旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北欧旅行記 5

<<   作成日時 : 2018/05/27 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 8

 
北欧旅行の滞在三日目(5/17)、
この日、ノルウェーのハダンゲルフィヨルド地区ウルヴィックのホテルで目覚め、早速、目の前に広がるフィヨルドを撮ってみました。


湖にも見えますが、フィヨルドです。

画像

旅仲間が、水を舐めたら塩辛かったって言ってましたし。ww



画像

海辺には、所狭しと家々が点在しています。

画像


そして、、

こんな絶景ですから、この景色を俯瞰視してみたくなり、早めに朝食を摂ってから一人で裏山散策へと出掛けてみました。


フィヨルド手前の建物が宿泊ホテルです。

画像


更にブラブラと裏山を上って行くと。。

画像
画像
画像

思った通り、素晴らしい景観が広がって居ました!!



振り返ると、、

山の斜面にはリンゴの木が整然と植えられていて。。

画像



ま、でも、こちら側からフィヨルドは半逆光に当たりますし、本当は東側のこの丘の方へ上がって見たかったんですけど、ね。

途中まで行ったのですが、道路が切れて分からなくて。。(泣

画像
画像



と、こんな絶景散策を楽しんだ後は、、

この日は、このハダンゲルフィヨルド地区を離れて、一路、ノルウェーの首都オスロ へと360km程のバス移動です。



でも、途中 「ナショナルツーリストルート」と言う絶景ポイントを通るとの事で、期待は膨らみます。。

このナショナルツーリストルートと言うのは、、
ノルウェーが観光客誘致の国策として建設した道路で、幾つかのルートが有りますが、それぞれが素晴らしい絶景ポイントを通るという事で有名です。


ウルヴィックのホテルを出ると、、

ハダンゲル大橋を渡って、、

画像

大型クルーズ船の就航するフィヨルドを横目に、、

画像


途中で立ち寄った、、

ヴォーリングフォッセンの滝。

画像


あ、左対岸に見える細い滝じゃなくて、

右の岩に隠れている滝みたいですけど。。

画像

こちらからじゃ、良く見えません、、、


ツアーに依っては、滝の先に見える建物(ホテル?)側に立ち寄ってくれるみたいですが、急ぎ旅なのか我らのバスはそこまで行ってくれなくて。。(泣


ま、お陰で谷底に綺麗な二重の虹は見えましたけど。。ww

画像
画像

二重の虹、、それぞれで七色が逆なのが良く分かります!




そして、、


ナショナルツーリストルートを進みます。

画像
画像

流石に北緯60度の地です、5月中旬と言うのに未だ未だ辺り一面に雪が残って居ます。



そんな雪の残る平原を直走り、バスストップのできる場所で、暫しの写真タイムです。

ちょうど、ツーリングの大型バイクが通り掛かりました。

画像

こんな場所のツーリングは気持ち良いでしょうね、、 あ、未だ少し寒過ぎるかな?


そんな駐車場脇には、、

こんな民家が建っていて。。

画像

手前には、倉庫らしき建物が幾つか。。

画像
画像

この草葺きの屋根も防寒対策みたいですね。。



そんな倉庫の一つの扉が開いていたので、、

近寄って、中をパチリ。

画像

流石に雪の重みに耐える様に頑丈に作られています。

でも、こうして見ると、唯の倉庫では無いのかも知れません、、 ま、宗教儀式を行う場所とも思えませんけど。。


そして、この後も車窓から、、、

未だ雪と氷に閉ざされた湖畔の家々を眺めながら、、

画像
画像

この辺りで標高1200m位だったでしょうか、、当地(栃木)で言うと中禅寺湖位の標高ですが、流石に残雪が全然違います。

それにしても、この辺りでは春・夏を感じるのは6月〜8月初位なんでしょうかね、、
9月に入ると、秋の日は鶴瓶落としと言いますし、日本以上に冬の足音が早く聞こえるのでしょうね。。



そんな事を思いながら、、

ナショナルツーリストルートを更に進み、、

画像
画像


徐々に標高が下がると雪も無くなって、、

漸く、ゴールと言う小さな町で昼食を頂きました。

画像

良く見ると、街のあちこちに民族衣装を着た女性の姿が見えて、、

確認すると、この日(5/17)はノルウェーの憲法記念日、約200年前の1814年5月17日に長年支配されていたデンマークから独立し憲法を制定した日だったんですね。


という事で、、

この後も、更に3時間ほどバス移動して、ノルウェーの首都オスロへと入ったのですが、、、

街は、記念日を祝う人達で溢れていました!!

画像
画像

女性はブーナッドと言う民族衣装に身を包み、男性女性共に国旗を振りながら歩いています。
因みに、このブーナッドは民族や出身地域に依って色や刺繍が違っているみたいです。


それにしても、これだけ正装の人を見るのは、日本だと初詣の時くらいですかね。 ま、でも、国旗は持ち歩きませんけれど。。

日本だと国旗を持つのはスポーツの応援の時くらいかな? マラソンや駅伝だと、沿道に国旗を持った観客が並びますしね。

あ、そう言えば、、

昔は祝日を旗日とも言って、我が家でも国旗掲揚していましたね。 日めくりにも、祝日は国旗が書かれていましたし。。


と、そんな事を懐かしく思い出しました。www



そして、、

この後は、ホテルへと入り、レストランで夕食を摂ってから、、
またこの祝日を祝う様子を撮ろうと、ウォーターフロント(?)へとブラブラと一人歩いて出掛けてみましたが、


皆さん、陽気で賑やかで、、お祭りですね!

画像
画像


あ、でも、そんな賑やかな中にも、、

この視線の先には、お祭りに付き物の、、

画像

何人かが大声で警官と揉めていました。

画像

最後には、後手に拘束されてパトカーで連行されて行きました。 (写真の人では有りません)

それでも、そんな場面でも周りの人に緊張感が有りませんし、この国はテロも少ないし結構安全な国みたいですね。
こんな騒動の横をベビーカーを押して、何事も無いように通り過ぎて行きましたし。。www



という事で、、

この日のオスロでは、こうして憲法記念日を祝う人達の写真を撮っただけでホテルへと戻り、睡眠不足と移動疲れも有ったので早めにベッドに入りました。


to be continued ・・






-- ハダンゲルフィヨルド地区ウルヴィック --




P.S.
 オスロの街には、国旗をはためかせている車がイッパイ走っていました。
このタクシーも、そんな車の一つ。

画像

日本で国旗を付けた車なんて、TVで見た公用車しか有りません。

それにしても、ノルウェーでは車に取り付ける国旗も売られているんですね、それだけでも驚きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
フィヨルドの美しさは素晴らしいです
しかしデカいクルーズ船は周遊してるんですか?
民族衣装も可愛くて良い感じです
憲法記念日でこれだけのお祭りに
なるんですね〜
日本の憲法記念日とは大違いww
やんま
2018/05/27 23:22
おはようございます。

 ノルウェーでは国旗を大事にしているんですね。
 数十年前までは日本でも国旗を普通に売っていましたし、家々の門口や、門柱には国旗を挿すための金具がつけられていました。祝日に国旗がはためく姿も普通の風景でした。
あきあかね
2018/05/28 09:20
やんまさん、こんにちは。

はい、このクルーズ船は、これだけ大型ですから外洋やフィヨルドをクルーズしながら各国を周遊しているんでしょうね。
この民族衣装、可愛くて素敵でした。欧州の民族衣装って可愛いのが多いですよね。この民族衣装も、アナと雪の女王の衣装のモデルに成ったとか。。
憲法記念日のお祭り騒ぎには驚きました。みんな正装して街に繰り出すとは、、、と思ったら、このノルウェーの憲法記念日のお祝いは海外でも有名なんですね。ま、それだけ愛国心・独立精神が根付いている証なんでしょうね。
日本では、、憲法記念日がいつだったか直ぐには思い出せません。。www
空蝉
2018/05/28 11:16
あきあかねさん、こんにちは。

やっぱり、ノルウェーは侵略されていた時代が長かったですし、今でも独立精神・愛国心が強いんでしょうね。日本の現状とは大違いです。
そうですね、我が家(田舎)でも昔は旗日には家の門口に国旗を建てていました。昔は普通に見られた光景でしたよね。それが今では、、、国旗を振る場面なんてスポーツイベントか皇居の新年参賀くらいしか見られなくなりました。
空蝉
2018/05/28 11:25
北欧の旅お疲れ様、海外旅行へ立て続けに行かれていますが、あまり、生き急がないようにね!!すこし休んでからまた出発してください、ほぼ、世界制覇ですかね。まあ、きりがなくなるのでしょうがね。
fujisan
2018/05/28 16:31
スカンディナヴィア三君主国及びフィンランド共和国なら今は一番治安悪いのはイスラム移民の多いスウェーデン南部じゃないかなぁ?ノルウェーは治安であまり悪い話は聞きませんね。最も私海外情勢詳しくはないですがwww

実は2枚目の写真がなんか一番フィヨルドを今回感じたなぁ…なんでだろ?

今回は北欧らしい良い写真がいっぱいで眼福です♪
月奏曲
2018/05/28 22:40
fujisanさん、こんばんは。

はい、仰る通り、少し生き急いでいます。やはり、癌手術の余波で、、生き方が変わっちゃいましたね。ま、でも、私は熱し易く冷めやすい性質ですから、その内また元に戻りそうですけど。。
世界制覇ですか、、未だ未だですけど、そういうのは余り考えていません。コンプリートする様な収集癖も有りませんし。。ww
空蝉
2018/05/28 23:45
月奏曲さん、こんばんは。

この北欧四ヶ国はシリア難民が逃れて行くには、ちょっと大変でしょうし、外務省安全情報でも真っ白になっていますね。街を歩いていても、何となくでもヤバい雰囲気は全く感じませんでした。
二枚目の写真ですか、、、海(フィヨルド)と山と村の感じが日本と違うから?? 確かに、俯瞰視した写真は湖みたいですけどね。ww
あ、でも、雪の湖畔が一番感動したのですが、、、車窓写真なので色味が変で。車窓の熱戦吸収ガラス(?)を通すと、雪の白さは全くダメに成っちゃいますね。(泣
空蝉
2018/05/29 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
北欧旅行記 5 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる