旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コスタリカ旅行記 5

<<   作成日時 : 2018/03/10 21:21   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コスタリカ旅行の滞在四日目(3/4)、

この日、サンホセのホテルで目覚めて、幻の鳥・ケツァール探鳥の為に、未だ暗い内からバスで一路、サン・ヘラルド・デ・ドータへと向かいました。



サン・ヘラルド・デ・ドータは、標高2000mの山中の地で、ケツァールが最も見られる地として有名です。

そんな地で、早朝からケツァール探しスタート。

画像


探鳥している人達こそ写って居ませんが、、
ここには野鳥ガイドと共に何グループか、多分100名近くの人がケツァールを探していたと思います。

現地ガイドからは 「ケツァールは鶏くらいの大きさ」 と聞いていたので簡単に見つかると思ったのですが、なかなか見つかりません。


道路に沿って探し歩いて。。。

画像



それでも、暫くすると、、

他グループの野鳥ガイドが漸く見つけたので、遅れ馳せで近付いて行って撮ろうとしたのですが、、


まだ暗いし逆光だし、木も邪魔で全然綺麗に撮れません。(泣

画像


仕方なく、感度をISO3200まで上げてSSを稼いで、、

ブレブレよりは、粗い画像の方がまだマシですからね。

画像

↑ 可成り大きくトリミングしてます。。(汗


ま、それでも暗過ぎましたけど、、 でも、お陰で余り見ないケツァールのシルエット写真が撮れました。。ww

こんな状況で撮ると分かっていれば、三脚を持って行ったのに、とちょっと悔いましたけど。 三脚なら手振れを抑えてISOも下げられますし、ね。



この後、少し明るい場所に出てくれたのですが、、それでも未だ暗過ぎて画質が荒いですし色味も変でした。(泣

画像
画像

因みに、ケツァールは鶏ほどは大きくなくて、キジバト位の大きさでしたね。 ま、尾はもっと長いですけれど。。

画像


ケツァールは高地の寒い場所に生息するとのことで、、

日が出て暖かくなると更に高地に移動して仕舞って、探鳥出来たのは6時半から8時半位までの2時間位だけでした。

この後、順光側にも出たのですが、、、残念ながら枝葉の陰で、とても写真には成らず ・・。



仕方なく、諦めて他の鳥を撮っていました。

以下、ここや朝食休憩中に撮った野鳥です。

画像
画像
画像
画像
画像


あ、これは、少し近過ぎました。(汗

画像



と、、こうして、

ケツァールの良い写真が撮れずに残念な気持ちを残しつつ、、またサンホセへと戻りました。


途中、ロス・アンヘルス大聖堂を観光して。。

画像
画像
画像




この後は、サンホセに戻ってザッと市内観光しました。

これが、国立劇場で、、

画像


これが、民主主義広場です。

画像

民主主義100年を記念して造られた広場で、この先(左)に建っている銅像がコスタリカ民主主義の父と言われるホセ・フィゲーレス元大統領像です。

奥に建つ黄色い建物は国立博物館で、、

画像

ここの外壁には、1948年の内戦をいつまでも忘れない様に銃弾痕がそのまま残されていました。

あ、そう言えば、この広場に有ったこの丸い石、、

画像

何でも、世界七不思議のオーパーツに数えられているとか。。

確かに今から1700年も前に真球に近いこんな石球を作るのは難しいでしょうが、
時間を掛ければ何とか出来そうで、、「オーパーツって程でも・・」って思いますけど。。ww


これも、この近くに有った独立記念像です。

画像




そして、、

こんなサンホセの街を歩いて、、

画像
画像

スーパーマーケットに立ち寄って。。

画像
画像

店内写真NGかと思ったのに、確認したらOKでした。。ww




という事で、、

この後はサンホセのホテルへと戻り、、


こんな綺麗な夕日を撮った後で、、

画像


静かに、今回の旅・コスタリカ旅行5泊8日の最終日となる夜を迎えました。


to be continued ・・





-- サン・ヘラルド・デ・ドータは、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鳥が熱帯熱帯しててカラフルで可愛いw

オーパーツなぁ…結構時間かけてじっくりやると何とかなるもの多いからなぁw水晶髑髏も顕彰したらボロボロだったしなぁww

ピリレイスの地図もあれ羊皮紙の節約のが有力ぽいしなぁww

オーパーツは民俗伝承位の価値だなぁw
月奏曲
2018/03/11 19:01
月奏曲さん、こんばんは。

日本にもカワセミみたいな綺麗な鳥も居るんですけどね。でも、平均すると熱帯の方が色鮮やかな鳥が多いですね。
オーパーツは、、確かに不思議と言えば不思議なんですが、当時の技術では全く不可能とは思えないですよね。時間を掛ければ、ってのが多いですよね。
ま、でも、不思議って思っていた方が、夢が有りますから。宇宙人が作ったとか。wwwww
空蝉
2018/03/11 19:50
 ケツァール、「なんじゃ、これ?」ってびっくりな羽ですね。動物番組、結構好きで色々観ている方だと思うのですが〜。「世界一キレイな鳥」なのに、なんだか初めて見た気がします。
 他の鳥も、おしゃれさんぞろい。
Nyanta
2018/03/20 20:46
Nyantaさん、こんばんは。

ケツァール、ネットで検索すると色々な写真がヒットしますよね。
今回は、このケツァールが最大の目的だったのですが、ちょっと残念な結果に終わりました。ま、でも、見られただけでも「良し」としなければ、、ですかね。
やっぱり、南国だけに他の鳥も色鮮やかで綺麗でしたね。
空蝉
2018/03/21 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
コスタリカ旅行記 5 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる