旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 7

<<   作成日時 : 2018/07/10 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在四日目(7/3)、
この日、アルメニア首都エレバンの西にあるエチミアジン大聖堂を観光した後に向かったのは、エレバンの東15km程の地に有るガルニ神殿です。


これがそのガルニ神殿で、、

アルメニア唯一のヘレニズム建築と言われています。

画像
画像


古代ギリシャ・ローマの影響を受けて建てられたのは、紀元前3世紀頃と言われていますが、、
残念ながら17世紀に起こった大地震で倒壊し、1970年代になって修復されて現在に至っているとの事でした。


近付いて良く見ると、、

至る所に修復の後が見られます。

画像
画像
画像
画像


中へと入ってみても、、

至ってシンプルな造りとなっていました。

画像
画像


そして、この近くには、、

ローマ時代を彷彿とさせる風呂場跡も。。

画像
画像



尚、この裏にあるアザット谷は、
「ストーンシンフォニー」の名で世界自然遺産に登録されているとのことで、、

画像

この谷を下ると、北アイルランドで見た「ジャイアントコーズウェイ」で見たのと同じ様な六角柱の玄武岩群が見られる、とか。。



そして、この後は、、

また東へ10kmほど移動して、山中の岩を繰り抜いて建てられた、世界遺産・ゲガルド修道院の観光へと向かいました。

画像
画像

ここは、4世紀には既に建てられていたと言われており、
最も早くキリスト教を国教と定めたアルメニアに有っても、最も古い聖堂との事でした。


早速、中へと。。

画像


中は、こんな感じのシンプルな聖堂に成っていました。

画像
画像

ここでは、聖歌も合唱してくれて。。

画像


ここで、一度、外へと出て、、

この下に有る、もう一つの岩窟聖堂へと入ってみました。

画像


尚、こちらの中央聖堂は、13世紀に建てられたと言われており、
天井にはイスラム建築のムカルナスと思しきドーム装飾が見られました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

因みに、ゲガルトとは「槍」を差し、今はエチミアジン大聖堂にあるロンギヌスの槍も、元はここに隠されていたとの事です。

裏山(?)には、こんな石橋も。。

画像

何となく太鼓橋を思わせて良いですね。



そして、、

この後は、またエレバンの街へと戻りましたが、まだ明るかった事も有り、ホテルに入る前に少しだけ市内観光をしました。

先ずは、カスケードと呼ばれる滝に見立てた場所へ。。

画像
画像

この階段を上るのはちょうど良い運動と思ったのですが、、団体行動なので、エスカレーターを使って上りました。ww
いえ、今回の旅行では早朝散歩が出来なかったので、この日も一万歩を歩いてなかったんですよね。(汗

画像
画像


滝(?)の上からは、こんな景色が。。

画像
画像
画像

遥か遠くに、アララト山が薄っすらと見えます。。




そして、、

この後は、見下ろした先に有った共和国広場へと。。

画像
画像
画像


そして、、

夕食を摂ってから、また共和国広場へと戻ってくると、広場は人で溢れて居ました。

画像


やはり、陽も陰ってやや涼しくなって来ると、人も外へ出て涼みたくなってくるのでしょうか。。


と、そんな事を思いながら、連泊となるエレバンのホテルへと入り、シャワーを浴びてゆっくりと眠りに就きました。

to be continued ・・






-- 世界遺産・ゲガルト修道院は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ガルニ神殿は立派ですが本当に
修復だらけですね
もう少し上手に修復して欲しかったww
パッチワーク見たいw
岩窟聖堂はステキ!
なんかの像は同じものを向き変えただけ?
ちょっと笑った
やんま
2018/07/11 00:15
やんまさん、おはようございます。

はい、このガルニ神殿は可成りラフに修復されていました。幾ら何でももう少し綺麗に修復できただろうに、と私も観ていて思いました。これじゃぁ、素人仕事ですよね。ww
岩窟聖堂、その昔にこんな岩山を削ってこんな聖堂を建てたんですから凄いですよね。全て、コツコツと手仕事で掘ったワケですしね。
あ、相向かいに彫られている像は牛みたいですね。思わず笑ってしまう、可愛らしい表情をしていますよね。ww
空蝉
2018/07/11 10:33
ガルニ神殿、日本だとすぐ崩落しそうww怖いwww

岩窟聖堂、初期は異教・異端ですから隠れて信仰してたでしょうからこうなるんでしょうけど素晴らしいですね。

建物ではなく岩くりぬいてるからこその薄暗さと荘厳さがなおのこと信仰心かきたてそうww

カスケードはちょっとわからないwww
月奏曲
2018/07/12 21:31
月奏曲さん、こんばんは。

そうですよね、ガルニ神殿、遠目には立派な神殿でしたが、近付いてこの修復状態を見たら怖くなって仕舞いました。地震が有ったら忽ち壊れそうですよね。
岩窟聖堂、やっぱり隠れて静かに修行するにはこういった洞窟内の聖堂が最適なんでしょうね。静かだし寒暖の影響も受け難いし。 ここで声を出すと響くから静かに聖書を唱えるにも最適そうですし。。
カスケード、私もその目的が良く分かりませんでした。ww
空蝉
2018/07/12 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 7 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる