旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中欧旅行記 8

<<   作成日時 : 2018/06/24 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 4

 
中欧旅行の滞在四日目(6/13)、
この日の朝もプラハのホテルで目覚めて窓の外を眺めると雨が降って居ました。 実は、前日に近くに鳥撮りできそうな公園を見つけていたんですけどねぇ。 残念。

という事で、運動不足を補う意味でも、ホテル屋上13階までの階段を何往復か。 頸動脈狭窄の診断を受けてから地味に努力を続けました。ww



この日の観光は、バスに乗って南下すること180kmほど、チェコ内に有る世界遺産の街・チェスキークロムロフへと向かいました。

でも、到着しても未だ雨は止まず、、

チェスキー・クルムロフの街は雨に煙って居ました。。

画像
画像

ここは、人口1.4万人程の小さな町で、、
古くは13世紀に城と町の建築が始まり、その後、数々の紛争・戦争の渦中に巻き込まれる変遷を繰り返し、大戦後は一時は荒廃した無人の街となったようですが、、
1990年代に入り漸く街も復興し世界遺産に登録されたことで、今や人気の観光地となっている様です。


これが、チェスキークルムロフ城とその塔ですね。

画像


雨の中、そんな城へと向かって歩いて行きます。

画像


そして、、

これが第四の中庭からみた城です。

画像


そして、、

こんなトンネルを潜って、、

画像


第三の中庭へと。。

画像


そして、、

第二の中庭と、、

画像


更に第一の中庭を抜けて、、

旧市街へと向かいます。

画像

こんな街並みを歩いて。。

画像
画像


床屋橋を渡り、、

画像

この床屋橋、昔、この橋の袂に床屋が有ったのでそれに因んで床屋橋(Barber's bridge)と呼ばれている様です。


そんな橋の袂に有った、、

聖ヤン・ネポムツキー像です。

画像

あ、この像にはカレル橋に有った様な「橋から落とされるレリーフ」は有りませんね。 その為か、皆が触れた跡も有りません。ww


そして、、

この後は、市庁舎前の広場で自由行動に。。

画像
画像
画像
画像


壁には、こんな絵も。。

画像
画像

幾つか有りましたが、これは一時ここの領主となったシュヴァルツェンベルク家の紋章で、
このカラスが突いている生首はトルコ人とのこと、、、これはオスマントルコに侵略された恨みから??


そして、、

この後は街をブラブラと散策したのですが、、雨が降っているし、ちょっと滅入っていて。。

それでも、聖ヴィート教会へと。。

画像
画像


そして、、

その後も街中をブラブラと。。

画像
画像
画像


見晴らし台から眺めると、、

画像
画像


こんな雨の中でカヤックを楽しんでる人も。

画像

やっぱり、欧州人は雨に強いですね。www



でも、私は雨に弱いので、、

こんな写真を撮っただけで。。

画像

それにしても、可愛らしい街ですよね。 こんな可愛い小さな町ですから、「世界で最も美しい街」の一つと言われているとか。。


という事で、30分程の自由散策を終えて、、

こんな水車小屋の横を通って、、

画像

観光地図には水車小屋と書かれていたのに、水車は動いてません。 それに何となく中途半端に改修されている様な。ww


そして、、

最初に観光したチェスキークルムロフ城の中庭へと続く橋を見上げながら、、

画像


上を歩いているときは気付きませんでしたが、、

こうして見上げると、なかなか素晴らしい石橋でしたね。

画像
画像



という事で、、

チェスキークルムロフの街を観光した後は、またバスに乗って、南東180km程に有る次の観光地・オーストリアのウィーンへと向かいました。
が、ウィーンのレストランで夕食を摂って外に出たら暗くなってましたので観光(散策)も無く、、ウィーン観光は翌日から。。


to be continued ・・






-- チェスキー・クルムロフ --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雨模様で残念でしたね
でも写真的には雨でしっとりとした
綺麗な街並みの良い感じです
落ち着いた街並みの床屋橋の
上がカラフルで面白いですねw
やんま
2018/06/25 01:56
やんまさん、こんにちは。

雨はねぇ、写真には大敵で困りました。下向きアングルは未だしも、見上げるアングルが撮り難くて。。
確かにしっとりした街並みは見られるのですが、、街並みを眺めつつゆったり散策するって気にも成れなくて。古都・京都の雨なら和傘を差しての和服散策が似合いそうなんですが、この古都だと。。ww
床屋橋も本来はしっとりと散策するポイントなんでしょうが、カラフルな傘が毒キノコみたいに咲き乱れていました。www
空蝉
2018/06/25 12:42
最初の感じがベルンの旧市街みたいな気がしました。
コンパクトにまとまっていて箱庭みたいな可愛い市街でそれでいて重厚な防御壁に囲まれてるみたいな。

ただし進んでいくうちにやっぱりベルンより進んでるというか都会というかベルンが田舎というかwww

なんというか洗練され具合が違いますね。

最後の橋、これ重厚でいい感じですねぇ…

しかし私もいい加減ボキャブラリ貧弱だなww
月奏曲
2018/06/25 21:17
月奏曲さん、こんばんは。

あ、ベルンですか、、でも、ベルンよりこちらの方が田舎(?)の気がしましたけれど。ま、ベルンは、ここ以上にチラッとしか観光してませんけど。。ww
でも、欧州には、こんな城壁に囲まれた小さな街が有って良いですよね。
ここも雨降りじゃ無ければ、もう少し色々と見て回りたかったのですが、、何れにしても時間が短過ぎました。。
この橋、下から見上げると中々素晴らしいですよね。
ポキャは、、ブログ書いていて、いつも情けなくなります。(泣

空蝉
2018/06/25 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
中欧旅行記 8 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる