北陸中部旅行 1

 
9月1日から昨日までの4日間の旅行写真が何とか片付いてきたので、少しずつアップしていきます。

我が家を未明の3時頃に出発し、北関東道・上信越道・北陸道とひた走り、インターを下りて立山連峰が見えてきたのは(雲で見えないけどw)、8時近くになっていました。


画像

途中、雨が降ったり止んだりと、まるで台風の余波の様な天候でした。



駐車場に車を停めて、そこから歩いて行くと、、

断崖には、雨で無数の滝筋が出来ています。

画像

良く見ると、断崖の底の方(写真右下)には、何やら白いモノが。。

この時期でも、まだ雪が残っているんですね!

画像

標高が高いことも然ることながら、積雪量も凄いのでしょうね。



本来、天気も良くなかったので称名滝はパスしようかと思ったのですが、ここには雪解けの頃に見られると言うハンノキ滝もあります。

その滝が、この雨のお陰で見られるのではないか?と期待して。。


そして、期待通りに、、

見えてきました、ハンノキ滝です。

画像


年中無休(?)で流れ落ちている滝ではないので、これで雨の日にも関わらず来た甲斐がありました。(嬉


更に近付いて行くと、本命の称名滝が見えてきました。

左が称名滝で、右がハンノキ滝です。

画像

称名滝は、落差350mと言う日本で最大落差の滝です。
日本三大瀑布の華厳の滝で落差97mですから、何と落差が4倍近く有ります!

しかも、ハンノキ滝に至っては、何と落差500mも!!

落差だけで見れば、このハンノキ滝が最大なのですが、常時流れているのでは無いので日本最大落差の滝とは認定されていないようですね。


残念ながら、雨粒と滝の水滴が吹き付けてきて、レンズを拭いても拭いても水滴が付きます。

その中でも、一番良く撮れたのが、これかな。

画像


雨の中、1時間ほど雨が止むのを待ちましたが、、結局、小降りになっただけで ・・。(泣



この1時間の間に出会った観光客は二人だけでした。

流石に雨で観光客も居ないのかと思いながら駐車場に戻ると、そこには十数人の観光客が来ていました。何の事は無い、私が来るのが早過ぎたんですね。(汗



そう言えば、途中で撮った、この写真。
岩肌の溝がV字溝じゃなくてU字溝になっています。 これは、雨水による侵食でなくて、雪による侵食なのでしょうね。


まるで、氷河の侵食のようですね。

画像



小雨の降る称名滝を後にして山を下って行くと、雨は嘘の様に止みました。

思わずUターンしようかとも思いましたが、、、 称名滝は高地だから雨と思い直して、次の目的地へと向かいました。


to be continued ・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック