旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 3

<<   作成日時 : 2018/07/07 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在二日目(7/1)、
この日、ジョージアの首都トビリシのホテルで目覚めるとバスに乗って世界遺産の街・ムツヘタ観光へと向かいました。


そして、

先ず観光したのはジュワリ聖堂です。

画像
画像


ここは、6世紀に建てられたジョージア正教会の聖堂で、聖ニノがこの地に十字架を建てたことがその起源とされています。


画像
画像



早速、聖堂内へと入ってみると、、

その中央には、十字架が立っていました。

画像
画像

これが、聖ニノが立てたと言われる十字架です。


この聖堂の丘からは、眼下にクラ川に合流するアラグヴィ川の流れと、ムツヘタの街が見えます。

画像


そして、街の中央に有る、、

これが、この後に観光するスヴェティツホヴェリ大聖堂です。

画像

あ、因みに、あの大関・栃ノ心の家は、この辺りに有るみたいですね。 流石に、ジョージアでも有名人ですからガイドが説明してくれました。ww


すると、、

ちょうど、上空をこんな猛禽が飛んでいきました。

画像

でも、こんな蛇を頭から丸呑みした姿は初めて見ました!




という事で、、

この後は、またバスに乗り、ムツヘタ市街にあるスヴェティツホヴェリ大聖堂へと向かいました。


駐車場に着くと、、

その先には、スヴェティツホヴェリ大聖堂が。。

画像
画像


駐車場から少し歩いて行くと、、

大聖堂へと続く門が見えてきました。

画像


この門を潜ると、、

目の前には、スヴェティツホヴェリ大聖堂が建っていました。

画像
画像


ただ、残念ながら ちょうどミサを行っていましたので、聖堂内に入ることは叶わず、、

入口の壁画と扉の彫刻を撮っただけで。。

画像
画像
画像


仕方なく、、

大聖堂の周りを一周しながら撮って、、

画像
画像
画像



この後は、、

参道沿いのお土産屋さんを覗きながら、、


画像

この軒先にはカラフルな棒状のモノが吊り下げられて。。

画像

これはチュルチヘラと呼ばれ、ナッツ類に果汁と小麦粉を塗したジョージア伝統のお菓子です。

私も試食させて頂きましたが、見た目から凄く甘いのかと思ったらそんな事も無く、素朴な味で結構美味しかったです。




ここを観光した後は、、

ジョージア軍用道路を一時間ほど北上して、次の目的地であるアナヌリ教会へと向かいました。


このアナヌリ教会は城塞内にある教会で、、

城門を潜って入ると。。

画像


眼下には、ジンヴァリ湖が広がっていました。

画像



そして、教会の壁には、、

素晴らしいレリーフが刻まれています。

画像
画像

その壁には、こんな古代文字(?)も。。

画像

ガイドから説明が有ったのですが、忘れて仕舞って。。(汗


それにしても、

中央のイコノスタシスが見事です。

画像
画像
画像

ただ、残念ながら、この教会もミサ中で、余りイコンやフレスコ壁画に近付いて観ることは気が引けて、、 こんな写真しか撮れませんでした。


という事で、教会内を少し撮った後は、、

教会周りも、少し撮って。。

画像


また、土産物屋を覗きながら、、

画像
画像
画像


駐車場へと戻り、またバスに乗って、ひたすらジョージア軍用道路を北上しました。


途中、車窓からは、こんな情景も見えて、、

キャンプしながらラフティングしています。

画像
画像


また、こんな養蜂箱も何ヶ所も見られました。

画像

この辺は蜂蜜の産地なんですかね。

標高も高くて暑さもそれ程では無かったですし、草花もイッパイ咲いていましたしね。



という事で、、

この後は昼食を摂ってから、天空に浮かぶサメバ教会の観光へと向かいましたが、、 それは、また後ほど。。

to be continued ・・






-- ムツヘタは、こんな場所に --



P.S.
 西日本を襲っている豪雨の被害が大変なことに成っています。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
数年前には当地でも鬼怒川やその支流が決壊したり溢れたりして甚大な被害が出ましたが、今回はそれを遥かに上回る膨大な地域で甚大な被害が出ています。
少しでも早く豪雨が収まってくれて、一日も早い救出・復興が叶うことを祈っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サカルトベロじゃなかったジョージアのあたりの教会は砦っぽいというか質実剛健というか堅牢で籠城できるイメージだったけどやっぱりそんな感じっぽいww

こういうほうが素朴で好きですけどねw
イコノスタシスが綺麗に光が漏れていて神々しいしww
いい写真ですねこれ。

腸詰かと思ったらお菓子だったのか…ちょっと食べてみたいww

海外のこのテントなお土産露店は見てて楽しいですねw日本じゃ無理なんだろうなぁ…


月奏曲
2018/07/08 19:42
月奏曲さん、こんばんは。

サカルトベロ、私もガイドさんから説明を受けたと思うのですが、直ぐに忘れて仕舞いました。なので、ここではジョージアで統一しています。ww
そうですね、この国の教会は派手さは無く質実剛健と言う言葉がぴったりの造りをしていますよね。ま、私は煌びやかなのは兎も角、ステンドグラスが綺麗な教会が好きですけれど、、写真写りが良いし。ww
教会内に入ると、蝋燭の薄煙にちょうど光が差していて本当に神々しく感じました。ま、これがステンドグラスの七色の光だったら、もっと・・。ww
私も最初は何かの腸詰かと思いました。形だけ見ると、そう思いますよね。
はい、土産は買わずとも、ビル街の土産店より、こんなテントの土産店の方が見ていても楽しいですね。
空蝉
2018/07/09 00:20
ジョージアやっぱり良いですね〜
同じ教会でも街中の教会より
自然の中の教会は本来の教会らしくて
好きです
あ〜私もこのお菓子食べてみたいw
やんま
2018/07/10 23:46
やんまさん、おはようございます。

はい、街中の実際に人々が礼拝に通っている教会も人間味が有って良いのですが、やっぱりこういう自然の中の教会って画に成りますから良いですよね。自然の中で頑張った人々が目に浮かぶようですし。。
このお菓子、素朴な味でしたからねぇ、日本で言うと、、、食べたこと無いかも。
空蝉
2018/07/11 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 3 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる