旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中欧旅行記 9

<<   作成日時 : 2018/06/25 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 6

 
中欧旅行の滞在五日目(6/14)、
この日、ウィーンのホテルで目覚めると近くを散策してから、バスに乗ってウィーン市街地観光へと向かいました。


この日、先ず向かったのは、、

シェーンブルン宮殿です。

画像
画像


門から入ると、、

目の前にシェーンブルン宮殿が。。

画像
画像
画像

ここは、18世紀頃に建築された宮殿で、
その大きさは、端から端まで180mほど有り、全ての部屋を合わせると1441室も有るという巨大な宮殿です。

という事で、、

先ずは中へ入る前に庭園へと回り込むと、、

画像

その宮殿の横にも、こんな庭園が。。

画像
画像

残念ながら、薔薇はちょっと遅かったですけど。。


そして、、

宮殿の裏側へと回り込むと、、

画像


そこには、こんな広大で綺麗な庭園が広がって居ました!

画像
画像

あの遠くに見える建物は、グロリエッテと言ってプロイセン戦の勝利と戦没者慰霊の碑とのことでした。

そして、この後は、いよいよ1441室も有る内の公開されている45室程を見学したのですが、
中にはマリー・アントワネットやウィーン会議など、歴史の大舞台に登場した数々の素晴らしい部屋が見られました。

ただ、残念ながら撮影禁止で一枚も写真は有りませんけれど。。



そして、この後は、、

フォルクス庭園へと。。

画像
画像

ここは、一面の薔薇が綺麗な事で有名な庭園ですが、やはりちょっと遅かったですかね。
それでも、未だ少し咲いていましたけれど。。 ヨカッタ。


これは、皇后エリザベート像です。

画像
画像

オーストリアでは、シシィの愛称で親しまれているとのこと。


そんな像を見ながら、、

庭園内を更に歩いて行くと。。

画像


これは、カール大公騎馬像ですね。

画像

この嘶く騎馬像、なかなか躍動感が有って良いですね。



これは、、新王宮だったかな。。

画像

前の車が邪魔なので、余り近付いて撮りませんでしたが。。



そして、、

フランツ皇帝像の前を通って、、

画像


ホーフブルク王宮へと。。

画像
画像
画像
画像



ま、この辺は、全て外観写真だけですけれど。。


そして、この後は、、

街の中心となるケルントナー通り散策に向かい、、

画像
画像
画像
画像
画像
画像


そして、

ここで、午前中の市街観光を終えて、レストランで昼食を摂りました。


それにしても、やっぱり私はこういう市街地・繁華街の人通りの多い観光地より、自然風景の観光の方が向いていますね。

シェーンブルン宮殿内が撮影禁止でしたので、この時の写真は余り多くは無いですが、雑踏の人いきれと騒音とで少々疲れて仕舞いました。 お陰で、記憶を頼りの写真整理も儘ならず。。(汗


という事で、、

この後、午後からは美術史美術館の観光へと向かうのですが、、 それは、また後ほど。。


to be continued ・・





-- ウィーン --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私のウイーンの思い出は王宮で天皇、皇后
様にお会いしました、ウイーンの森でワイン
を飲みながら夕食をしました、また路面電車
のリンクの内側を散策しました、とても懐かしい
思い出です。
poneis&たかちゃん
2018/06/26 09:18
poneis&たかちゃんさん、こんにちは。

そうですか、私にはこの街は大き過ぎて人(観光客?)に溢れて居過ぎましたね。もう少し静かにゆったりと散策したかったです。
私的には、もっと素朴な田舎町の方が好きで、、、ま、だからこそ、栃木の片田舎に住んでいるんですけど。ww
空蝉
2018/06/26 13:48
 ベルばら〜 
(最初の方の、アントワネットの子供時代)


Nyanta
2018/06/26 21:13
ウィーンはよそいきな街だからなぁ…

老舗観光都市続いてると流れでいい感じなんだろうけど今回は割と素朴で昔ながらの街並み続いてたからちょっと毛並みが違っちゃいますね。

普段だとこちらのほうがシャレオツだと思うんだろうけど今回はプラハのほうがいいなぁ
月奏曲
2018/06/26 21:34
Nyantaさん、こんばんは。

え? ベルばら?
あぁ、ベルばらにはマリー・アントワネットが登場するみたいですね。読んだことも観た事も有りませんけれど。。(汗
あ、そう言えば、ベルサイユとは違っても、ここにもバラが咲いていましたね。
空蝉
2018/06/26 23:02
月奏曲さん、こんばんは。

はい、昔ながらの田舎町の方が被写体としても良いですしね。ここ、ウィーンはちょっと都会過ぎました。
ま、歴史的建造物は色々と有りましたけれど。。
はい、プラハの方が、私的には断然良かったですね。プラハならもっと自由散策の時間が有っても良いと思いましたし。。
空蝉
2018/06/26 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
中欧旅行記 9 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる