旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東旅行記 10

<<   作成日時 : 2018/01/28 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

 
ヨルダン・イスラエル旅行の滞在五日目(1/17)、、

この日、エルサレム旧市街でヴィア・ドロローサ(悲しみの道)を辿って観光しつつ、次に向かったのは、、


イエス・キリストの墓の有る、聖墳墓教会です。

画像



そして、入っていくと、、

中には、こんな祭壇が有りました。

画像
画像

この祭壇下が十字架が立てられた場所であり、、

ここでイエスが磔にされて息を引き取った場所とのことで、巡礼者が列を成して次々と祭壇下に額ずいていました。



そして、こちらが、、

イエスの遺体が十字架から下ろされた場所で、、

画像
画像

この石の上にイエスの遺体は横たえられて香油が塗られたとのことで、ここにも巡礼者が次々と額ずいていました。

しかも、周りにも巡礼者がイッパイ居ましたし、異教徒(無教徒?)の私は近づくことさえ気が引けて仕舞って、結局、遠くからこんな写真を撮っただけでした。(汗



尚、この教会の壁には、、

この様な大きなモザイク画が有って、、

画像

ここには、イエスが十字架から降ろされる場面や体に香油が塗られ、そして運び出される場面が描かれていました。



そして、、

これが、イエスの埋葬された墓です。

画像
画像

こうして見ると、超巨大な墓石に見えますが、イエスの眠る棺は、この大理石で造られた大きな囲いの中に置かれています。

画像

ただ、その入口には巡礼者の長い列が出来ており、、 流石にそこに並ぶのは時間が無いことも有り諦めました。



あ、近くには、、

こんな祭壇も有ったのですが、、誰も。。?

画像

こうして、巡礼者が誰もお祈りしていないという事は、、  この祭壇は、イエス所縁の場所では無いという事でしょうね。ww




そして、次に向かったのは、、

これぞエルサレムと言う、、 ユダヤ教 「嘆きの壁」 です!

画像


ここが、今回の旅で是非観たかったペトラ遺跡との双璧(? ww)と成っていた場所で、、


この眺めは、何度もTVで見て目に焼き付いてました。

画像

ここからは、この「嘆きの壁」だけでなく、その奥にはイスラム教の聖なる岩を祀っている 金色に輝く「岩のドーム」も見えます。


エルサレムが三大宗教の聖地とされる所以でも有りますが、、

何もこんなに近くに、「聖墳墓教会」「嘆きの壁」「岩のドーム」が無くても、と思うんですけど。。 
ま、元を正せばキリスト教やイスラム教は、ユダヤ教から起こった宗教ですから仕方ないんでしょうね。

あ、でも、イスラム教最高の聖地は「メッカ」で、この「聖なる岩」は少し後付けっぽいですけど。。



ここからは、、

そんな、嘆きの壁が見えて、、

画像


その横には、、

岩のドームがある 「神殿の丘」 へと続く通路が見えました。

画像

この神殿の丘はイスラム教が管理しており、他宗教の人がここに行くには、この嘆きの壁の横にあるこんな高架橋を渡って行かなくては成らない様です。

ま、ここを渡って入れる時間も短く、またセキュリティ待ち時間も長いとのことで、入りませんでしたけれど。。



という事で、、

この後は、嘆きの壁に行って見ることにしました。 ここなら他宗教の人も自由に近づいて、その嘆きの壁に触れることも出来ますしね。

あ、でも、服装には色々と制限が有りまして、、 私はこの時は帽子を被って居なかったので、この入口左でキッパと呼ばれる丸い帽子(?)を借りました。



因みに、この嘆きの壁は衝立で仕切られており、、

衝立の左が男性、右が女性に分かれています。

画像

何故か、男性側と女性側とで混雑具合が異様に違いますね。



そして、私も壁に触れてみました。

画像

ここは近付いての写真もOKだったのですが、流石にこれ以上近寄っての写真は肖像権の心配も有り 、また失礼なような気がして止めました。



そして、次に、、

この嘆きの壁の左横に有った部屋へと。。

画像
画像

ここも嘆きの壁なのでしょうか、、 
外は小雨が降っていた所為か、ここは歩くのも大変なほど礼拝者で溢れ返っていました。

しかも、この時は独りだったので、こんな大勢のブラックスーツ(?)のユダヤ教信者に ちょっとビビりました。(笑




という事で、、

この後はまた、ツアー仲間と一緒に マリア永眠教会 へと向かったのですが。。

流石にここは歴史の街・エルサレムで、その後もまだまだ教会や墳墓を巡りましたので、、 一旦、ここで区切ることにします。


to be continued ・・






-- 嘆きの壁は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜ここらへんはアレですよねぇ…
観光地というよりはガチでマジな巡礼者多いはずですから異教徒たる日本人はちょっと遠慮しちゃいますよねw場違い感がヒシヒシとw

てか『お前、なにしにきたん?』的な雰囲気とかもありそうで怖いw

本来はユダヤ教の聖地なんでしょうけど…後発の2大宗教のが現状強いからなぁ…
月奏曲
2018/01/29 21:37
月奏曲さん、こんばんは。

そうですね、観光地と言うより巡礼地ですからね、私の様にK-3を構えてだとちょっと気が引けます。
ま、中には、構わずに撮っている人もいましたし、、私が空気を読み過ぎでしょうかね。ww
はい、本来ならこの神殿の丘そのものもユダヤの聖地でしたし、、行く行くは三宗教で共有できないモンでしょうかね。。
空蝉
2018/01/29 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東旅行記 10 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる