旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS マダガスカル旅行記 7 (了)

<<   作成日時 : 2018/04/08 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

 
マダガスカル旅行の滞在六日目(4/3)、

国内線の欠航の影響は前日のバス移動だけでは埋まらず、、
この日も、日の出前にはアンチラベのホテルを出発してアンタナナリボへとバス移動しました。


また、こんな道を4時間以上も移動して。。(汗

画像
画像


ここには線路も敷かれていましたが、、

旅客列車は週二便位しか走らないとか。。

画像

なので、普段は歩行者路になっていますね。ww


そして、漸くアンタナナリボへと戻って来ると、、直ぐに訪れたのはレミュールパークです。


ここでも、何種類かのキツネザルが観られるとの事で、、

先ず最初に見られた、これがベローシファカだったかな。

画像


滞在二日目にレミュールアイランドで見たのは カンムリシファカ でしたから、これで二種類のシファカが見られました。

TVのCMで横っ飛びを披露したのは、こっちのシファカですね。

画像


ベローシファカ、やっぱり可愛いですね。

画像
画像



そして、、

このシロクマみたいのは、ゴールデンシファカだったかな?

画像
画像
画像

あ、でも、顔は黒いし、♂♀での色違いだったりして。。ww



他にもキツネザルは居ましたけれど、、他はレミュールアイランドで撮った種類ばかりでした。

それでも、、

バンブーキツネザルは可愛いので、連写でパチパチと。ww

画像
画像


その他には、、

シロクロエリマキキツネザル。

画像

あ、こうして見ると、尾が長いですね。


ワオキツネザル。

画像



ここで少し時間が取れたので、またレンズ交換して少しだけ鳥撮りしてみました。


ま、でも、同じような鳥しか居ませんでしたけれど。。

画像
画像

でも、これは初めての鳥だったかな??

画像

何れも遠くて、殆ど等倍にトリミングした写真です。。



という事で、

この後は車窓からこんな花を撮りつつ、、

画像


昼過ぎには、アンタナナリボ空港から空の人となりました。

画像





と、こうして、、

アンタナナリボから、またエチオピアのアジスアベバを経由して、翌日(4/4)の夜には成田空港に降り立ちました。



今回のマダガスカル旅行は、、

途上国の割りにはフランス植民地だったお陰か料理は思ったより美味しくて良かったのですが、、
旅の目的である「野生動物」「野鳥」は、自然豊かな国と聞いていた割には野生動物は自然保護区内でしか全く見られなかったですし、野鳥も殆ど見られないことには驚きました。

現地ガイドに訊くと、、 バードウォッチング・ツアーでは島の北東部に行くみたいで、今回は一般観光ツアーなのでそちら方面には行きませんでしたけれど。。
それにしても、山間部に入っても野鳥が少ないことには驚きでした。

という事で、今回は移動ばかりで観光よりも移動が目立つ、少し中身の薄い旅になりました。。


次回行くとしたら、バードウォッチング・ツアー参加ですかね。 ま、先ず、次回は無いですけど。。(苦笑


-- The END --



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様〜
シファカ可愛いw

今回『移動しました』ばっかでなんか薄いなぁ…と思ったらホントに薄かったのか(゚Д゚;)

欠航分で1万円ちょっと返却でこれだとなんかちょっと…(´ε`;)ウーン…どんまい(;´Д`)
月奏曲
2018/04/09 21:25
なるほどなるほど。。。
空蝉さんくらい旅していると
こんな事もあるんでしょうね
確かに大自然ってより動物たちって
感じですかね?
でも私からしたら動物園でしか見られない
動物を自然の中で見られるだけでも
羨ましいです
やんま
2018/04/09 23:47
月奏曲さん、こんにちは。

ここのシファカは人に慣れていて近づいても、余り逃げませんでした。可愛かったですよぅ。
今回の旅は中身が薄かったですねぇ、この中身ならツアー代金は半額でコスパに見合うって感じだったでしょうか。でも、マダガスカル、固有種は多いけれど、どれも絶滅危惧種と分かっただけでも。(苦笑
空蝉
2018/04/11 13:11
やんまさん、こんにちは。

はい、色々とありますね。ま、これも旅の醍醐味と言えるのでしょうかね。
山間部に入ると自然は生きていると思えたのですが、野鳥は少なかったですねぇ、日本の何分の一って程に。。
動物は、、最初のインドリは自然の中って感じですが、後のは川や道路で仕切られた「檻から解放された動物園」って感じでしょうか。ま、確かに珍しい動物ばかりで楽しかったですけど。。ww
空蝉
2018/04/11 13:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
マダガスカル旅行記 7 (了) 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる