東欧旅行記 8

 
モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ旅行の滞在四日目(6/11)、

この日、ウクライナのキエフでペチャルスカヤ大修道院の観光を終えて次に向かったのは、聖ソフィア大聖堂です。


途中、独立広場に有った、、

こんな大天使ミカエル像を車窓に見ながら。。

画像
画像


そして、その少し先に、、

聖ソフィア大聖堂は有りました。

画像

こんな金と緑のドームと白とレンガの壁で実に画に成る聖ソフィア大聖堂ですが、これも裏側なんですよね。


そんな聖ソフィア大聖堂は、、

キエフ大公国時代の1037年に建立され、途中の侵略されていた期間を除き10世紀~18世紀の間、キエフ府主教の主教座大聖堂だったと言われています。

尚、先のブログにも書いた通り、ペチャルスカヤ大修道院と共に1990年に世界遺産に認定されています。



と言うことで、、

表側に回り込んで、、

画像


こちらが大聖堂の正面入口ですが。。

画像

ま、光の当たり具合も有るのですが、何となく こちらが裏の様に見えて仕舞います。ww


そんな大聖堂内へ、、

前室を抜けて行くと、、

画像

何となく武骨(?w)な側壁の先には、、

画像


黄金色に輝く、素晴らしいイコノスタシスが!!

画像


正に、魅入って仕舞う素晴らしさです!

画像


見上げると、、

天井画も素晴らしく。。

画像
画像


と言うことで、、

上からイコノスタシスをジックリと撮ってみました。

画像

画像
画像
画像
画像


側壁に彫刻が無い所為か、、

改めてイコノシスタの素晴らしさが引き立ちます!

画像
画像


そんなイコノシスタに感動しつつも、その横から大聖堂の二階へと上がってみると、、

素晴らしいフレスコ画の数々が。。

画像
画像

天井のフレスコ画も綺麗に遺っていました。

画像

こちらも綺麗に遺っていましたが、これはモザイク画でしょうか。。

画像


そんな感動に浸りながら出て来ると、、

そこには、こんな現代美術画が展示されていて。。

画像

この画、何と色付けされた卵の殻で描かれています!

画像

これらの個々の卵を良く見ると、、

一個一個の卵にも細かなデザイン画が描かれていて、、そんな卵もこれだけ揃えるとこんな見事な画が出来上がるんですね。 これにも驚きでした。


そして、その先には、、

こんな城壁に囲まれた大聖堂のジオラマが。。

画像

こうして見ると、大聖堂を中心にキエフの街が成り立っていたのが良く分かります。。

そんな大聖堂の観光を終えて、、

改めて、大聖堂入口の大鐘楼を撮ってみました。

画像

流石に、あの東ローマ帝国のアヤソフィアに由来して命名されただけの事は有ります。



そして、またバスに乗って、、

聖ムィハイール黄金ドーム修道院を遠くに、、

画像

ウクライナ英雄のボフダン・フメリニツキー像を車窓に見つつ。。

画像


先ずは、、

聖アンドリーイ教会に、、

画像
画像

ま、この教会は観光の為に行ったのでは無くて、この近くで買い物タイムだったので、こんな外観写真を撮っただけでした。

それにしても、天空への高台に建つ聖アンドリーイ教会は素晴らしい外観でしたね。



そして、次に向かったのが、、

このキエフ大公国への入口・黄金の門です。

画像

ま、この黄金の門は、元は11世紀に造られましたが、13世紀にモンゴル軍に破壊され、現在の姿は1982年に復元されたものですけれど。。

それでも、グルっと周りながら撮ってみました。

画像
画像

土塁の上に建ち、門の上に受胎告知教会が有るところまで見事に復元されています、、と言っても、本当に元通りに復元されたのかは知りませんけれど。ww

それにしても、、こんな史跡や教会が至る所に有るのですから、キエフ市内はもっとジックリと観光したかったですね。



と言うことで、、

これで一連のキエフ観光を終えて、この後はこの日の宿の有るリヴネへと西へ300kmほどバス移動しました。

これが、この日に泊まったホテルで。。

画像

未だ陽が沈む前だったので、、

リヴネの街を散策しながら、夕日を探して。。

画像
画像

余り良い画には成りませんでしたが、何とか沈む夕日が撮れました。ww


で、暗く成ってから散策してみると、、

ライトアップもないので画に成りませんでしたね。ww

画像

と言うことで、この後はゆっくりと眠りに就きました。

to be continued ・・









--- 聖ソフィア大聖堂は、こんな場所に ---


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年06月25日 20:59
さすがソフィア!素晴らしい!ここ撮影OKなのね?太っ腹!

確かに表のほうがすっきりしてて逆に裏口みたいww
中の荘厳さもなんというか言葉がないなぁ…

キエフもじっくり回ったら2~3日じゃたりなさそうな場所ですね。ツアーの欠点は駆け足過ぎるからなぁ…

ホテルが御殿場のラブホテルみたいwww
2019年06月25日 23:25
月奏曲さん、こんばんは。

はい、聖ソフィア大聖堂、流石に素晴らしくて撮り応えありました。
ここは撮影料を支払った記憶は有りませんでしたが、撮影可でしたね。フラッシュは禁止だったと思うけど。。
ウスペンスキー大聖堂は表も裏も見事でしたが、この聖ソフィア大聖堂は、完全に裏の方が見栄えが良いですよね。
キエフは見応え撮り応えの有る名所旧跡が多いですからジックリ周りたかったですね。私的には、途中の買い物休憩なんか無くして、大聖堂内で自由時間を取って欲しかったです。ww
この泊まったホテル、決して悪くは無かったですけど、ね。ww

この記事へのトラックバック