東欧旅行記 10

 
モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ旅行の滞在六日目(6/13)、
この日もいつもの様にベラルーシ・ブレストのホテルで日の出前に起き出しましたが、なかなか良い朝日ポイントが見つからず、、

取り敢えず、地図で見つけた近くの駅に行ってみる事にしました。


日の出には、少し遅れましたが。。

画像

陸橋の上から駅と日の出を眺めて。。

画像
画像


そして、そんなブレストセントラル駅が何となく歴史ある古い駅に見えたので、ついでに駅を見に行ってみました。

画像
画像


駅内へと入ってみると、、

欧州的ではあるモノの、至ってシンプルな駅でした。

画像


そんな駅前には、こんなタクシーが、、

ここのタクシーは、1TAX なんですね。

画像

TAXIの I を 1 に替えて作ったアナグラム・ナンバーかな? と思ったら、近くに2TAXナンバーのタクシーもありました。ww


そんな駅へと折角来たのですから、ここを発着する列車も幾つか撮ってみましたが、、

この「鉄の塊」感が東欧らしさを醸しています。ww

画像
画像

ここで、気動車の連結も行われていましたが、、

画像
画像

良く見ていると全てディーゼル車両でしたし、この駅では電化車両は見られませんでした。
列車本数が少ないですし、電化よりもディーゼルの方が効率が良いのでしょうか。。


そんな事を思いながら、、

近くの公園を横切りつつ。。

画像
画像

こんな花を眺めながら。。

画像
画像


こうして、

この日の早朝散策を終え、、

画像

ホテルで朝食を摂ってから、世界遺産・ネスヴィジ城の観光へと北東250kmほどバス移動しました。



車窓に、こんな景色を見ながら。。

画像

飛んでいる鳥を見ていると、、 これは鶴でしょうか?

画像

良く見ると、道路脇にも居ました!

画像
画像

こんな給水塔の上に巣作りして繁殖しているのでしょうか、、 何となく、巣作りはコウノトリに似ていますね。

走行中の車窓からですし、ボケボケ写真ですけど。。



と、そんな事を思いながら、、

ネスヴィジ城に到着しました。

画像
画像


このネスヴィジ城は、、

ベラルーシに於ける「最も美しい城」と言われる、湖の畔に有るお濠に囲まれた城で、、
元は1533年に建てられたラジヴィウ家の居城で、その後も破壊と増改築を繰り返し19世紀末に復元して現在の姿に成ったようで、2005年に世界遺産に認定されました。


そんな城の中へと入って行くと、、

高級感は有りながらも、意外と落ち着いた内装です。

画像
画像
画像
画像
画像

今までド派手な内装建築ばかり見て来たから感覚がマヒしているだけかも知れませんけれど、、

ま、この部屋の天井なんて、充分に派手ですね。ww

画像


こんな狩猟成果の鹿角なんて、貴族の館って感じですね。

画像


そして、、

その先の部屋には、こんなモノが展示されていました。

画像

何かと思ったら、映画の効果音装置で、、左が風音で右のが波音だったかな??
末代の頃のここの城主は映画好きだったみたいですね。

その先には、、

当然の如く、火器も展示されていましたが。。

画像
画像

これは装飾付きですし、実際の兵器でなく展示用兵器ですね。


そして、、

この居城内には、こんな祭壇も。。

画像
画像

居城内に、こんな祈りの場を持っていたんですね。



そして、、

そんな観光を終えて、ネスヴィジ城から繋がる堰堤の道を駐車場へと向かって少し歩いて行くと、、

そこには、こんなカトリック聖体教会が。。

画像

この教会は、ネスヴィジ城主所縁の教会で、、
バロック様式のファサードを持った世界初のバシリカ様式の聖堂との事で、東欧で初めて建築されたバロック様式建築みたいです。

暑くて疲れていたしで、中を見に行きませんでしたが、後で調べたら中々素晴らしい主祭壇があったようで、、 残念です。

と言っても、ガイドから殆どここの説明が無かったから、余り重きも置いていなかったんですけどね。ww



と言うことで、、

こうしてネスヴィジ城の観光を終えて、この後は直ぐ近くのミール市に有る世界遺産・ミール城の観光へと向かったのですが、、 それは、また後ほど。。

to be continued ・・









--- ネスヴィジ城は、こんな場所に ---


この記事へのコメント

2019年06月27日 21:39
駅とディーゼル車のたたずまいが絵になっていていいですね。
これは朝の散歩でいいところ見つけましたね。
なんというか古き良き時代の列車みたいな感じで趣あります。色使いも日本と違う感じで絵になるし…

ネスヴィジ城、知りませんでしたが綺麗なお城ですね。
いやいや充分派手だと思いますよw
とはいえ上品な雰囲気に仕上げているのでうるさくないから落ち着いて見えたのかな?

2019年06月27日 22:48
月奏曲さん、こんばんは。

はい、この駅への散策は大正解でしたね。列車も側面の波板模様が旧ソ連を思わせる武骨な作りで良かったです。こんな列車は日本では見たこと無いですからね、、って言っても、私、鉄っちゃんじゃないので殆ど知らないですけど。。ww
ネスヴィジ城、、綺麗だったんですが、何と言うか「特別感」は無かったですね。やっぱり、金ピカ・派手派手じゃないと落ち着いた内装に見えます。見ていても、感動が無いのか、何処かで見た様なって感じでした。ww 

この記事へのトラックバック