旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東旅行記 7

<<   作成日時 : 2018/01/25 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ヨルダン・イスラエル旅行の滞在四日目(1/16)、、

この日、死海の畔のホテルで目覚めると未だ辺りは暗く、窓の外には死海の先に街灯りが見えましたが、、


これは、イスラエル側の街灯りですね。

画像
画像

この街灯りからは、全く危険の匂い(?)は感じられません。。



そして、、

少し明るくなって来たところで、死海の畔に降りて前日に浮遊体験した辺りを撮ってみました。


朝日に照らされた対岸には、イスラエルの岩山が。。

画像
画像



そして、、

この後はホテルで朝食を摂ってからイスラエル観光の為に、国境へとバスで向かいました。


でも、イスラエルへの入国は思ったより簡単で、、

スーツケースと手荷物検査は普通の国際空港と殆ど変わりなく、違ったのは入国時にパスポートにスタンプを押すことなく、代わりに顔写真入りの入国許可証を渡された事くらいでしょうか。

以前は「NO STAMP」と言わないとパスポートにスタンプを押されて仕舞って、それ以降のアラブ諸国の入国に支障が起こるという課題も有りましたが、今はこれで問題解消されたようですね。

と言っても、私は問題のアラブ諸国に行く予定は無いのですが、、今はアメリカ入国が難しくなると言う課題も秘めてますしね。



と言うことで、

イスラエル入国後、国境付近でイスラエル側のバスに乗り換えて、イスラエル観光へと向かいました。

あ、因みに、ここヨルダン川西域は、管理こそ今はイスラエルがしていますが、正式には「パレスチナ自治区」です。
パレスチナ自治区と言うと危険な匂いがプンプンしますが、そんな危険地帯は更に南西に100kmほど行ったガザ地区ですし、、


この辺りは、ヨルダン側から見た死海対岸でしょうか。。

画像



でも、ヨルダン側からは見えなかったですが、、

ここには、こんな緑も広がっていましたし、、

画像


岩ばかりに見えた地には、、

こんな、大規模ソーラーパネルが置かれていました。

画像



この後も死海沿いの岩山の麓を走って、、

世界遺産のマサダ遺跡へと向かいました。

画像
画像

マサダ遺跡は、この岩山の上に有るので、ここからはロープウェイに乗って向かいます。


これが、そのロープウェイ駅ですが、、

画像


ここからは、眼下にこんな景色が見えました。

画像
画像



と言うことで、、

ロープウェイに乗って。。

画像
画像
画像
画像



そして、頂上駅から少し歩くと、、

マサダ遺跡が見えてきました。

画像
画像


ここ、マサダ遺跡は、、

紀元前二世紀頃に建てられた要塞で、その後に改修されてヘロデ王が離宮としたとのこと。

更に、一世紀頃にローマ帝国とユダヤ人との戦争が起こった時には、ここが最後のユダヤ人1000人程が籠城した場所でもあるとの事です。
結局、難攻不落と言われたここも、ローマ軍により山の崖を埋め立てられて陥落目前となった時、ここに立て籠もったユダヤ人全員が自決したという悲しい歴史を持つとの事でした。

そんな事から、今でも、ここマサダ遺跡はユダヤ人にとっての聖地となっているとのことです。



そんなマサダ遺跡も、、

ローマ軍とその後の地震に殆ど破壊されて、、

画像
画像

殆ど、往時の姿を留めていませんけれど。。



あ、こちら側の崖を埋め立てて、、

ローマ軍が侵攻してきたのでしょうか。。

画像
画像
画像


それにしても、ここは水も食料も豊富では無さそうですし、、何れにしても長期の籠城は困難だったようにも思えますけれど。。



と言うことで、、

ここ、マサダ遺跡を観光した後は、また死海の畔の道を直走って、次の観光地へと向かいましたが、、 それは、また後ほど。。


to be continued ・・







-- マサダ遺跡は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 今回のシリーズ、聖書に書かれている地名が頻繁に出て来て、とても興味深く読ませていただいております。
あきあかね
2018/01/26 08:24
あきあかねさん、おはようございます。

そうですね、三大宗教の発祥の地が近いですしね、と言っても私は聖書は一度も読んだことは有りませんけど。。
この後は、いよいよ、そんなエルサレムへと行きました。
空蝉
2018/01/26 08:57
ホントソーラーパネルはちょっと…いや生活の問題もあるからなんともいえませんがアレ見ると興醒めに…

揉めてるようでも観光地の住人はご飯の種なので観光客に寛容ですよね。問題はそれ狙ってテロする外部の原理主義者が…

やっぱりちょっと砂漠砂漠してるなぁ
月奏曲
2018/01/26 21:37
月奏曲さん、こんばんは。

確かにソーラーパネルは邪魔ですが、ここは遺跡地区じゃないだけ、まだマシかな。ま、でも、この辺は電力事情が悪そうなんで仕方ないですね。雨が少ないから、ソーラーパネルの効率は良さそうだし。。
はい、住人は観光客に親切でしたね。確かに、住民よりも、政府に打撃を加えようとするテロリストが怖いだけだったみたいです。ま、要所要所で検問はしていたけれど。。
この辺は砂漠地帯ですからね。何となく、映画「十戒」を思い起こさせる景色でした。
空蝉
2018/01/26 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東旅行記 7 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる