旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS ウズベキスタン旅行記 6

<<   作成日時 : 2017/05/19 10:42   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ウズベキスタン旅行の2日目(5/10)の更に続きです。

レギスタン広場を後にして向かったのは、サマルカンド観光の4ヶ所目のビビハニム・モスクです。



ビビハニム・モスクはレギスタン広場の直ぐ近く、歩いて行ける距離に有って、、

歩いて10分ほどで到着しました。

画像


ここ、ビビハニム・モスクは、かつてはサマルカンド金曜モスクと呼ばれたイスラム圏最大のモスクですが、
ティムールの妃 ビビハニムに因んで市民によっていつか「ビビハニム・モスク」と呼ばれる様になった、とか。。



このビビハニム・モスクの言い伝えに、、

ティムール妃ビビハニムが、ティムールの凱旋帰国前にティムールの為に巨大なモスクを建てようとしましたが、建築が間に合いそうに無いので急がせようとしたら建築家にキスを要求されたとか。
何度かの遣り取りの末、建築を間に合わせる為に仕方なく頬にキスを許したらキスマークが付いて仕舞い、完成したモスクにティムールが大喜びしたのも束の間、このキスマークが見つかって、妃は殺され建築家は逃亡した、とか。。

ま、そんな謂れも有って、市民によってビビハニム・モスクと呼ばれるようになった様ですね。



そんな巨大さ故か到る所が傷んでいて。。

画像

画像

画像

画像


礼拝中に落下して来た煉瓦で死人も出たとの事で礼拝する人も少なくなり、更に度重なる地震でミナレットも崩れて、完全に廃墟に成って仕舞ったようです。


現在はユネスコの協力の元に修復が行われていて、

上部の白っぽい部分が修復された箇所の様です。

画像

画像

画像


それでもモスク内を覗くと、、

内部は未だ未だ改修は進んで居なくて、

画像

画像

壁や天井は崩れたままで、廃墟の様になっています。。




これは、中庭に置かれたコーランの書見台(ラウヒ)です。

画像

ここの台の下を潜ると幸せになれるとか。

以前はイスラムで無い観光客でも誰でも潜れたようですが、今は周りにロープが張られて居ました。



と、これにてサマルカンドの一連の霊廟・モスクの観光を終えて、市民の生活を観ようとバザールへと向かいました。


to be continued ・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
内部の写真凄いですね!
おお伸ばしの写真で見てみたいです。
イッシー
2017/05/19 19:52
イッシーさん、こんばんは。

霊廟・モスクの内部は凄く煌びやかで綺麗でしたね。外壁の青さも素晴らしかったです。ただ、暗かったので写真は可成り画質が落ちちゃってますね。
あ、ここの桟内部の装飾は崩れ落ちてて残念でした。
空蝉
2017/05/19 20:37
ホントだ壊れてる…

直せば結構観光資源としてフル活用できるだろうしお得だと思うんだけど…他にもあるからいいや〜なのかなぁ?
月奏曲
2017/05/20 20:40
月奏曲さん、こんばんは。

はい、到る所が崩れて居ました。
いや、直したいのはヤマヤマなのでしょうが、多分、資金が無いのでしょうね。
遺跡じゃないので、日本の大学も修復に参加しないでしょうし。。
空蝉
2017/05/20 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウズベキスタン旅行記 6 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる