旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS インド・スリランカ旅行記 9

<<   作成日時 : 2018/02/22 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 2

 
インド・スリランカ旅行の滞在五日目(2/12)、

この日はスリランカ・ネゴンボのホテルで目覚めると夜も明けぬ内にコロンボ空港へと移動し、インド・デリー空港へと飛び立ちました。



そして、デリーに着くと昼食を摂ってから、、

世界遺産 クトゥブ・ミナールの観光へと。。

画像


クトゥブ・ミナールは、、

ヒンドゥー教徒の多いインドに有って、イスラム教モスクに付属して建てられたミナレットで、
13世紀初頭に創建された時は高さ100mを誇っていたと言われています。

残念ながら、その後の地震や落雷で破壊され修復されたことで、現在は高さ73m程の高さになっていますけれど。。


画像


このミナレット、以前は中に入って上ることも出来たようですが、今は中に入ることも出来ません。

画像
画像

ま、上れなくなったのは、某大陸人の影響ではなく、事故が有ったからみたいですけど。。



そして、、

イスラムが征服してこのモスクを建てる際にヒンドゥー寺院を破壊して石材を再利用した為、ヒンドゥーのレリーフも一部がそのまま残って居るのだとか。。

画像
画像
画像
画像


ま、でも、残念ながら綺麗に残っているのはミナレットだけで、他は大分崩れて仕舞っていました。。


このミナレットの手前にある柱ですが、、

画像

四世紀頃に造られた鉄製の柱にも拘らず、雨曝しでも未だに錆びて崩れていません。
どうやら、高純度の鉄製なので錆び難いのだとか。。

ま、でも、赤錆で無いと言うだけで、充分に錆びてはいましたけれど、ね。ww



そして、この後は、、

少し自由時間があったので、ブラブラと。。

画像
画像
画像


画像


ついでに、、

こんな、又覗きならぬ門覗き写真も。。ww

画像
画像



という事で、、

暫し撮り歩いた後は、次の観光地、世界遺産フマユーン廟へと向かいました。


門の先にフマユーン廟のドームが見えます。

画像


因みに、このフマユーン廟は、、

ムガール帝国・第2代皇帝フマユーンの霊廟(16世紀建立)で、フマユーン死後に王妃が亡き夫の為に建てたと言われており、
その周りは四ヘクタールにも及ぶ四面の庭園に囲まれています。



そんな門を潜って入って行くと、、

正面に見えました、、フマユーン廟。

画像
画像


そして、中へと入ってみると、、

意外とシンプルです。。

画像




それでも、前評判通り、、

上から眺める中庭が、とても綺麗でした!

画像



そして、、

少し時間が有ったので、中庭でホンの少しだけ鳥撮りも。。

残念ながらこの時にはDA18-135しか着けていなかったので、大幅トリミングしていますしボケボケ写真ですけれど、、


これは、キアシアオバトでしょうか。

画像

これは、尾羽が揃っていないけれど、トビ?

画像



という事で、、

この日は、スリランカからインドへの移動で始まりましたが、こうして午後から世界遺産を2ヶ所観光することが出来ました。

それでも、移動続きだったことも有り、この後はホテルに入り、美味しく夕食を摂ってから早めに寝ました。


いえ、翌日も早朝4時半にホテル出発と言う過酷旅が控えていて、、 とは言え、その話はまた後ほど。。


to be continued ・・






-- フマユーン廟は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ73mあるだけでも充分な気がww
門覗きの写真が両方良い感じ。

フマユーン廟、中がシンプルですねぇ…
こういうほうが霊廟って感じで個人的に好感度高いなぁ
月奏曲
2018/02/23 21:03
月奏曲さん、こんばんは。

そうですね、13世紀の建造物(ミナレット)なので73mも有れば充分ですよね。日本でこの構造なら地震で完全に残って居ないでしょうし、ね。
フマユーン廟は意外とシンプルでしたね。ま、シンプルなのも良いのですが、写真写りはイマイチで。ww
空蝉
2018/02/23 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド・スリランカ旅行記 9 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる