今日も渓谷へ。。

 

今日も渓谷の紅葉写真を撮りに行ってきました。

今日は一日中曇りの予報だったのですが、予報に反し10時頃から晴れて来たので、塩原渓谷に行ってきました。


渓谷入口から回顧(みかえり)遊歩道に入ります。

画像

画像


そして、先ずは回顧の滝に向けて渓谷を下って行きます。

でも、ここの標高は400m位なんですが、、
紅葉は、もう終盤でしょうか??

画像

観瀑台への吊り橋に向かっても、紅葉が少なくて。。

画像


吊り橋から、塩原ダムの上下流を見ても。。

画像

画像



そして、吊り橋を渡って、、
観瀑台から見えた、これが回顧の滝です。

画像

滝がダムの対岸なので、観瀑台からはちょっと遠いですね。



と言うことで、留春(りゅうしゅん)の滝に向けて、散策路を更に進むことにしました。

ただ、これが失敗。 最初は紅葉も見られたのですが、途中から針葉樹林になって、紅葉が殆ど見られなくて。。

画像

画像


散策路は標高差200m程の上り下りなんですが、紅葉を撮りながらでないと、ただ辛いだけで・・。 本当に悔悟の散策路になりました。(苦笑

ま、それでも、所々には紅葉も見られましたけれど。。

画像

画像

殆どは針葉樹で、広葉樹も枯葉色ばっかでした。

画像



一時間ほど歩いて、漸く着きました、、

これが、留春の滝です。

画像

近くで見られるだけに、この滝の方が見応えありますね。


水も透き通って綺麗です。。

画像

これは、この滝の直ぐ横にあった留春の吊り橋。

画像


元の散策路を戻るのは詰まらないので、帰りは留春の吊り橋を渡って旧車道沿いを戻ることにしました。


ところが、これが大正解!!

この旧車道沿いの紅葉は、最高に綺麗でした。

画像

画像


道の両側は紅葉した楓がいっぱいでしたが、、ちょうど紅葉したところで赤黄緑のグラデーションが綺麗ですね。

画像

画像

画像


この旧道沿いは、紅葉が一面に覆い被さって、、紅葉のアーケードです。

画像

画像


画像

画像



画像



画像

画像


途中で見えた、連珠の滝。

画像

これも途中に見えた、仙髯(せんぜん)の滝。

画像

ま、滝と言うには、何れも流れが細過ぎですね。(笑



綺麗な紅葉を堪能しながら、、、
途中のお地蔵さんにもお参りして。。

画像


回顧の滝の観瀑台が見えて来ました。。

画像



と言うことで、散策路の一周は終了。

最初は紅葉も終わったと思った塩原渓谷ですが、最後に素晴らしい紅葉に出会うことが出来ました。
ま、最初から車道沿いを散策すれば良かったって事ですね。

次回は、散策路は歩かずに旧道を散策することにします。(笑



さぁて、明日は雨予報ですね。

仕方ない、久し振りにカウチポテトしよう。。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 64

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

HT
2015年11月14日 09:24
おはようございます。
空蝉さんの近くには渓谷が沢山あっていいですねぇ。もっとも、車で行かれているのですから結構遠出にもなっているのかもしれませんが。そのおかげで綺麗な紅葉を楽しませていただいております。
帰り道の紅葉素晴らしいですねぇ。こんな感じの処がとても好きです。本当に最高の時でしたですね。
2015年11月14日 11:52
HTさん、こんにちは。

そうですね、関東平野へと続く利根川水系がある関東平野の端ですからね。逆に言うと、山と渓が近いって事ですから。(笑
そうですね、ここ塩原渓谷は車で大体1時間くらいの距離ですから、気軽に紅葉狩り&ドライブするには、ちょうど良い距離でしょうかね。
まさか散策路よりも車道の方が紅葉が綺麗だとは思いませんでしたが、お陰さまでとても素敵な時間を過ごせました。

この記事へのトラックバック