旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャ旅行記 5-2

<<   作成日時 : 2017/11/12 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ギリシャ旅行の滞在5日目(11/5)、
この日はエーゲ海一日クルーズでしたので、最初の島・イドラ島の観光を終えた後は、、

次の島であるポロス島へと向かいました。

画像



イドラ島から1時間ほどで、ポロス島が見えて来て、、

画像
画像

そして、、いよいよポロス島に到着。

画像


ここも小さな島ですし、買い物することも特に無かったので、島をブラブラしつつ、、

島の高台に有る時計台へと上って見ることに。。

画像


あ、でも、時計台にはイタズラ書きが。。

画像

こういう建造物は近くで見ない方が良いですね、、唯一の救いは、日本語のイタズラ書きが見当たらなかった事か。。

いっそのこと、教会の時計台にすればイタズラ書きは無くなると思うのですがね。。


この時計台、時計の装置も覗き窓から見えましたが、、

画像

これは昔ながらの分銅式なんですね。

分銅が幾つか天井から釣り下がっているのは、時分針の動作用と時を告げる動力用ですかね。


この後、暫し港を散策して。。

画像
画像


見上げると、、

これぞギリシャと言う、白壁と青い窓が素敵です!

画像
画像

白と青が国旗色ですし、、この白壁と青窓を見ているだけで、ギリシャ&エーゲ海って気がします!



そして、、

ポロス島の港周りを暫し散策した後、また次の目的地・エギナ島へと向かいました。


画像


そう言えば、クルーズ中も船のデッキで海を見て居たのですが、ここに来るまでも余り海鳥を見ませんでした。
海が綺麗で透明度が高いという事は、プランクトンが少なくて魚も少ないって事なんでしょうかね ・・。

ま、何尾かトビウオは見ましたし、一度だけイルカらしき姿は見えたんですけどね。。


と、そんな思いで海を見ていると、、

このエギナ島の湾には海鳥がいっぱい浮かんでいました。

画像


と言っても、ここが港じゃないので、その先の港へと行くと、また海鳥は殆ど見当たりませんでしたけれど。。


画像


後で確認したら、海鳥の居た湾はセレブ達の別荘が立ち並んでいる高級リゾート地との事でした。
それだけに、あそこは栄養豊富な湾で、魚たちで賑わっていたという事でしょうか。。ww



この島は、島内をバス観光できるとの事でしたので、オプショナルツアー(€27?)に参加してみました。
ちょっと高い気もしましたが、港散策だけじゃ暇そうでしたから。。


先ず向かったのは、、

聖ネクタリオス修道院です。

画像
画像


ギリシャ正教らしいドーム型の屋根で出来ています。。

画像

二つの塔も同じですね。。

画像
画像


中へと入って見ると、、

祭壇もイコンも素晴らしいのですが、生憎、工事中でした。

画像


聖ネクタリオス修道院ですが、、

聖ネクタリオスは1920年に永眠しましたが、永眠後に遺体の傍らで重病人が治癒すると言う奇跡が起き、1961年にギリシャ正教会から聖人に列せられています。


そんな聖ネクタリオスの眠る部屋へと入って見ると、、

画像
画像


傍らには、棺が置かれていて、、

画像

この棺に触れると、健康に成れるとか。

私も棺に触れてみましたが、、出来れば前立腺がん手術前に触れたかったですね。



そして、、

この後は、またバスに乗って次の観光場所・アフェア神殿へと向かいましたが、到着すると、、


アフェア神殿が、ちょうど夕日を受けて輝いて居ました。

画像


アフェア神殿は、女神アフェアを祀った神殿で、、

このアフェア神殿とパルテノン神殿とポセイドン神殿を結ぶとちょうど正三角形を成しており、これを「聖なる三角形」と呼ぶそうです。


そんなアフェア神殿を撮ろうとカメラを構えていると、、

ちょうど神殿の横に綺麗な夕日が沈んで来て。。

画像


これは!という事で、神殿の正面側へと回り込んでみると、ちょうど神殿の中には、、

今、まさに沈む夕日が輝いて居ました!!

画像
画像

こんな場面に出会えるとは、、正に感動の瞬間でしたね。


今回の旅、流石に神話の国・ギリシャですね、、メテオラの朝焼けと言い、この夕日のアフェア神殿と言い、正に神々しい美しさでした。



という事で、、

アフェア神殿の夕日に感動した後は、また港へと戻り、、

ここ、エギナ島を後にしました。

画像
画像
画像


ま、帰りは真っ暗になっていましたから甲板に出ても何も見えないので、船内ではショーを遣って居ました。

画像
画像

ま、でも、こういうのは余り好きじゃ無いので、直ぐに席に戻って写真整理していましたけど。。ww

とは言っても、今回のエーゲ海1日クルーズ、3島を周って、最後には夕日の神殿も撮れたし、非常に楽しめたクルーズでした。


という事で、、

この後はホテルへと戻ったのですが、この日は夕食が付いて居ない日でした。
なので、ツアー最後の夜と言うことも有り、有志で「最後の晩餐」を摂るべく地下鉄に乗ってアテネの街へと繰り出しました。

地下鉄構内は、こんな風で、、

画像

夜のアテネの街は、こんなでした。

画像
画像


今回の旅は旅仲間にも恵まれ、この日の晩餐は非常に盛り上がって楽しい晩餐に成りました。

ま、でも、そんな楽しい晩餐の写真は撮ってませんけれど。。ww


そして、楽しく語らった晩餐を終えてホテルへと戻って来たのは真夜中で、、シャワーを浴びただけで、翌日の帰国の用意もすることなく、眠りに就きました。。


to be continued ・・






-- エギナ島 --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どういう気持ちでこういった
落書きってするんだろ?
私には考えられないな〜
まぁバカは万国共通なんですねww
夕日の写真は素晴らしい!!
やんま
2017/11/13 00:03
やんまさん、こんにちは。

ラクガキで白い時計台が台無しですよね。こういう事をする輩が、本当に信じられません。。
やっぱり、人生落ちこぼれの輩の落餓鬼なんでしょうかね。ま、ガキ(子供)とは限りませんけど・・。
はい、夕陽には感動しましたね。ちょうど遺跡に沈む夕日を見た際は、最高の瞬間に出会えたことを思わず感謝しました。
空蝉
2017/11/13 11:21
海も空も真っ青で壁と雲の白さが際立ちますね。
聖ネクタリオス修道院も素晴らしいと思うのですが今回は神殿の夕日が大当たりですね。これは凄い。

バスツアー、お値段なりに楽しめた…というかこれいかないと損してたでしょwwww

落書きは…まぁどんまい
月奏曲
2017/11/13 22:19
月奏曲さん、こんにちは。

はい、真っ青な海と空と白壁、これぞエーゲ海と言う景色を堪能できました。
聖ネクタリオス修道院も素晴らしくて見応え有りましたが、何と言ってもこの日のハイライトは夕日のアフェア神殿でした。
そうですね、こんな写真が撮れただけでもバスツアーは正解でした。確かに、バスツアーに参加して居なくてこんな写真を見せられたら、可成り悔やんだでしょうね。ww
落書きは、、何処にでも馬鹿者は居ますね。
空蝉
2017/11/14 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリシャ旅行記 5-2 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる