旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北欧旅行記 10 (了)

<<   作成日時 : 2018/06/01 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 6

 
北欧旅行の滞在六日目(5/20)、
この日、午前中の観光を終えて昼食を摂って、午後からは世界遺産のスオメンリンナ島の観光へと向かいました。


港へと向かう車窓から、、

奥に見えるのが、ヘルシンキ中央駅ですね。

画像


そして、、

港から島の観光へと向かうと、遠くに午前中に観光したウスペンスキー大聖堂も見えて。。

画像


出港してから30分もしない内に、、

スオメンリンナ島が見えてきました。

画像


ここ、スオメンリンナ島は、、

ヘルシンキ沖に有る18世紀に造られた海防要塞の島で、6つの島から成り立っており、1991年に世界遺産に登録されました。


上陸すると早速、スオメンリンナ博物館へと、、

画像


ここには、スオメンリンナ島の夏冬写真が有ったので、、
画像
そんな写真を、改めてGIF動画にして見ました。。ww

凄いですねぇ、冬になると、この島と海はこんな風に完全に雪と氷に覆われて仕舞うんですね。

ま、お陰で、島へは車でも氷上を走って行けるみたいですけど。。ww



そんな事を思いながら、早速、島内の観光へと。。

画像
画像
画像


ここは、世界最古の乾ドッグの一つで、、

今も現役のドッグとして使われているとか。。

画像
画像


今では普通に見られる乾ドックですが、、

この地では冬になると海が凍り、そんな凍った海に木造船を放置すると氷の圧力で船が壊れて仕舞うので、それを防止する為に生まれたとのこと。。


その為、ここは海水の堰き止め・抜き取りが可能との事でした。

画像

冬になると、この台の上に船を載せてから海水を抜いて、氷による船の破損から守るようです。



そして、これが、、

この要塞を設計したエーレンスヴァルドの墓です。

画像


そして、その先には、、

こんなエーレンスヴァルド博物館が。。

画像
画像
画像

元はエーレンスヴァルドの住居でしょうか、、

1855年のクリミア戦争時に要塞は艦砲射撃で破壊されましたが、ここは被害を免れたのでしょうかね。


この後も、島内をグルッと散策して。。

画像


これが、キングスゲートだったかな。。

画像
画像


ここを抜けると、、

こんな星型の要塞が見えます。

画像
画像


ここは、ヘルシンキへと到着したクルーズ船上から見えた、この景観の場所ですかね。

-- クルーズ船デッキから --
画像


ここには、、

こんな、昔の大砲の残骸が残って居ました。

画像
画像


ここからは、こんなトンネルを潜って。。

画像
画像



こうしてフェリー乗り場へと戻って、、

フェリーに乗って、スオメンリンナ島を後にしました。

画像
画像


見ると、乗って来たクルーズ船のシリヤラインがストックホルムへと戻って行きます。

画像



そして、、

この後は、ホテルへと戻って、、 でも、未だ明るかったのでホテル周りをブラブラと散策してみました。

画像


すると、、

ホテル前には一周2km近い湖 (池?) が有ったので、この日も2周ほどウォーキングしました。


中々良い綺麗な散策路が有ったので、、

翌朝 (5/21)には、出発前の2時間ほど鳥撮りしてみました。

画像
画像

画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像

これは、カンムリカイツブリでしょうか、、
何れにしても、残念ながら日本で見られないような珍しい綺麗な鳥は見られませんでした。



という事で、、

暫しの鳥撮りを楽しんだ後は、ヘルシンキ空港からスカンジナビア航空機で飛び立ち、コペンハーゲンへと。。
そして、またコペンハーゲンを飛び立って、翌日 (5/22) の朝には成田に降り立ちました。


今回の旅、7泊9日で北欧4ヶ国を周遊するという忙しい旅でしたが、中々楽しめた旅でした。
ま、北欧に行ってみたいと思いつつも、、特に 「ここ」 と言う場所が見つからなかったので今回は周遊旅としましたが、、
行ってみた結果では、ノルウェーが最も再訪したい国でしたね。

今度は、いつか秋口にでも紅葉とオーロラ鑑賞を兼ねて、フィヨルドとナショナルツーリストロードをゆったりと訪れてみたいものです。


-- The END --






-- スオメンリンナ島 --



P.S.
 そう言えば、この国も自転車通勤・通学の人達が多いのですが、、流石に自転車マナーは日本に比べると圧倒的に良いですね。
曲がり角で見ていたら、10人が10人、ほぼ全ての人が次々と手信号を挙げて曲がって行きます。
画像
画像
日本では、先ず見られない光景ですね、日本の運転マナーの悪さを改めて思い知りました。 こういう所は、日本人も是非 見習って欲しいものです。


P.S.2
 今回の旅、初日のデンマーク入国時に審査官から「次に行く国名」を聞かれて困りました。
出鱈目を言うワケにも行かず、仕方なくバッグから旅程表を出して答えました。 シェンゲン協定の関係だとは思うのですが、結構、他にも色々と聞かれました。 周遊旅の際は、ツアーとは言え、旅程表は頭に入れて置くべきですね。(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ノルウェー・フィンランド・スウェーデンはシェンゲン協定で『ヒト』の移動は域内OKですがEU域外なので『モノ』の移動に関して若干の制限(特に薬物・酒類)とかなんとか…の関係のチェックじゃないのかなぁ?

ちょっと五稜郭ぽい要塞が…これも今では観光地なのかぁ

ブログ見る限りでは結構な駆け足でいいのか是?と思いましたが存外満足されるようなので充分だったのですね。

私お尻重いからじっくり滞在しちゃうタイプなので…ツアーにも慣れないとなぁ
月奏曲
2018/06/02 19:20
月奏曲さん、こんばんは。

どうなんでしょうね、「次はノルウェーです」と答えたら、この件については、これ以上質問は有りませんでしたけど。なので、次の国もシェンゲン協定国なのかの確認かと思ったのですが。。
ま、シェンゲン国じゃなかったらどうだったのかは分からないですけど。ww

はい、この要塞、私も五稜郭を思い描きました。でも、こういう場所は俯瞰視しないと全体像が見えませんし、そういう意味ではクルーズ船デッキから見ていて正解でした。ww
いえいえ、いくら何でも、もう少しゆっくりジックリ観光する旅の方が良いですね。もし機会が有れば、今度はノルウェーをゆったりと周りたいと思いますが、、次回は、秋に紅葉も兼ねてでしょうかね。
あ、ツアーの良いトコロは移動が楽って事ですね。時刻表と睨めっこしての電車・バス移動は面倒ですし、国内みたいにマイカー移動なら良いのですが、、、あ、海外でもレンタカー乗り捨てなら良いのか‥。ww
空蝉
2018/06/03 00:04
駆け足旅行とは言え
通して天気も良かったようで
良い旅だったのではないですか
北欧はやっぱり行きたい場所です
自然と綺麗な街。。。良いです
やんま
2018/06/03 13:06
やんまさん、こんばんは。

はい、これだけ一気に回る本当に駆け足の周遊旅でしたが、忙しいのは覚悟して居ましたし充分に楽しめました。
北欧、自然が豊かですし良い国ですね、治安も良いし。あ、でも、寒いのは嫌いなので、真冬に来たいとは思いませんけど。。ww
空蝉
2018/06/04 00:10
野鳥5枚目の芝生にいるのはノハラツグミでしょうかね?日本では珍しく新聞に載ったりします。私はまだ未見ですね。
とりあえず鳥でも
2018/06/05 22:07
とりあえず鳥でもさん、こんばんは。

ありがとうございます。野鳥写真5枚目のはノハラツグミなんでしょうかね。唯のツグミと少し違うとは思ったのですが、今一、確信が持てずに撮りました。
日本では珍鳥なんですか、そうなると撮って良かったと思えます。ありがとうございます。
空蝉
2018/06/05 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
北欧旅行記 10 (了) 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる