくなりますよ」 と。。
何故か、優雅なゴンドラだけが独り歩きしていますが、この水路の汚れだけは、もう少し何とかして欲しい。。

と言っても、この水路は流れて居ないので、水質改善も難しいのでしょうね。



この後は、サン・マルコ広場へと戻りつつ、、

これは、近くに有った サン・モイゼ教会。

画像

綺麗な教会ですね。 時間が有れば、中に入って見たかった。。



この後は、自由時間だったので、、

サン・マルコ広場から リアルト橋を目指して、ブランド店が立ち並ぶ中をぶらぶらと散策しながら10分ほど歩いて、、


リアルト橋に着きました。

画像

橋の上から、眺めると。。

画像



暫しの散策を楽しんだ後で、ヴェネチア本島を後にして、対岸にあるホテルへと向かいました。

その頃には、ちょうど夕日が綺麗で。。

画像

画像



と言うことで、

ヴェネチア観光を終え、今回のイタリア旅行の最終日へと続きます。


to be continued ・・





ヴェネチア本島は、こんな金魚(クジラ?)の形をしていて。。


お尻の穴の位置が観光の拠点となるサン・マルコ広場です。

記事へナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4


イタリア旅行記 10

2017/04/24 00:47
 
今日は、管釣りに行って来ました。

、、が、駐車場に停めて置いたら車の後部バンパーを擦られて仕舞って、楽しい釣りも一瞬でパー ・・。(泣

この時期は運転慣れしていない人が運転する所為でしょうか、確か去年のGWもバンパーを擦られたような。。
明日、ディーラーに持って行きますが、、 GWを前にして、何とも気の重い事です。


、、と、そんな話は置いておいて、旅行記を続けます。






イタリア旅行滞在5日目(4/9) の更に続きです。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂を観光した後で、次に向かったのはウフィッツィ美術館です。
あ、昨日は間違えて次はヴェッキオ宮殿と書きましたが、ヴェッキオ宮殿の前を通ってウフィッツィ美術館の観光が先でした。(笑


こんな場所を歩いて、、

画像

あ、この城門(?)、説明されたのですが、すっかり忘れて ・・。(大汗


これが、ヴェッキオ宮殿です。

画像



そして、その隣にあるウフィッツィ美術館へと、、

ウフィッツィ美術館の中は、こんな感じ。。

画像

画像

天井画と両脇には古代の彫刻が並び、、

画像


この隣に幾つも有る部屋には、

ボッティチェリやミケランジェロやラファエロの絵画や古代ローマの彫刻が数多く展示されています。

それらの写真はイッパイ撮って来たのですが、写真をアップするのはどうも、、 なので絵画写真は全てカットです。 しかも、部屋の写真も撮っていなくて。。

でも、彼の有名なボッティチェリ作 「ヴィーナスの誕生」も観られました。


あ、これは、この窓から見えたヴェッキオ橋で、、

画像

1345年に再建されて、既に600年以上も経つフィレンツェ最古の石橋とのことです。


この後は、、

こんな場所を少し歩いてヴェッキオ宮殿へと。。

画像



そして、、

これが、ヴェッキオ宮殿の500人広間です。

画像

画像

あ、何か変? と思って良く見ると天井が直角じゃ有りませんね。


ここは、映画 「ダ・ビンチ・コード」「天使と悪魔」に続く、「インフェルノ」の舞台となった場所で、
このどれかの絵画には、何処かに「CERCA TROVA」(探せ、されば見つからんの意)と書かれて居るとか。。

この横には、映画に登場する秘密の扉も有るみたいですね。(笑



少し階段を上がって、

500人広間を上から眺めてみます。

画像

流石に天井も高く、巨大絵画に圧倒されます。


あ、映画では、ここの天井から婦人警官(?)が落下したんですよね。

ま、映画の話なので、詳細は割愛しますが、、 ちょうど、アリタリア航空機内だったかで 「インフェルノ」 を観た後だったので、何処か感慨深いものが有って。。(笑


このダンテのデスマスクも登場しましたね。

画像


ガイドさんは、映画とは何かが違うと言っていたのですが、、 何が違うのかは忘れました。ww


何れにしても、その素晴らしさに圧倒されっ放しでした。

画像



と言うことで、、

宮殿内の観光を終え、外に出るとそこに有ったのは、、


彼の有名な、ミケランジェロ作の 「ダビデ像」。

画像

あ、このアングルだと、変な場所にちょうど目が行っちゃいますね。 失礼。ww


そして、この後は夕食を摂った後で、、

サンタ・クローチェ聖堂を見ながら、、

画像


この日の観光を全て終えて、フィレンツェ市内のホテルへと戻りました。


画像



この頃にはすっかり夕闇も迫り、、歩き疲れた足はクタクタで、ホテルに戻って風呂に入ったらバタンキューでした。(笑


と言うことで、滞在6日目・ヴェネツィア編へと続きます。


to be continued ・・






P.S.
 投稿しようとしたら、またエラーが出て記事が消えてしまった・・。 もう、本当に今日は最後まで散々な一日でした。(大泣


記事へナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4


イタリア旅行記 9

2017/04/22 23:47
 
イタリア旅行も滞在5日目(4/9) の続きです。

ピサ観光を終えた後はフィレンツェへ移動し、昼食を摂ってから先ずはドゥオーモ(大聖堂) 観光へと向かいました。
この日の朝に、ミケランジェロ広場から展望したドゥオーモです。


フィレンツェのドゥオーモが見えてきました。。

画像



これが、ドゥオーモ(大聖堂)です。

画像


中に入って見ると、、

巨大な空間ですが、以外にシンプルでした。

画像


後ろを振り返ると、、

入口の上には見慣れない時計が。。

画像

これは、ミサの時間を示す時計みたいです。



余り観光の時間も無かったので、、中での写真タイムもそこそこにドゥオーモの外に出て回り込むと、、


画像


この直ぐ隣に建っている、、

この高い塔が、ジョットの鐘楼です。

画像

高さ84mの大理石で創られたゴシック建築の鐘楼です。



あ、でも、その鐘楼よりも高いのが、、

この右に見える クーポラ(ドーム)です。

画像

高さは107mあるみたいで、石積みのクーポラとしては、現在でも世界最大の大きさとのことです。

このクーポラも鐘楼も、どちらも上れるみたいなんですが、、 如何せん時間が無かったので、どちらも上れませんでした。

片方だけでも上って見たかったんですが、ツアーの悲哀ですね。(笑



と言うことで、次に向かったのは、、

ドゥオーモの前に建つ、サン・ジョヴァンニ洗礼堂。

画像


あ、でも、皆さん揃ってドゥオーモへと流れている所為か、何となくゾンビの群れみたいです。(笑

ここ、一方通行じゃ無いんですけどねぇ。。?


そして、この洗礼堂の入口に有るのが、、

ブロンズパネルに旧約聖書の場面が彫られた「天国の門」。

画像

金に見えるのか、某大陸人が前に集まってました。(笑

画像

ま、その間から1ショットだけ撮らせて貰いましたけど。。

あ、でも、折角撮ったのに、旧約聖書を良く知らない私には、これが何の場面なのか良く分かりません。(汗



と言うことで、、

この後も歩いてベッキオ宮殿へと向かいましたが、、今日は色々と有って時間が無くなったので、 それはまた後ほど。(笑


to be continued ・



記事へナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 0


イタリア旅行記 8

2017/04/21 23:12
 
イタリア旅行も滞在5日目(4/9) 。

この日、先ず観光に向かったのは、ミケランジェロ広場です。 ここからは、フィレンツェの街を一望できます。



ここからは、、

ドゥオーモ(大聖堂)・ベッキオ宮殿・ベッキオ橋も見えます。

画像


もう少し、ズームして、、

これが、ドゥオーモですね。

画像




そして、ミケランジェロ広場からの眺望を楽しんだ後は、ここから70kmほど離れた世界遺産の街・ピサへと向かいました。


ピサのドゥオーモ広場に入ると、、


先ずは洗礼堂が見えて、ドゥオーモ、奥に斜塔が見えます。

画像

あれ? 斜塔よりも洗礼堂の方が傾いて写る!?



と、、ここで気付きました。

今回のツアーは、ピサの斜塔に上る予定でしたし、斜塔内にはバッグ類は一切持ち込めないとの事で、、

K-3 には広角だけを着けて行ったのですが、、

画像

広角独特の歪の所為で、斜塔が斜塔に写りません!(大汗


あ、この角度の方が、少しは分かり易いかな。。!?

画像

何れにしても、完全にレンズの選択ミスですね。(泣


ところで、、

ピサは紀元前から発展してきた街であり、11世紀から13世紀まではピサ共和国として繁栄しました。

ピサの斜塔は、そんな繁栄期の1173年に着工されましたが地盤が柔らかくて傾き始めた為に5年で休止し、その後、傾きを抑えながら第二期工事に入ったのですが傾きは止まらず、、
最終的に1360年からの第三期工事で最上層を垂直に修正しつつ、当初予定していた高さより低い55mの塔で完了した、とのこと。


なので、良く見ると上層で少し曲がってます。

広角写真では、分かり難いですけれど。。(汗



あ、その傾きは近年まで進んでいて、2000年頃に傾きを止める工事をした(鹿島建設?) との事で、今は一応進行が止まって居るみたいです。



と言うことで、斜塔に向かって歩きつつ、、

手前にあった、これが洗礼堂です。

画像


そして、

ドゥオーモを見上げながら回り込んで、、

画像

この時はミサ中で、、終わった後で中に入ろうとしたのですが、大行列が出来ていて断念しました。


斜塔に上るべく、回り込みながら近付いて行きます。

画像


こうして見ると、全然、斜塔に見えません、、、本当にこういう写真は広角の泣き所ですね。


中に入ると、斜塔の歴史と構造も展示されています。

画像


見上げれば、、頂上へと続く空洞が。。

画像

と言っても、当然、傾いているんですけど、ね。(笑



この空洞を回り込むように297段の階段を上ります。

昔から何百万・何千万(?)と言う人達が上り下りしていますから、靴跡で階段もかなり凹んでいました。

しかも、その靴跡の凹みが傾きに応じて右に左にズレていて (人は斜度に関わらず垂直に立って歩きますからねw)、、塔の斜度は4°程と聞いて居たのですが思ったより傾きを感じました。


上がって見ると、、

そこには、鐘がイッパイ。。

画像

当然ですね、鐘楼なんですから。(笑

画像



そして、

流石に、上からの眺めは抜群です!

画像

こういう写真は、広角ならではですね!

画像

画像



ただ、「斜塔」を上手く撮れなかったことが心残りで、

斜塔から下りて来てからも、アングルを変えて斜塔の傾きが分かる様に撮ってみましたが、、


地面からの立ち上がりを見た方が一目瞭然で、、

画像

ドゥオーモとの対比が有ると、傾きを感じ易いですね。

画像

ま、記録写真じゃないので、別に良いんですけど。。ww


あ、因みにこの斜塔が傾いていることで有名ですが、実はドゥオーモも洗礼堂も少し傾いていて、良く見ると分かるみたいですね。(笑



帰り際に見掛けた土産物屋さんにも、、

斜塔の大小の置物が多かったですね。

画像

画像

相変わらず、私は何も買わなかったですが ・・



と言うところで、、

ピサの観光を終えて、この後はフィレンツェに戻って昼食を摂ってから世界遺産・フィレンツェの街の観光に入りました。


to be continued ・・





P.S.
 斜塔の写真を一枚追加して置きます。

画像

これは遠くから撮っているので かなりトリミングしていますが、、

広角(SIGMA 10-20)の20mmだし、今回の写真の中では最も歪が少なくて斜塔の傾きが素直に撮れて居る様な気がしますので。。


記事へナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 4


イタリア旅行記 7

2017/04/20 22:30
 
イタリア旅行も滞在4日目(4/8) になりました。

この日も朝早くに起き出して、朝日に映える円錐屋根のトゥルッリの街並みを撮ろうと散策をしてみました。



アルベロベッロの街は、未だ眠りの中。。

画像

画像



そんなアルベロベッロの街を散策して行くと、、

トゥルッリの屋根にも朝日が当たって来て。。

画像

画像


小人たちの家々も朝日に目覚め始めました。

画像



そして、、

この後は一旦、ホテルへと戻りましたが、ホテル近くにローカル駅が有ったので朝食前に駅の風景も撮りに行って見ました。


この日は土曜日だったのですが、、

駅には、学生の姿がイッパイ。

画像


電車が駅に入ってくると、それを見計らったように線路を横断して電車に乗り込みます。

流石はローカル駅ですね。(笑

画像

画像


でも、注意しないと、反対からも電車が。。!

画像


やっぱり、ローカル線の駅って、何となく地元の雰囲気が見え隠れして、旅行の楽しみでも有りますよね。

ま、出来れば一駅区間でも良いから乗って見たかったですけど。。




この日は殆ど移動日って感じだったので、、

朝食を摂った後も、またツアー仲間とアルベロベッロの街の観光に出掛けました。


トゥルッリの綺麗なポイントを探して。。

画像

これなんか、小人の国の異国情緒たっぷりで、、

画像

やっぱり、メルヘンの世界ですね。(笑



そして、、

この後はフィレンツェへ移動すべく、アルベロベッロからバスでナポリ駅へ300kmほど移動しました。


途中の田園風景(?)に、風力発電も目立ちます。

画像



そして、4時間ほどしてナポリに到着し昼食を摂ってからフィレンツェへ移動すべくナポリ駅に、、

これが、ナポリ駅です。

画像


ここからは、欧州新幹線(?)のユーロスターに乗って、、

15:00発ミラノ行きで、フィレンツェへ。。

画像


以前、TGVに乗り遅れましたが、ユーロスターは間に合いました。w

画像

画像


日本の新幹線より少々揺れましたが (テーブルからカメラが落ちそうになりましたしw)、3時間ほどでフィレンツェに到着しました。



到着して直ぐに夕食を摂りましたが、、

その頃には、すっかり夕暮れが迫って来て。。

画像



と言うことで、

イタリア滞在4日目は殆ど移動だけで終わり、この後はホテルに入って早くも眠りに就きました。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 2


イタリア旅行記 6

2017/04/19 22:52
 
イタリア旅行の滞在3日目(4/7) の続きです。

アマルフィの海岸線を離れて東へ百数十kmほど高速道を進み、次の観光地・マテーラへと向かいました。



途中、未だ一部工事中で下道へと下りましたが、、

イタリアらしく、工事は長引いて居るみたいですね、、

画像

既に、鉄骨が錆びていますし。。ww

画像



2時間半ほど走って、漸く世界遺産・マテーラの街に到着です。

中には入りませんでしたが、これは博物館みたいです。

画像




先へ進むと、


崖下に、マテーラの街並みが見えました!

画像


マテーラの街は、、

岩山を掘ったサッシと呼ばれる洞窟住居で出来ていて、これらの住居には今も人が住んで居ます。


画像

画像


ただ、洞窟住居の上は普通の建物で覆われているので、、

一見する限り、洞窟住居には全然見えず、普通の山腹に建つ街並みにしか見えません。


ま、近くに寄って見ると、こんな感じなのですが。。

画像

画像



と言うことで、、

一軒の家に入らせて貰いました。

画像

洞窟住居、夏は涼しく冬は暖かいのだとか。。

画像

画像


あ、勿論、中はお店に成っているので開放しているのですが、、

私は、いつも何も買わないので、チョッと後ろめたい気持ちを感じつつ写真を撮りました。。(汗



この店の前は展望も良いので、、

更にマテーラの街を、パチリ!

画像

↑ 上に有るのがドゥオモ(大聖堂)だったかな?

画像



対岸の絶壁にも洞窟住居が有って、、

この丘はムルジア平原と言い、こちらも観光できる様です。

画像


到る所に洞窟が有りますが、こちらは更に古い時代の洞窟住居で、当時イスラムの迫害を逃れたて移り住んできた、、

キリスト教徒の修道士たちの家や教会跡や、、

画像

幾つかは更にその前、有史以前の洞窟住居みたいです。。



そして、サッシの観光を終えて、、

マテーラの新市街を歩いて行くと、、

画像


プルガトリオ教会が見えました。

画像

写真では見難いですが、ドアや到る所に骸骨が彫られていて、、

画像

誰も逃れる事の出来ない死を意味しているのだとか。。


、と、人生の終焉を感じた所で、、ww

このマテーラの観光を終えて、この日の宿のある世界遺産・アルベロベッロの街へと向かいました。




そして、アルベロベッロに着いた頃には、、

円錐形の三角お屋根のトゥルッリにも夕暮れが迫って。。

画像


土産物店の屋上に上って見ると、、

画像

独特の可愛らしい円錐形の屋根が並んで居ます。


この円錐形の屋根のトゥルッロ(複数形がトゥルッリ)は、アルベロベッロの昔ながらの家で、
石灰岩の石を積み上げて造られており、一部屋ずつ円錐の屋根がある構造で、小人の家の様なメルヘン調の街並みを作り上げています。


画像


そんな、トゥルッリの街並みにもマジックアワーが訪れて。。

画像

画像

青い夜空に三角屋根が映えます。。



再度、屋上に上って見ると、、

そこには、トゥルッリの夜景が見られました。

画像



と言うところで、、

ここ、アルベロベッロの街で夕食を摂った後でホテルに入り、この日の観光疲れも有り、気持ちの良い眠りに就きました。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2


イタリア旅行記 5

2017/04/18 23:31
 
イタリア旅行の滞在3日目(4/7)。

この日は、前日の「青の洞窟」の様に観光渋滞に遭う事も無いと言うことで、多少ユックリとホテルを出発したので、朝食前と後に少しだけ鳥撮り出来ました。



未だ暗くて綺麗に撮れて居ませんが、、

このシルエットは、何となくミソサザイに似ていて。。

画像

イタリアにも ミソサザイって居るのだろうか??


他に撮れた野鳥も、、

いつも見られる様な野鳥ばかりでした。

画像

画像

画像




この日の観光スタートはポンペイから。。

でも、ポンペイ遺跡に着いたのが未だ早過ぎたので、先ずはカメオ工房での買い物タイムから始まりました。


画像


中に入ると、、

カメオ作りを実演していましたが、、

画像


流石に匠 (マエストロ?) です、、至極細かい加工を。。

画像


あ、でも、相変わらず土産物は買わない主義(?)なので、、カメオは写真にだけ収めて。。

画像


あ、これはカメオって言わないですよね??

画像

でも、これもカメオ彫りの応用なのかな。。



と言うことで、、

店の外に出て、花写真を撮って居ました。(笑

画像

画像

これってモッコウバラですよね?




そして、いよいよ遺跡の開場時間になって、、

ポンペイ遺跡の観光へと。。

画像


遺跡の中へと入って行きます。

画像

画像


ここがコロッセオですね。

画像

画像


79年のヴェスヴィオ火山の噴火による火砕流で、こんな広い空間が一瞬にして埋まって仕舞ったんですね。


後ろを振り向くと、、ポピーも咲いていて。。

画像



遺跡は広いので、通りに沿って観光して行きます。

画像

画像

画像


ポンペイは上下水が整備され、、

上水道には鉛管が使われていたみたいですね。

画像

加工し易いですから日本でも最近(?)まで使われて居ましたが、鉛中毒の害が有ると言うことで、今は塩ビ管に替わりました。

この鉛中毒がローマ帝国滅亡の遠因にも成ったと言われて居ますが、、でも、日本でも未だ塩ビ管に交換されて居ない所が残っているんですよね、大丈夫なのかな??



更にブラブラと観光を続けると、、


ここは当時の娼館みたいで、、

画像

壁には春画がイッパイ。。(笑



更にメインストリートを進んで。。

画像

あ、この時代の道は中央が下水&馬車道で両脇が歩道とのこと。



そして、次に見えてきたのは、、

これはアポロ神殿跡だったかな。。

画像

何か、オブジェの方が目立ちますけど。。ww



こちらは、当時の浴場跡。

画像

画像

浴場と言っても、日本のとは違ってサウナですけれど。。




こちらは、出土遺跡の保管庫ですかね、、

ポンペイ遺跡ならではの姿が見られます。

画像

画像


これは、遺跡の中の空洞に石膏を流し込んで初めて発見したみたいで、、

当時の姿そのままの、結構ショッキングな姿です。

画像

画像



二時間弱ほどの観光を終えて、、、

ポンペイ遺跡を後にしました。

画像




と言うところで、、

ここ、ポンペイで昼食を摂りつつ暫し休憩した後で、次の目的地である世界遺産・マテーラへと向かいました。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2


イタリア旅行記 4

2017/04/17 22:33
 
イタリア旅行の滞在2日目(4/6)の続きです。

カプリ島で「青の洞窟」の観光と昼食を終えて、高速船にて ソレント港へと到着しました。


ここからバスに乗り換えて、アマルフィ海岸へと向かいます。

画像

画像



途中の車窓からは、こんな景色が。。

画像

画像

あ、山側に座ったので、山側の写真しか有りません・・。(汗



バスに揺られること 30分ほど、、

漸く、目的地のアマルフィ海岸へと着きました。

画像

あ、海岸そのものと言うより、絶景ポイントにですけれど。。(笑



で、その絶景ポイントから眺めると、、

眼下に、世界遺産・アマルフィの海岸線が望めます。

画像


岩場に階段状に立ち並ぶ家々が綺麗!

画像

画像

ここの海岸線には、高速艇で直接来られるんですね。



そんなアマルフィ海岸にも、、

小さいながらも砂浜が有って、、

画像

夏は海水浴客で賑わいそうですね、、今も何人か見えますし。

あれ? 良く見ると、、この高速艇はずっとスクリュー回してましたが、ここには桟橋が無いから岸に直付けして船首から乗り降りなのかな??


10分ほどして、漸く高速艇が出港して行きました。

画像

でも、こんな所に高速艇で出入りって気持ち良さそう。(笑


砂浜では、未だ4月と言うのに日光浴している方も見えますし、、 私も、こんなところでゆっくりと一夏を過ごしてみたいモノです。


あ、今でさえ道路は路駐車がビッシリですから、、

これが夏場ともなると、渋滞も凄いのでしょうけどね。

画像


でも、こんな崖に沿った家並みですから、夜景も見てみたいモノです。 きっと、綺麗でしょうね。



この後は、アマルフィ海岸沿いを更に走って、、

こんな洞窟のお店でお買い物タイム。

画像


ま、勿論、私はこの間もブラブラと散策しながら写真タイムと洒落込んで居ましたけれど。。ww


此方には家並みは有りませんが、海岸線が綺麗です。

画像

画像



道端の花もパチリ。

画像



あ、お店近くからは海岸へも下りられるみたいですね。

画像

ま、そこまで時間が無くて行っていませんけれど。。




と言うことで、、

ここから、今度は内陸側をひた走って。。

画像


この日の宿となる、ナポリのホテルへと戻りました。



尚、翌日も世界遺産のポンペイとマテーラを観光予定です。

流石に世界最多の世界遺産数を誇るイタリアです、世界遺産の観光が次々と続きます。。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2


イタリア旅行記 3

2017/04/16 23:51
 
イタリア旅行の滞在2日目(4/6)。

この日、ナポリのホテルで目覚め、朝食後の早朝出発までの僅かな時間に近くを散策してみました。


これは、ハナズオウですね。

画像

画像

この花は、街中でも結構咲いて居ました。


あ、本当は鳥撮りしたのですが、、、

撮れたのは、これだけ。

画像

画像

しかも、高い木の天辺でしか撮れなくて・・、しかも、朝日が出たばかりですから、眠い写真に成って居ますね。(笑



この日の予定は、先ずはカプリ島に渡って、「青の洞窟」観光の予定です。

と言うことで、青の洞窟観光は混み合いますので、出来る限り早く混む前に観光しようとホテルを早目に出発しました。


ナポリ港に着いて、、

画像


振り向くと、、そこにはヌオーボ城がヌオーと立ってました。

画像

ま、後ろ姿ですけど。。(笑


と言うことで、、

ここからは高速艇でカプリ島へ。。

画像

画像


実は、青の洞窟の入口は外洋に接して居る為、海が少し荒れると観光できないとの事でしたが、、 この日はまだ波も低く観光可との事でホッとしました。


40分ほどでカプリ島に到着し、、

ここからは小さなボートに乗り換えて。。

画像

画像



更に15分ほど揺られること、、

漸く、青の洞窟の入り口に着きました。

画像

画像


ここからは、更にこんな4人乗りの小舟に乗り換えて、、

画像


当然ですね、あの狭い穴に入って行くのですから、、 これでは波が高かったら観光中止も納得の狭さです。

でも、通常は洞窟の入場待ちで大渋滞になるようですが、私たちは早く着いた(一番最初?)ので、待たされることも無く、すんなりと直ぐに入場できました。


入口は、こんな感じで座って居るだけで頭が閊えそう。(大汗

画像

あ、これは、観光を終えて出て来る写真ですけど。。ww




で、肝心の「青の洞窟」はと言うと、、

本当に、宝石の様な青さに満ちて居ました!!

画像

画像



オールの動きに、宝石も揺れます!!

画像

画像

正に、夢の空間、夢の一時です!



アッと言う間に、夢の空間を一周して出口へ。。

画像



中は狭い空間ですから、出て来るまでに2分も掛かりませんでした。

実は、入る前に船頭さんに追加€2/人で2周しませんか? と訊かれたのですが、同乗者に確認したら「お金を持って来なかった」とのこと。
一瞬、お貸ししますよと言い掛けましたが、やんわりと断っているのかも? と思って止めました。
旅の2日目でしたし、まだ人間関係も出来てなくて、、 心を察する事も出来ず・・。(汗

でも、折角、ここまで来て「青の洞窟」の観光を、たった2分で終えるってのも非常に残念で。。


後で他のグループに訊いたら、殆どが2周したみたいで、、逆に「えっ、一周しかしなかったの?」 と言われて仕舞いました。(泣



この後は、、

カプリ島を横目に見つつ、港へと戻って。。

画像

画像


カプリ島内で昼食を摂り、少しぶらぶらと。。

画像

画像



でも、どうやら青の洞窟での観光渋滞(?)を見越していたらしく、、

ここでの自由時間が一時間半も出来たので、独りで島の上まで歩いて見る事にしました。

港を眼下に見下ろしつつ。。

画像


このフニクラ(?)を使えば簡単なのですが、、

この日は運転して居なくて。。

画像

故障か整備中だったのかな??



ま、でも、ノンビリと坂を上って、、

画像

画像

画像

展望の良い所まで上ってから戻って来ました。



これは、道の途中に生っていた「琵琶」  、、ですよね。

画像

未だ少し青いですけど・・



この後は、また高速艇に乗って、、

カプリ島を後にしました。

画像



そして着いた先は、ソレントの港です。

ここから、更にバスで海岸伝いに走って、世界遺産のアマルフィ海岸へと向かったのですが、、 それはまた後ほど。。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 9


イタリア旅行記 2

2017/04/15 22:06
 
イタリア旅行の滞在1日目(4/5)の続きです。

滞在1日目のローマ観光はコロッセオ・トレビの泉の観光に続き、この後はスペイン広場へと向かいました。


近くの駐車場からブラブラと散策しつつ、、

画像

個人的には、こんな果物を齧りながら、と行きたいのですが ・・w


やはり、裏通りのカフェやレストランも雰囲気が。。

画像




そして、いよいよ、、

スペイン広場が見えて来ました。

画像


あ、ここのバルカッチャの噴水は出ていました! ヨカッタ (笑

画像

でも、思ったよりスペイン広場は狭かったかな。。


ここに来たので、当然の如く 映画 「ローマの休日」 のシーンを思い描きながらジェラートを食べました。 残念ながら広場での飲食は禁止でしたけれど。。

あ、なので、ジェラート写真は撮ってません。(笑


この後は、スペイン坂ならぬ、、

スペイン階段を上がって、、

画像

画像


スペイン階段を上り切ると、、

そこにはトリニタ・デイ・モンティ教会があります。

画像


この前から眺めると、スペイン広場は、、

何となく、ビルの谷間の中庭みたいですね。(笑

画像

あ、手前の踊り場じゃなく、その先がスペイン広場です。



ここから、

またバスで少し移動して、昼食会場のレストランへ、、 と思ったら、その前に買い物タイムが有りました。


共和国広場を通り抜けて。。

画像

画像

画像

この右のビル(?)にあるローマ三越でお買い物タイムです。



そして、、

お買い物タイムを終えて (私はその間は近くをブラブラと散策していましたけど)、近くのレストランで昼食を摂った後に、午後の観光をスタートしました。

向かったのは、ローマの一角を占める、世界最小の国ヴァチカン市国にあるヴァチカン博物館です。


中に入ると、、

壁も天井もが宗教画で埋め尽くされて居ます。

画像

画像

画像

画像

画像


あ、私たちはツアーで予約されていましたから待ち時間なく入れましたけれど、長蛇の列が有りましたから個人で予約なしで行ったら物凄く待たされたでしょうね。


そして、、

この後は、システィーナ礼拝堂へも入りましたが、中は撮影禁止なので写真は一枚も有りません。
それでも、祭壇の壁一面に描かれたミケランジェロ作のフレスコ画 「最後の審判」 も見られたので大満足でした。

そう言えば、

教皇選出のコンクラーヴェって、ここで開かれるんですよね。


そんな映画 「天使と悪魔」(ダ・ヴィンチ・コード続編?)にも登場したシスティーナ礼拝堂ですし、最後の審判のフレスコ画だけでなく、天井・壁全面が数多くの宗教フレスコ画で覆われた大空間に圧倒されました。



と言うことで、暫く感動したのち、、

システィーナ礼拝堂を後にして、、

画像


次に向かったのは、、

サン・ピエトロ大聖堂。

画像


流石に、中は荘厳さに圧倒される壮大な大聖堂でした。

画像

画像

画像

この天井までは40m以上も有るとの事ですし、、

このドーム下の文字だけでも人より大きいとの事でしたから、、

画像

あ、ここも復活祭を前に、しっかり大掃除中でした。(苦笑




そして、

一時間半ほどの観光を終えて出てくると、、


画像


サン・ピエトロ広場には物凄い数の椅子が一面に。。

画像

午前中にフランシスコ教皇の謁見が有ったみたいです。

画像

中央にあるのがサン・ピエトロ大聖堂。

ここからは見えませんけど、ヴァチカン博物館やシスティーナ礼拝堂はこの右手に有ります。



と言うことで、、

一連のローマとヴァチカンの観光を終えて、この後はこの日の宿となるナポリへと向かいました。

to be continued ・・





P.S.
 そう言えば、、旅行中にAmazonから「パスワードを変更した」旨のメールが届いていて、スパムかと思いつつも確認したら、本当にAmazonのPWが変更されていました。
どうやらメアド&PWが流出しているとの事で、早速、PWを再設定すると共に、何処から漏れているのか「haveibeenpwned.com」でチェックしてみたけれど漏れは見つかりませんでした。
う〜ん、他にもチェック方法が有るかな? もう少し調べてみよう。。


記事へナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 4


イタリア旅行記 1

2017/04/14 22:07
 
4月4日から昨日(13日)迄の10日間ほどイタリア旅行をして来ました。

以前、北イタリアを旅して可成り気に入りましたので、今回は少し南下した地を旅先としました。
ま、本当はリハビリが遅れてボリビアに行けなかった時の予備としていたのですが、結局は両方に行く事にしました。

でも、行って見たら、こちらも結構キツかったです、、 矢張り荷物を担いで歩くと負荷が全然違いますね。


と言うことで、旅行記を始めたいと思います。





今回の旅は、、

成田からローマに飛び、ローマ近郊(?)を観光した後に北上して中部・北部と観光してミラノから帰って来ると言う正味7日間程の旅程で、

滞在1日目は世界遺産・ローマ歴史地区の観光からスタートです。



まず最初に観光したのは、、

ローマ観光の定番、コロッセオ。

画像

ま、と言っても外観を眺めただけですけれど。。



あ、これは、コロッセオのすぐ隣に立つ、、

「コンスタンティヌスの凱旋門」です。

画像

コンスタンティヌス帝がミルヴィオ橋の戦いで勝利したことを記念して315年に建てられたとか。。


こちらが、コロッセオですね。

画像

修復工事は終わったと聞いていたのですが、まだ内部は修復中なのでしょうか。。


でも、こうして見ると、コロッセオの外観には穴が目立ちますね。

この穴、ガイドさんが言うには、ここに使われていた金属を戦時中に取り出した跡だとか。
Wikiでは、補修足場用の穴と有りますが、、さて、正解は?? ま、穴形状を見る限りガイドさんが正しいみたいですけど。ww


近付いて見ると、、

流石に大きく見上げる迫力で迫ります。

画像

画像

ここを見ると、映画 「グラディエーター」を思い出します、、 ま、あの撮影の一部はモロッコだったみたいですけど。ww


コロッセオ入場は、自由時間がたったの15分程しか無かったので入場観光は諦めました。

出来れば、この後に予定されていた買い物の時間をカットしてでも観光にもう少し時間を割いて欲しかったのですが、、 格安ツアーなので、ま、無理ですね。ww




この後に向かったのは、、

映画 「ローマの休日」で有名になった「真実の口」の像を無視 (いえ、並んで写真渋滞でしたしw) して、、


ここも同映画で一躍有名になった、トレビの泉です。

画像


あれ? でも何か変??

画像


池は澄み渡っていますが、池にはコインが見当たりません。。

画像

それどころか、泉の水が全く出て居ませんし、、

これじゃぁ、トレビの泉で無くて、だだのトレビ池ですね。ww



あ、良く見ると、ただ今 掃除の真っ最中でした。

画像


そう言えば、4月16日が復活祭ですから、その前に大掃除ってワケでしょうね。

お陰で、私もコインのバックトスはパス。ww


あ、でも、トレビの泉は見られませんでしたが(?)、ある意味貴重な掃除現場と浄財(?)の消えた綺麗な池を見る事が出来ました。 (苦笑




と言うところで、この後は、これもまた同映画で有名になった(?)スペイン広場へと向かったのですが、それはまた後ほど。。

いえ、今回はタップリと時間が有りますので、ジックリと少しずつアップして行きたいと思います。(笑


to be continued ・・





P.S.
 オマケ写真を一つ貼り付けて置きます。

画像

この日宿泊したホテルの藤が綺麗でしたので。。



記事へナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 4


間に合った。。!?

2017/04/13 21:50
 

漸く咲き始めた桜の開花を気にしつつ、ちょっと10日間ほど旅に出て居ましたが、、


何とか満開に間に合いました。

画像

ま、ホンの少しだけ散り始めていましたけれど。。




因みに、今回 旅してきた場所は、、


こんな場所です。

画像

ま、ここが旅の象徴的な場所では無いですが。。




そう言えば、今回は初めて旅の最後に風邪を引きました。

熱が出て少し怠かったですが、いつも通りの昼夜を問わずのウガイで乗り切りました。 ま、旅先と言うことも有り、直ぐに風邪薬も飲みましたけれど。。

で、昼に帰宅して体温を計ったらほぼ平熱に戻って居ました。


とは言うものの、今日は風呂に入ってゆっくりと休んで、旅行記は明日からポツポツとアップしたいと思います。


記事へナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 8


一日で。。

2017/04/03 21:25
 
定点観測で昨日と同じ公園に桜を観に行ってきました。



昨日から一日で、、

結構咲いて来ました。

画像

画像

画像

画像

画像


今日は朝から良い天気でしたし暖かかったですから、桜の開花もグッと進みましたね。



今日もリハビリウォーキングしましたが、何となく8割方の回復からなかなか進みません。
先日の旅行でも普通に歩いている分には特に問題は無いのですが、重いリュックを背負ったり起伏の多い場所を歩いたりすると、残り2割が問題になって来ます。

残り2割の回復を早めるには、手術前のウォーキング以上の負荷を足に掛けないと行けないのかな?


今現在、家で普通り生活をして居る限り、何ら問題ないレベルまで回復しました。 残り2割は、長い目で見ないといけないのか、それとももっと過酷なリハビリをしないと行けないのか。。

と言うことで、今日も階段上り下り500段程しました。


でも、これからはリハビリ散歩じゃなくて、花見散歩に成りそうですし、楽しみも広がりますね。





さてさて、桜に浮かれてぢゃありませんが、明日、またちょっこっと出掛けて来ます。

記事へナイス ブログ気持玉 79 / トラックバック 0 / コメント 6


漸く。。

2017/04/02 22:14
 
漸く、待ちに待った桜が咲き始めました。



と言っても、、

未だこんな感じですが。。

画像

今日は暖かかったので急に少し咲いたみたい。。

画像

画像



他には、、

モクレンも咲いていて、、、漸く春らしく。。

画像

画像

画像




今日は、管理釣り場に鱒釣りに行って来ました。

池もすっかり春らしくなって鱒が群れて回遊していましたが、この回遊魚は中々餌を食べようとしないんですよねぇ。
ま、でも、今日も何とか2時間で10数尾は釣れましたけれど。。


で、帰宅してから近くを散策しつつ公園の桜を眺めて、上記の通り、初めて開花を知った次第。

明日も天気は良さそうですし、、

桜の開花が一気に進みそうですね。



記事へナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 4


ボリビア旅行記 6-2 (了)

2017/04/01 23:17
 
ボリビア滞在6日目(3/23)の続きです。

ティワナク遺跡観光を終えた後はまたラパスに戻って、山頂(?)からロープウェイで下りながらラパスの街並みを眺めました。


南米都市らしく、山腹までスリ鉢状に街並みが。。

画像

これだけ山腹に家が続いて居ると、実に見事です!

画像

画像



街並みを俯瞰視した後は、市内観光へと。。


車窓からは、テトリス模様(?)のポップなビルが。。

画像


ビルの工事現場も見えましたが、、

木材を使った、この鳥の巣の様な足場、、壊れそうで心配。(笑

画像

近代的なビルに木の足場なので、凄く違和感も覚えます。



そして、、

ラパス中心街にある、ムリリョ広場へと。

画像

広場には物凄い数の鳩が居ました。


広場に面した場所には、、

カテドラルと。。

画像


大統領府が有ります。

画像



この後は、サガルナガ通りを散策します。

両側には、アクセサリーや雑貨を売る店が立ち並んで。。

画像

画像

画像


こんなのも売られて居ましたが、、

これは何に使うのでしょうか?

画像

中国辺りなら食材と言うのでしょうが、、ここでは??



そして、ホテルに向かっていると、、

そこに見えたのは、サンフランシスコ教会。

画像

中に入った記憶は有るのですが、写真が有りませんので撮影禁止だったのかも知れませんね。

教会前の広場には人がイッパイ集まって、、

何やらイベントが有ったようですね。

画像

TVカメラで撮影もしていましたし。。



この後は、一度 ホテルに入ってから暗くなった頃を見計らって、夜景観賞へと向かいました。

街並みはスリ鉢状に広がって居ましたし、、


夜景は素晴らしく綺麗でした!

画像


ちょうどマジックアワーで、空が青く浮かび上がって。。

画像

画像

こんな山腹に光る夜景は日本では見られませんね。



あ、これは、おまけ。

画像

ホテル前の雑踏の夜景です。



と言うことで、、

一頻り夜景を堪能した後は、この日の宿へと入って、ボリビア旅行最終日の眠りに就き、

翌日は、ラパスからサンタクルス経由でマイアミへ。 マイアミで一泊してから、更にシカゴを経由して、3月26日の夕刻に成田空港に降り立ちました。
あ、滞在7日目はマイアミなので、ブログアップは完全省略です。(笑


今回の旅は、メンバー8名と少人数だったことも有り、和気あいあいとしたムードの中で楽しむことが出来ました。
そして、ウユニでは最高の写真を撮ることが出来ましたし、記憶に残る最高の旅と成りました。


-- The END --



記事へナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 4


ボリビア旅行記 6-1

2017/04/01 16:40
 
ボリビア滞在6日目(3/23)、この日は早くもウユニを後にします。

ただ、この日は綺麗な朝日が昇ったのに、塩湖内で見れなかったのが、少し残念でした。。


ホテルから見た、この日の朝日。

画像

出来れば、天空の鏡に映る朝日が観たかった。。



結局、朝日・夕日には恵まれませんでしたね。

そして、2日間のウユニ塩湖の観光を終え、この後はウユニを経ちラパスへと移動しました。

画像



ラパスでは、お祭り(?)の真っ最中でした。

画像

画像

この日は、チリとの戦争に負けて海へと繋がる地をチリに奪われた記念日で、返還要求のお祭り(デモ?)みたいですね。


そして、お祭りの横を摺り抜けて、、ティワナク遺跡へと急ぎます。

画像

画像



そして、ついに、、

ティワナク遺跡へと到着しました。

画像

画像

画像


ティワナクは、紀元前1〜2世紀から紀元後1000年位まで栄えた、ボリビア・ペルー・チリに跨る文化圏の遺跡みたいですね。

あ、ティワナク遺跡の博物館も近くに有ったのですが、中は撮影禁止で、、、なので遺跡写真だけ貼り付けて置きます。


遠目には、何となく日本の古墳みたいですね。

画像

木が生えて居ないけれど・・。ww

画像



遺跡に上って、上から眺めてみました。

画像

画像




そして、また遺跡を降りて行くと、、


画像



そこに有ったのは、、

これは、神殿跡でしょうか。。

画像


壁には、沢山の顔の彫刻が。。

画像

画像


この神殿の横からモノリス(?)が見えます。

彼岸には、ここから朝日が覗くのだとか。。

画像

やっぱり、こういう所はインカに通じるモノを感じます。



人が集まる所には、、何処でも土産物が売られて居ます。

画像

画像



ついでに、ここに咲いていた花も幾つか。。

画像

画像

画像


あ、これも花ですよね。

画像


これもついでに、、

ここに居た野鳥も。。

画像



このティワナク遺跡はサラッと観光しただけで、またラパスの街へと戻りました。

元々、今回のボリビア旅行は、ウユニ塩湖が目的でしたし、ティワナク遺跡には余り興味が持てなくて、、今回はちょっと手抜きです。(笑



と言うことで、この後はラパスの街を観光しました。


to be continued ・・



記事へナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年4月のブログ記事

トップへ

旅の空 -人生の第二章- 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる