旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北欧旅行記 6

<<   作成日時 : 2018/05/28 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 4

 
北欧旅行の滞在四日目(5/18)、
この日、ノルウェーの首都オスロのホテルで目覚めると、いつもの様に近くの散歩に出掛けました。


港は、前日の祭り(?)が夢だったかの様に静まり返って。。

画像

あ、この潜水士の像は何でしょうね。

画像



と、この日の朝は軽く散歩しただけで、、

一度、ホテルへと戻って朝食を摂ってから、また近くの散策に出掛けました。


画像

これから、市場が立つのでしょうか。。

画像


遠くに見えた、、

これは、オスロ大聖堂です。

画像
画像

残念ながら、まだ中へは入れませんでしたけれど。。


その先には、オスロ中央駅が有りました。

画像
画像

ただ、この後もブラブラと散策していたらホテルの場所を見失ってしまって、、集合時間に2〜3分ほど遅刻して仕舞いました。 反省。

いえ、途中で通行人に地図を見せて訊いたのですが、どうも通りを一本間違えて教えられたみたいで。。 あ、言い訳です。(汗



という事で、この日の観光スタートです。

先ず、最初に向かったのは、、

フログネル公園。

画像

あ、この像は、この公園内に展示されている多くの像を制作したヴィーゲランの像です。

ノルウェーと言えばムンクが有名ですが、、
ヴィーゲランは同年代に活躍した芸術家で、ノルウェー国内ではムンク同等に有名なのだとか。。


そんな、別名・ヴィーゲラン彫刻公園へと入って行くと、、

公園内には、何百体もの像が出迎えてくれます。

画像
画像


ここに有る像は、赤ん坊から大人、そして老人に成る迄の人としての営みを表しているのだとか。。

その為か、見慣れた像とは一味違った像が多くて、、

画像

何となく面白いし、飽きません。www

画像
画像


あ、これは、怒りん坊の像。

画像

地団太を踏んで怒っている様が何とも言えず可愛いくて、最も有名な彫刻みたいです。
あ、手足に留まらず、大事な場所(?)も触られて光ってますね。ww

ガイドさんが言うには、触っても、別にご利益なんかは無いみたいですけど。。ww


噴水も、彫刻に支えられています。

画像
画像


その先には、、

121人の像が浮き彫りされたモノリスが。。

画像


その先にも、

こんな彫刻の丘が広がり、、

画像

振り返ると、こんな門扉も。。

画像


この公園には、観光客もいっぱい来ていましたが、、

こうして見ると広いし緑に囲まれていますし、市民の憩いの広場にも成っているみたいですね。



という事で、、

フログネル公園を一頻り観光した後は、次の観光地の国立美術館へと向かいました。


これが、国立美術館です。

画像


早速、中へと入って行くと、、

画像


中は広くて、観客も少なく、ゆっくりと鑑賞できます。

画像
画像
画像


そんな中でも、、

一際賑わっている場所があります、、

画像


そうです、そこに展示されていたのは、、

これ、ムンクの「叫び」。

画像

ノルウェーの画家と言えばムンク、ムンクと言えば「叫び」と言うくらいに有名ですよね。
でも、賑わっては居ましたが、時々、人が途切れましたので、目の前でジックリと鑑賞することは出来ました。(嬉

また、この部屋自体がムンクの部屋で、ムンク作品がイッパイ展示されていましたので、それらもジックリと鑑賞出来ました。



あ、他の部屋には、ムンク以外にも、、

ポール・セザンヌや、、

画像

エドゥアール・マネや、、

画像

パブロ・ピカソら、、

画像

著名な画家の幾つかの作品が展示されており、これらもゆっくりとジックリと鑑賞出来ました。。


あ、ここには、こんな部屋も有りました。

画像

画家の卵たちですかね、、こうして絵の勉強をして何時かは名を成していくのでしょう。。


と、こうして国立美術館でジックリと鑑賞した後は、、

近くの公園で休憩しつつ。。

画像
画像


咲いていた花も、パチリ。

画像
画像



という事で、、

この後は、美味しいビールを飲みつつ昼食を摂ってから、、
オスロの街を後にし、オスロ空港を飛び立って、スウェーデンのストックホルム空港へと降り立ちました。


着いたのは6時頃で未だ未だ明るかったのですが、

ホテル周りに余り散策する場所が見えなかった事も有り、夕食を摂ってから、この日も早くにベッドに。。


to be continued ・・






-- オスロ --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 58
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フログネル公園おもしろい公園ですね
日本で言えば彫刻の森美術館みたいな
ものでしょうか?w
子供のオチンチンじゃご利益ないですねww
ムンクの叫びはこんな近くで見られるのですか?
ましてや写真もOK?
すごいな〜。。
やんま
2018/05/29 12:00
彫刻公園は個人的には趣味じゃないですが趣旨としては面白そう。

私はどちらかと言えば美術館のほうがいいなぁ…
真似やピカソやムンクがあって芋洗いじゃないなんてなんという天国www
月奏曲
2018/05/29 20:42
やんまさん、こんばんは。

はい、この公園、これらの像を良く見て行くと色々な姿形・表情をしていて面白いです。こんな像は他では余り見られませんよね。
子供のオチンチン、何故、触る人が居るんでしょうかね、恥ずかしく無いのだろうかと逆に気に成りました。www
ムンクの叫びは、直ぐ近くで見られましたよ。勿論、絵画の前はガラスで覆われていましたけれど。。
ガイドに訊いたら、この美術館はフラッシュ無しなら全面撮影可との事でした。ま、流石に眼前での大写し写真を載せるのは控えましたけれど。。
空蝉
2018/05/29 23:56
月奏曲さん、こんばんは。

この彫刻公園、私も趣味では無いのですが、それでも見ていて面白かったですよ。こんなのは中々見られませんし。。
私は、どちらかと言えばぢゃなくて、比較すれば完全に美術館の方が好きですけどね。ムンク作品は部屋イッパイに、セザンヌやマネ・ピカソの作品もそれぞれ何点か有りましたし。。
イモ洗いどころか、作品の目の前で、ほぼ独占状態でジックリと観ていられました。
空蝉
2018/05/30 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
北欧旅行記 6 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる