旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS インド・スリランカ旅行記 7

<<   作成日時 : 2018/02/20 23:33   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 6

 
インド・スリランカ旅行の滞在四日目(2/11)、

この日、スリランカ・シギリヤのホテルで目覚めて朝食を摂ってから、少しだけホテル周りで鳥撮りしてみました。
と言っても、出発前のホンの30分程だけでしたけれど。。



この道の先に、この日観光する予定のシギリヤロックが見える筈なのですが、、

朝靄で遠くは霞んで仕舞って見えません。。

画像



それでも、道沿いを歩いて野鳥を探していると、、

木の上に大きな鳥が居ました。

画像


近付いて良く見ると、、

何と、初めて見る 野鳥のクジャクでした!!

画像
画像


前日にガイドさんからクジャクが見られるとは聞いていたのですが、、まさか木の上に居るとは!!
野鳥のクジャクは初めてでしたし、クジャクが木の上にまで飛ぶことは初めて知りました!


この後も探してみると、、

その先の木にもクジャクが居ました!

画像


クジャクが木の上に居るってことは、クジャクが飛ぶ姿が見られるかも? と、この後、出発までの10分ほど待っていましたが、残念ながら飛ぶことは無く ・・。

それでも、ホテルへと戻ってツアー仲間にクジャクが居ることを教えて戻ってきたら、もう居ませんでした。。

この後、バスで移動しつつ探しましたが、クジャクは一羽も見つかりませんでした。 どうやら、早朝は木の上に居ますが、日が出て暖かくなると地面に降りちゃうみたいですね。

車窓からですが、地面にいるクジャクは2羽ほど見ましたし。。




という事で、、

この後は、シギリヤロックの観光へと向かいました。

画像

シギリヤロック前のこの辺には、昔はワニが居たとガイドさんが言っていましたが、、

それを裏付ける様に、池にワニが!

画像

余りにもタイミングが良かったですし、、これは観光用に放して居るんですかね?? ww


ここから少し歩いて行くと、、

その先にシギリヤロックが見えてきました。

画像

このシギリヤロックは、高さ200mほど有るマグマの固まった一枚岩で、、何となくオーストラリアのエアーズロックを思わせます。


このシギリヤロックは、、

紀元5世紀の頃にカッサパ1世がクーデターを起こし父・ダートゥセーナ王を殺害して王位を奪取しましたが、弟モッガラーナの反撃を恐れて、このシギリヤロック上に都を築きました。

しかし、結局は弟の軍に敗れ、この地でカッサパ1世は自害したとのこと。

その後は徐々に衰退し、、19世紀に入ってから、この岩山の壁面に描かれたフレスコ画・シギリヤレディが発見され、日の目を見るに至りました。



そんな、シギリヤレディを見るべく、、

岩山へと向かって。。

画像

画像


あ、この左側の岩には、、

ここにも壁画が有ったようですが、、、

画像
画像

微かに残っているだけで、、残念ながら殆ど見えません。(汗



更に少し進んでから見上げると、、

シギリヤレディへと続く階段が見えました。

画像

螺旋階段を上った先に、シギリヤレディーのフレスコ画が描かれています。


あ、その下に見える赤土色の壁はミラーウォールと呼ばれ、ここの岩に書かれていたシギリヤレディを映していたと言われています。

ただ、残念ながら現在はこの辺の壁画は消えて仕舞い、ミラーウォールは全く反射することなく唯の壁と化していましたが。。



観光客で渋滞する中を1000段とも言われる階段を上って行きつつ、眼下を見下ろすと、、

急な階段を観光客が連なって登ってきています。

画像

その横には、こんなサルも。。

画像


そして、、

いよいよ、シギリヤレディーへと続く、螺旋階段へと。。

画像


という事で、、

汗だくに成りながら、この後、シギリヤレディーの綺麗なフレスコ画が見られたのですが、、残念ながら撮影禁止でしたので写真は有りません。

でも、このシギリヤレディは、とても1500年近く経っているとは思えないほど綺麗に遺っていました!!


ガイドさんに訊いたら、案の定(?)、某大陸人の観光客増加に伴い撮影禁止になったようです。 やっぱり、マナー違反者が増えてきたのでしょうね、残念です。

尚、撮影禁止になったのは最近とのことなので、ネット上にはその美しい壁画写真がいっぱい残されていますので、気になる方は是非検索してみてください。



そして、シギリヤレディー観光を終えて、また螺旋階段を降り、ミラーウォールを通って更に上っていくと、、

見えて来た、これがライオンロックです。

画像

ま、階段横のライオンの前足しか分かりませんが、、。



ここに上って見下ろすと、、

こんな素晴らしい景色が見えました!

画像


しっかし、流石は常夏の国・スリランカです。
この頃には、かなり暑くなっていて、ここまで来るのに汗だくでした。

それでも、朝から上ったから未だ良かった方で、これが昼近くなって上ったらと思うと、、恐怖ですね。(激汗



そして、、

シギリヤロックの頂上へと行くと、、

画像


ここには、こんな沐浴場も残っていました。

画像
画像


という事で、、

ここで暫し写真を撮ってから、また階段を下って、元来た道を戻り、、

画像


この先に有ったシギリヤ博物館を観光したのですが、ここも残念ながら撮影禁止でした。


という事で、、

この後は、ダンブッラへと移動して、ダンブッラ黄金寺院を観光したのですが、、、 それは、また後で。。


to be continued ・・






-- シギリヤロックは、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 クジャクが木に止まっている!
 飛べることは知っていましたが…
あきあかね
2018/02/21 09:08
あきあかねさん、おはようございます。

はい、私もクジャクが飛べることは知っていましたが、もっと低くしか飛べないと思っていました。
木に止まったクジャクなんて初めて見ましたし、こんな木の上に居るとは、と驚きでした。
空蝉
2018/02/21 09:35
はじめまして。
気持ち玉をありがとうございました。
とても、素晴らしいお写真ばかりですね。
特に、クジャクの写真は素敵です。
また、見せて下さいね。
チャーミング
2018/02/21 16:57
チャーミングさん、こんばんは。

ありがとうございます。でも、今回の旅は慌し過ぎて、、失敗写真がいつも以上に多かったですけど。(汗
クジャク、大きいし全く逃げなかったのでジックリと何ショットも撮れました。出来れば、クジャクの飛んでいる姿も撮りたかったのですけど。。
空蝉
2018/02/21 23:00
アジアの遺跡って森の中にボコってある感じなのが雰囲気あっていいですね、タイとかカンボジアとかもそう。

割ときれいに遺跡残ってるし眼下の景色も良いしここいいですねぇ…暑くなければwww

サルは病原菌がちょっとやばい…
月奏曲
2018/02/22 21:20
月奏曲さん、こんばんは。

そうなんですよね、熱帯樹林で隠れていて近年になって発見されたって遺跡が多いですし、そんな雰囲気がアジアらしくって良いですよね。
写真では撮れませんでしたが、ここのシギリヤレディの壁画は、本当に綺麗なままで残って居ましたよ。某大陸人のマナー違反者さえ居なければ、撮影禁止になっていない、、と思ったら、禁止写真を撮って高額罰金を払ったマナー最悪な日本人も居たみたいですけど。(怒!
空蝉
2018/02/22 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド・スリランカ旅行記 7 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる