旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 2

<<   作成日時 : 2018/07/07 14:53   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在初日(6/30)、
この日、アゼルバイジャンの首都バクーのホテルで目覚めると、窓からはこんな景色が見えました。


ビルの谷間から遠くカスピ海も見えます。

画像

そんな中、ホテル前の道を散策してみましたが、、

画像

残念ながら、ホテル前はこんな感じで余り景色も良く無くて、、 
ま、起き出したのが少し遅かった所為も有りますが暑かったので短めの散歩にしました。


という事で、、

この日の観光は、朝から日差しが強くて暑くなっていたバクー市街地の観光から始まりました。


前夜、イルミが綺麗だったビジネスセンター&ホテル、、

画像

明るい中で見ても、なかなか格好良いですね!



そして、、

また、殉教者の小路を歩いて行くと、、

画像


昨夜は暗くて見えなかったカスピ海が漸く見えました。

画像
画像
画像


海岸から丘上に広がった市街地もクッキリと。。

画像
画像




こうしてバクー市街を観光した後は、、

またバスに乗って、50kmほど南西にある世界遺産のゴブスタン遺跡の観光に向かいました。


途中、車窓からこんな景色を見ながら。。

画像

こうして、至る所に油田が見られます。

画像
画像




そして、走ること一時間ほどで、、

ゴブスタン遺跡入口に有る博物館に到着。

画像

博物館の後方には遺跡(岩山)が見えます。


先ずは博物館へと入ってみると、、

ここは遺跡の展示と言うよりは、遺跡の説明館でした。

画像

中は、こんな感じの展示がされていました。

画像
画像


軽く館内を観て歩いた後は、、

いよいよゴブスタン遺跡の観光へと。。

画像


ここ、ゴブスタン遺跡は、、

今から5千年から2万年近く前の多くの岩絵が残されており、その歴史的価値から2007年に世界遺産に認定されました。

画像


進んで行くと、

そこに現れたのは、こんな岩絵でした。

画像
画像
画像
画像

それにしても、岩壁を削っただけの岩絵が洞窟内では無いのに今もこんなに綺麗に遺っていたことが驚きです。
この地区の雨量が少ないからこそ、こんなに岩絵が保存できたんでしょうね。

ここに咲いていた、この花は何でしょう?

画像

見るからに、乾燥地帯に咲く花って感じがします。。




そして、、

この後は、またバスの車窓から こんな景色を見つつバクー市街へと戻りました。


この貨車はFRPタンクに見えますし、楽品輸送中ですかね。

画像

この工場も、何やら怪しい色の煙を吐き出しています。ww

画像



そして、着いたのは、、

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿です。

画像
画像
画像


ここは、16世紀頃に栄えたシルヴァン王朝時代の王宮殿で、バクー城壁地区と共に2000年に世界遺産に認定されています。


画像


これは、当時の浴場跡だったかな。。

画像


ここには、霊廟も有って。。

画像



更に、こんな足元の遺跡を見ながら歩いて行くと、、

画像


見えて来た、、

これは、、乙女の塔です。

画像

この名の由来は、、

この地を治めていた王が王女との結婚を強要し、それを逃れる為に王女がここからカスピ海に身を投げた伝説に由来するようです。
今はカスピ海の海面は遠くに引いていますが、当時はこの塔の下まで海面が来ていた様ですね。


そして、ここを出ると、、

こんな建物を横目に見ながら、、

画像
画像

これは、2020東京オリンピックスタジアムの当初案の設計者 ザハ・ハディド氏の設計した建物の様ですね。
わざわざ、現地ガイドからそんな説明も有りましたし、東京オリンピックスタジアムの設計変更の話題は、結構、海外まで知られている様ですね。ww


そして、、

この後に向かったのは、ゾロアスター教寺院。

画像

ゾロアスター教(拝火教)は、、
紀元前7世紀以前から古代ペルシアで信仰されていた一神教で、火を尊ぶことから拝火教とも呼ばれています。


ここはそんなゾロアスター教の寺院跡で、、

中には、未だ火が灯って居ました。

画像


そんな周りは博物館の様になっていて、、

中には、当時の修行者の人形が置かれていました。

画像
画像



こうして、

この寺院跡の観光で、この日の一連の観光を全て終えました。


それにしても、予定表を良く見て見ると、まるでカタール航空の遅れを予期していたかの様な計画に成っていて、、
この日の午前中の観光予定は組まれていませんでした。
そんな事から、前日の半日観光予定をこの日の午前中に組み込む事が出来て、全てを観光出来た次第です。

それにしても、もし計画通りだったら午前中はどうしたのか。 今回も事前調査をしてこなかったし。ww



という事で、、

ゾロアスター教寺院跡を観光した後は、バクー空港からジョージアのトビリシへと降り立ちました。

画像
画像


to be continued ・・






-- ゴブスタン遺跡は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり産油国らしくお金持ちな空気の佇まいな街並みですねw

ゾロアスター教の寺院跡とかあるとは知らなかったな。ちょっと興味深く拝見しました。どうしてもイメージ的におどろおどろしいイメージ(ブードゥーと間違えてるかも?w)ですが割とスッキリしたシンプルな寺院で好感持てますね。これは綺麗だなぁ…
月奏曲
2018/07/07 21:55
カスピ海が綺麗ですね
バグーって港町ですよね?
あまり港町って感じがしないけど。。。
ビジネスセンターホテルは凄いユニーク!
ホテル前の道もなかなか良いと思うけど
新旧混ぜ混ぜの街良いと思います
やんま
2018/07/08 00:04
月奏曲さん、こんばんは。

この後、ジョージア・アルメニアへと行ってみて、油田の有無による都市化・生活環境の違いを改めて思い知らされました。ww
ゾロアスター教信者は、今では世界で10万人規模と聞いていますし、殆ど過去の宗教に成って仕舞っていますね。そんな事も有り、この寺院も殆ど何も装飾の無いシンプルなものでしたね。
あ、完全にゾロアスターとブードゥーと混同している様な?? それに、ブードゥーって宗教なんですかね、何となく呪術の様な。。www
空蝉
2018/07/08 00:22
やんまさん、こんばんは。

バクーはカスピ海沿岸の港町ですね。
確かに、油田で潤っているから港町ってより近代都市然としていますよね。
カスピ海、遠くから見ると綺麗ですが、近くから見るとそうでも無いみたいですよ。港町ではあるけれど漁獲は余り無いみたいだし、、ガイドもカスピ海は余り綺麗でないようなことを言ってました。ww
このビジネスセンター&ホテル、なかなかユニークで良いですよね。こんなのが建てられるのもバクー油田の賜物でしょうね。ww
空蝉
2018/07/08 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 2 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる