東欧旅行記 7

 
モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ旅行の滞在四日目(6/11)、
この日、ウクライナ・キエフ市内のホテル周りを早朝散策した後は、ツアー仲間とキエフ観光へと向かいました。


そして、先ず観光したのが、、

ここ、ペチャルスカヤ大修道院です。

画像
画像

と言っても、これはそのペチャルスカヤ大修道院内のウスペンスキー大聖堂ですけれど。。ww


因みに、、

このペチャルスカヤ大修道院はキエフ大公国時代の1051年に建立されましたが、13世紀のモンゴル侵攻で破壊され、18世紀に修復されて現在の姿に成って居るようです。

尚、ペチャルスカヤ大修道院は聖ソフィア大聖堂と共に、1990年に世界遺産に認定されました。



そんな大修道院の入口は、修復中で。。

画像

残念ながら、余り撮る気にもならず、、

それでも、入口脇の壁画は綺麗に遺っていました。

画像


そんな入口を入って振り返っても、、

こんな大修復中の門しか撮れませんでした。(泣

画像


それでも、流石は大修道院です、、

その横を見ても、こんな建物が並んでいて、、

画像


正面には、高さ95mの大鐘楼とウスペンスキー大聖堂が。。

画像


因みに、、

ペチャルスカヤ大修道院内の撮影は有料なのですが、撮影料を支払ったのに残念ながらウスペンスキー大聖堂内はミサ中で撮影禁止でした。

フラッシュ無しならOKかも? と思って訊いたのですが、ガイドに撮影は止めて下さいと。。(泣



折角、撮影料まで支払ったのに、、と残念な思いでいると、それを察したのか、隣りのトラベズナ教会へ入ってみる事に成りました。

ま、元々の観光予定だったのかも知れませんけど。。ww


大鐘楼を後に見つつ、、

画像


トラベズナ教会へと。。

画像

ま、これは中の観光を終えてから撮った写真ですけど。。


そんなトラベズナ教会へと入ると、、

大聖堂には見劣りするものの、中々のイコノスタシスです。

画像

大聖堂と比べてはいけませんね。ww

画像

画像


そして、振り返ると、、

こんな見事な天井画・壁画が描かれていました!

画像

それにしても、このトラベズナ教会は身廊に椅子が有りませんし、ミサの時も座ることは無いのでしょうか。。

そう言えば、ウスペンスキー大聖堂でも信者さんはミサ中に立っていた様な?


そんなトラベズナ教会を出ると、、

ここは高台に成って居て、見晴らしが良いです!

画像

遠くに見えた、これは生神女誕生聖堂でしょうか。。


それにしても、、

ペチャルスカヤ大修道院は広大な敷地を有していて、ウスペンスキー大聖堂やトラベズナ教会も敷地内の建物ですから、全体を見て周ろうとしたら何時間もかかりそうです。


と言うことで、、

ウスペンスキー大聖堂の裏に出ました。

画像
画像

ウスペンスキー大聖堂は、裏から見ても素晴らしいです!

画像

と言うか、こちらが裏って気がしないです。ww



そして、、

こんな坂道を下りながら。。

画像
画像


更に、こんな門を抜けて。。

画像


そして、その先に有った、、、

このヴヴェンデンスキー大聖堂・地下墓地へと入ってみました。

画像

ここは、ロウソクを買って地下墓地へと入るのですが、、

中へと入ると、入り組んだ迷路の様な地下墓地には、修道士のミイラが何体か安置されていました。
体は覆われていて見えないのですが、、真っ暗な中でロウソクの灯りだけで周りますから、凄く厳かな気持ちに成りました。。

ま、当然、撮影禁止で地下墓地の写真は有りませんけれど。。


そんな地下墓地巡りを終えて、、

漸く、ペチャルスカヤ大修道院の出口に来ました。

画像

こうして急ぎ足で観光したペチャルスカヤ大修道院は、本当に広大な敷地を持った修道院でした。


と言うことで、、

こうしてペチャルスカヤ大修道院の観光を終えて、この後はもう一つの世界遺産・聖ソフィア大聖堂の観光へと向かったのですが、、 それは、また後ほど。。


to be continued ・・








--- ペチャルスカヤ大修道院は、こんな場所に ---


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月24日 15:19
ウスペンスキー大聖堂の金色の尖塔が輝いて美しい撮影が出来ましたね!!
2019年06月24日 22:42
ここは目玉…改修中か( ;∀;)

あっちってアバウトというか雑というか金とっておいて改装で見れないとかミサ中で撮れないとか『お前金とってそれはないだろう』みたいの多いですよねw火つけてやりたいw

とはいえさすがにここは綺麗で見どころ多そうだなぁ…
最もいちばんの見どころは撮影禁止なんだろうけど…
2019年06月24日 23:38
fujisanさん、こんばんは。

このウスペンスキー大聖堂は、見応え撮り応えありましたねぇ。
そんな外観も素晴らしかったのですが、折角の機会でしたし聖堂内も撮りたかったです。。
2019年06月24日 23:48
月奏曲さん、こんばんは。

この門の改修中は、撮影料支払う前に分かりましたから未だ良いのですが、ウスペンスキー大聖堂内はねぇ。。
時間が有れば、ミサが終わった頃に戻ってでも撮りたかったのですが、このペチャルスカヤ大修道院は如何せん広大過ぎて、、地下墓地観光後に少し自由時間が有ったのですが、ここまで戻るのは無理でした。
このペチャルスカヤ大修道院に限らず、キエフ市内には至る所に史跡・寺院が有って撮り応えありましたよ。ま、この大修道院だけでも一日掛けてジックリ観光するに値しましたし。。

この記事へのトラックバック