旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス旅行記 4

<<   作成日時 : 2017/08/09 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 2

 
スイス旅行の2日目(8/1)、この日はルガーノ湖からベリンツォーナと観光し、その後に向かったのはスキーリゾートの街・サースフェーでした。


この街は小さな街ですが、ガソリン車乗り入れ禁止なので駐車場でバスを降りると、、

目の前にフェー氷河が圧倒的な迫力で迫ります。

画像



ここでの滞在時間は1時間と短いので、早速、サースフェーの街の散策に出掛けます。


画像


街の中心地となる教会です。

画像



ツアー仲間はお買い物したりして楽しむ様でしたが、私は買い物も無いのでひたすら町の外れまで歩いて行くと、、

5分もしない内に、街を外れ牧草地の平原に。。

画像


フェー氷河が近付いて、、

画像

と言う程には、近付きませんけどね。(笑


この季節、氷河も大分融けて後退していて、、氷河で削られた岩の所為か、ちょっと氷河の汚れも目立ちます。。


そんな中、綺麗な氷河を探していたら、、

有りました、こちらは少し綺麗な氷河色をしてますね。

画像



そんな氷河を暫し堪能した後は、またブラブラと街に向かって歩いて戻りました。

スイスの田舎町らしい家が続きます。

画像


昔ながらの家らしく、床下にはネズミ返しがあります。

画像

画像

やはり木造建築だと、穀物を守るのが大変みたいですね。



この後は、テーシュへバスで向かい、そこで夕食を摂った後、シャトル列車に乗ってこの日の宿となるツェルマットへと向かいました。

でも、ツェルマット駅に着くと、、


駅前は土砂降りの雨が。。

画像

画像



そんな雨の中、ホテルへと向かいましたが、、

雨は直ぐに上がって、、マッターホルンが見えて来て。。

画像

山影には青空も顔を覗かせました。

因みに、この日、8月1日はスイスの建国記念日との事で、花火を打ち上げるとの情報があり、思わず期待が膨らみます。

ホテルまでの道中でも花火の音は聞こえて居ましたしホテルから直ぐに出て来てマッターホルンを眺めると、、

山頂は見えませんが、雨は完全に上がって。。

画像


少し薄暗くなってくると、、

ツェルマットの街の各所から花火が上がります。

画像


暗くなるほどに花火は鮮やかになって、、

画像
画像

でも、残念ながら日本の様な巨大花火は打ち上がりません。

画像
画像

日本で言うと、市販花火の大型版って感じ? (笑


しかも、打ち上げ場所が決まっていないようで、あっちでポーン、こっちでポーンとバラバラに打ち上がるので、写真も難しくて。。

私は10時頃にはホテルに戻りましたが、この日は真夜中まで花火が打ち上がって居ました。




という事で、

花火を堪能した後は翌日の朝日を浴びたマッターホルンに期待しつつ、眠りに就きました。


to be continued ・・






P.S.
 また、中国四川省で大きな地震が有りましたね。 今度は九塞溝が震源地とのこと。
先々月、中国旅行した直後に茂県で大規模な崖崩れが有ったと思ったら、今度は九塞溝で大地震と、大きな自然災害が続いて居ます。 また、日本国内でもこの度の台風5号被害と、世界各地で自然災害が続いていますね。
何れの被災地も早く復旧して早く元の生活に戻れることを祈ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれ?一日でこんな移動できちゃうんだ???

カステルグランデはいわゆる日本人のイメージのお城ではなくて山塞に近いですよね。敵来たら付近の住民も避難できるような中庭あるし。

ツェルマットは私が行ったときは晴れてても夕立みたいにザーっと降ってきてあっさりやんでまた晴れる…みたいな感じだった記憶があります。そういう気候なのかもですね。


月奏曲
2017/08/09 22:57
月奏曲さん、こんばんは。

移動が速いのだけは、ツアーの特権(?)みたいなモンですからね。ww
そうですね、カステルグランデは山城と言うか要塞みたいで、日本人のイメージする所謂シンデレラ城みたいなのとは、全然違いますね。歴史的価値は兎も角、見栄えは余り・・でしたね。(笑
ツェルマットは、やっぱり山岳地で天気は刻一刻と変化しますよね。この日の雨も直ぐに止みましたし、、マッターホルンに掛かる雲の流れも凄く早かったですし。
空蝉
2017/08/09 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイス旅行記 4 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる