独り言。。

 
明日は、父の命日です。

そんな七回目の父の命日にあたり、思うことを徒然に。。



不幸とは、何か?

今にして思うと、隣の芝生が見える事なのかも? 見えなければ、日本人は ほぼ皆、「中流」なんだと思いますし・・。


因みに、実家は農家で、いつも父や母の働く姿を見て育ちました。

あの父と母の頑張りが有ったからこそ今の自分が居ますし、期待を裏切れないと無理してでも頑張れました。 両親の苦労を思えば、私の当時の苦労なんて未だ未だと。。


今年も成人式が各地で行われた様ですが、、当時は成人式に出たいとも言い出せませんでした。 大学に出して貰っただけでも大変だったのに、そんな事になんてとてもお金は使えず。。

田舎なので、当時は今みたいにバイトなんてのは殆ど無くて、したくても出来なかったですし。。



社会人となり、昔のバブルが弾ける前は時間外労働200時間なんて毎月普通にやって居ました。 酷い時は300時間越えすらも。。
昔懐かしいプロジェクトXを地で行って居ましたから。。

辛かった、確かに辛かった。でも、社内では皆が頑張っていましたし、両親の頑張りを思うと、私も頑張ろうと思えました。


でも、今にして思えば、井の中の蛙にして、隣の芝生(他社)が見えなかったからこそ、頑張れたのかな?とも。 

当時はインターネットなんていうツールも無かった時代。
忙しさにTVを見る事も無く、隣の芝生に気を取られる事も無く、、ただ只管頑張って居ました。 なので、今の様なツールが有ったら、転職もせずにあれ程に頑張れたかどうか。。

でも、それだけの忙しさだったからこそ、偶の休みも充実した時間を送れたような気もします。


それが、今は時間を持て余している自分が居て、、 当時とのギャップは凄まじい。

でも、バブルが弾けたお陰(?)で、今の人生第二章に入る前にそれが緩衝材となった感も有ります。 もし、あの忙しい頃に急に人生第二章に入ったらと思うと、、、恐怖です。




今になって改めて思います、、

やっぱり、親の背中って大事だと。。


両親には感謝しか有りません。 もう少し早く人生第二章を迎えていたら、、 もっともっと親孝行をしたかった。。