旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャ旅行記 4

<<   作成日時 : 2017/11/11 18:24   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ギリシャ旅行の滞在4日目(11/4)、
この日も、アテネのホテルで目覚めて、いつもの様に近くを散策しました。


でも、残念ながら、、

特に被写体としたいモノも無く ・・

画像

あ、これがアテネ駅みたいですけど。。

画像
画像


駅の横で寝て居たのは、、

ホームレス? バッグパッカー?

画像



こうして、ブラブラと散策した後はホテルへと戻って朝食を摂ってから、この日の観光へと向かいました。


この日、先ず向かったのは、アテネから130kmほど離れた地に有るミケーネ遺跡ですが、、

途中で、コリントス運河を渡って。。

画像


ここ、コリントス運河は、

エーゲ海とコリンティアコス湾を結ぶ長さ6343m・幅25mほどの運河で、1893年に完成したとのこと。

この運河の開通で、ペロポネソス半島を迂回するルートに比べて400kmほどルート短縮された様ですが、
運河が狭いので大型船は通行できず、今は観光船の通行が主との事です。


という事で、橋から眺めていると、、

ちょうど、船が遣って来ました!

画像


深い谷底の運河ですから、実に画に成ります!!

画像
画像
画像


このコリントス運河は、切り立った岩壁が高さ50m近く有って、下手な(?)土台だけが残る遺跡よりも撮り応えが有ります。ww

出来れば、下へ降りて、見上げるアングルでも撮りたかったのですが、、下りる道が有りませんでした。(泣



と、少し残念な気持ちを残しつつ、、

更に移動して、、ミケーネ遺跡へと到着しました。

画像
画像


ここミケーネ遺跡は、、

シュリーマンに依って1872年に発掘された、古代ギリシア文明以前の古代遺跡で、、 1999年に世界遺産に認定されています。


ここで先ず向かったのは、、

アトレウスの墓です。

画像


アトレウスは、

ミケーネの王で、トロイア戦争に於けるギリシア軍の総大将アガメムノンの父に当たります。

、、と言っても、中には何も無かったんですけどね。ww


画像



ま、でも、この後に向かった博物館に、ここミケーネ遺跡で発掘された品物が色々と保管されて居ましたけれど、、


画像
画像
画像
画像


アガメムノンの黄金のマスクも。。

画像

と言っても、これはレプリカですけどね。ww



そして、遺跡へと進んで行くと、、

最も有名な 「獅子の門」 が見えて来て。。

画像
画像

でも、頭が無いからか、迫力が無くて余り獅子に見えません、、 何となくプジョーのマークに相通ずるような気も。。ww


更に先へと進んで行くと、、

流石に見晴らしが良いです!

画像


これが、円形墓地で、、

画像

これは、住居跡でしょうか。。

画像


そして、、

これが、北門ですかね。

画像


これは、城壁が敵に囲まれた際に使われた、、

地下の泉へと続く穴だとか。。

画像
画像




という事で、、

このミケーネ遺跡を暫し観光した後は、またディアコフトへと110kmほどバス移動しましたが、、


曇り空の中、遠くここだけ陽が差した街が見えてました。

画像



そして、この街で昼食を摂ってから、、

今度はオドンドトス登山鉄道に乗って、暫し山岳の景色を楽しむことになりました。


駅には、こんな蒸気機関車も展示されていて、、

画像

昔は、こんな蒸気機関車で走ったんでしょうね。

ま、私たちが乗ったのは、こんな電車でしたが。ww

画像


このオドンドトス登山鉄道は、、

可成りの狭軌鉄道みたいで、速度は非常にゆっくりと自転車並みの速度でしたが、その分、山岳・渓谷の景色を楽しめました。


画像
画像
画像
画像

こうして、車窓からの景色を楽しんで居ると、アッと言う間に終着駅へ到着しました。


山岳鉄道を一時間ほど楽しんだ後は、、

またアテネへと戻って行きましたが、、

画像

車窓からの景色は徐々に暗くなって。。

画像
画像


そして、、

ホテルに着いた頃には真っ暗になって居ましたが、
ホテルの屋上からはアテネの街が一望できると言うので、屋上に上って見ると、、


パルテノン神殿の夜景が綺麗に見えました。

画像



という事で、、

ライトアップされたパルテノン神殿の写真を最後に、ホテルの部屋へと戻り、ギリシャ滞在4日目となる眠りに就きました。

to be continued ・・






-- コリントス運河 --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
運河も凄いし黄金の仮面も凄いけど
やはり最後の写真がギリシャだわ!!ww
聖火の火を採るアポロンはこの近く??
やんま
2017/11/12 00:27
やんまさん、おはようございます。

運河は橋から見下ろすだけで、このスパッと切り立った断崖ですから見応え有りましたよ。ちょうど船が遣って来てくれましたし。
黄金の仮面は、、レプリカでしたからね。なんとなく、それなりに見て仕舞いました。ww
はい、ギリシャと言うと、先ず思い浮かぶのがパルテノン神殿ですからね。ホテルからでは流石に遠かったですが、ライトアップされていたお陰で良い写真が撮れました。工事中のクレーンが余分だけれど・・。ww
オリンピック聖火の採火式はヘラ神殿で行う様ですから、ここからは西に可成り離れて居るようですね。
空蝉
2017/11/12 09:37
遺跡は土台ばっかな感じなので運河のほうが見映えよく感じちゃうwww

獅子は首がないので宮崎駿のモノノケぽい感じにw『オヤシロ様』とか呼ばれそうwww

むしろ登山鉄道とかのが楽しそう…
月奏曲
2017/11/12 20:14
月奏曲さん、こんばんは。

そうなんですよね、この日の観光の一番の目玉は、遺跡観光では無くて、このコリントス運河でしたね。
首の無い獅子は、どうしてなんでしょうね。お陰で、全然 獅子らしくないのですが、何か意味が有るんでしょうね。
登山鉄道は、始発駅から終着駅まで一時間ほどでしたが、速度がゆっくりでしたので車窓景色が思い切り楽しめました。
空蝉
2017/11/12 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリシャ旅行記 4 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる