ガラパゴス旅行記 1

 
2月12日から一昨日(2/19)までガラパゴス旅行に行って来ました。


今回は成田からANA機で12日夕刻に飛び立ち、日付変更線を越えて同日午後にはメキシコシティに降り立ちました。

でも、エクアドルの首都キトへと飛ぶエアロメヒコ便が深夜1:10と言うことも有り、暫しメキシコシティ空港横のホテルで休憩しました。
この休憩が有ったことで、今回は久し振りに機内ではメキシコまで映画を観続けて到着です。ww


と言うことで、、

この後は深夜にキトへと飛び立ち、キトで暫しのトランジットタイムの後、LATAM機に乗り換えてガラパゴス諸島のバルトラ島に降り立ったのは、13日の昼頃に成っていました。


LATAM機でキトを飛び立って。。

画像

あ、でも、キトからガラパゴス便に乗るまでも、これは国際線か?と思う程に検査が厳しかったですね。 ま、入島に必要なツーリストカードは現地スタッフが入手して置いてくれたので、そこだけは助かりましたが。。


途中グアヤキルを経由したものの、、

3時間半程すると、ガラパゴスの島々が見えて来て。。

画像
画像


そして、、

いよいよ、空港の有るバルトラ島に降り立ちました。

画像
画像

結局、成田を飛び立ってから35時間ほど掛かったことに成りますし、、 やっぱり遠いですね。



因みに、ここ、ガラパゴスは、、

島全体が世界遺産に認定されており、1978年に世界で最初に世界遺産に認定された12ヶ所の内の一つと成っています。

尚、入島には別途、ツーリストカードに$20と入島税$100が掛かりました。 ちょっと高いですが、世界遺産の島を維持管理して行くには必要なのでしょうね。



そして、、

ここからは、バスに乗り換えて。。

画像
画像


港まで移動し、、

ここからはフェリーで隣の島・サンタクルス島へと。。

画像
画像
画像

ここは、幅500m程の海峡でしたが、、サンゴが有るのか、海がとても綺麗でした!


ここ、サンタクルス島で最初に観光したのは、、

溶岩流跡が陥没した巨大な穴です。

画像

ちょっと近過ぎて全体像が撮れませんでしたが、、
直径数百mの巨大な穴で、ガラパゴスは火山島と言うことも有り、至る所に噴火口やこうした崩落穴が有りました。


ここでは観光ガイドが付いたのですが、
その注意の中に「ガラパゴスの国立公園内ではガイドを付けずに散策禁止」の旨の説明を受けました。
確かに散策路から外れて行動すると自然破壊に繋がりますが、散策路も自由に散策出来ないのは、ちょっと残念でした。


そんな中、ここで撮った鳥たちを、、 ま、何れもDA18-135なので、イマイチ写真ばかりですけれど。。

これは、ガラパゴスヒタキモドキでしょうか。。

画像


これは、ウッドペッカーフィンチ。

画像
画像

この鳥、鳥なのに枝を使って木の穴から虫を取り出して食べることで有名だとか。
あ、この写真でも枝を咥えていますね、、ピンボケだけれど。。ww


この黒い鳥は良く見ましたが、、ガラパゴスフィンチでしょうか。

画像



こんな鳥撮りをしながら、、

もう一つの陥没穴も観光して。。

画像
画像

遠くには、綺麗なエメラルドグリーンの海が覗いています。



ここを暫し観光した後は、、

ガラパゴスゾウガメ保護区の観光へ。。

画像
画像

広い敷地内には、至る所にゾウガメが居ました。 写真の石の様に見えるのはゾウガメです。

ゾウガメ、こうして近くで見ると可愛いです。ww

画像
画像


そして、、

ここでも、ちょっとだけ鳥撮りを。。

これは、コシグロクサシギ?

画像

これは、バンの一種?

画像

これは、、ホオジロオナガガモ??

画像


でも、この時もDA18-135しか着けていなくて、、

何とか真面に撮れたのは、これくらい。。

画像

これは、キイロアメリカムシクイでしょうか。

ゾウガメ保護区だからDA300なんて不要と思って持って行かなかったのが失敗でした。
ま、バスまで戻れば持って来られたんですけれど。。ww


そして、この後は、、

溶岩トンネルを観光して。。

画像
画像

流動性の高い溶岩だと、流れ出た跡にはこんなに綺麗にトンネルが出来るんですね。



そんな観光を終えて、この後は、、

ガラパゴスと言えばダーウィンと言うことで、チャールズ・ダーウィン研究所の観光へと。。

画像

ここから数百mほど歩いて向かいました。



と言っても、、

ダーウィンに因んでいるのは、こんなパネル展示だけで、、

画像


目玉は、このロンサム・ジョージですかね。

画像

これが彼の有名な最後のピンクゾウガメの生き残りで、、
2012年にジョージが亡くなったことで、ガラパゴスのゾウガメ種は10種に減ったと言われています。

そんなロンサム・ジョージが剥製にされて展示されていましたが、、残念ながらガラスケースに覆われている上に、ガラスにカメラを付けて撮ることも叶わず、こんな写真が撮れただけ。。


この後は、、

こんなリクイグアナを撮ったり、、

画像
画像

花を撮ったり、、

画像
画像

鳥撮りしたり、、 これは、ガラパゴスマネシツグミ?

画像


戻りながら、、

こんなウミイグアナを撮ったりして、、

画像
画像

これ、まるでゴジラですね。www



そんな観光を終えてホテルへと入ると、、

移動疲れも有ってか、夕食を摂ってから街を散策することなく、静かに眠りに就きました。

画像


to be continued ・・








--- ガラパゴス諸島 ---



P.S.
 世界自然遺産の島だけに入島制限も厳しいのか、と思ったら、、
急速な観光地化に伴う環境汚染や外来生物の繁殖、密漁等で2007年~2010年は危機遺産に成っていたんですね。
ま、人の出入りが多く成れば、中には色々な人も居ますから、検査が厳しくなったのも納得です。

この記事へのコメント

2019年02月22日 06:09
遠いですよねぇ…絶景ならまだマダガスカルのがいいと思う…近さ的にwまぁマダガスカルでも丸一日かかるだろうけどww35時間はきっついw

ウミイグアナよりリクイグアナのが可愛いねw
2019年02月22日 08:08
おはようございます。

 ほぼ日本の反対側なので、さすがに鳥も花も知らないものばかり…
 次回以降も楽しませていただきます。
2019年02月22日 09:03
月奏曲さん、おはようございます。

遠いですねぇ。マダガスカルと比べる心算も無いですが、もう一度行くとしたらガラパゴスかな? こちらの方が、野鳥も多かったし。www
はい、ウミイグアナは真っ黒でゴジラみたいでしたからね、リクイグアナの方が色鮮やかで可愛かったです。
2019年02月22日 09:08
あきあかねさん、おはようございます。

そうですね、日本とは動植物は何もかも違っていましたね。でも、思ったより食事は美味しかったですよ。ま、期待値が低すぎたからかも知れませんが。。www
今も写真整理中ですし、鳥の名も調べているのですが、ナカナカ・・。今後も楽しめて頂けたら幸いです。

この記事へのトラックバック