インド・ブータン旅行記 5

 
インド・ブータン旅行の滞在五日目(8/10)、
この日、ブータンのティンプーへと移動して、先ずはタシチョ・ゾンを観光すると、次に向かったのはドゥプトプ尼僧院です。


尼僧が現在も修行中と聞いていた割りには、、

余り大きな尼僧院では有りませんでした。。

IMGP6688.jpg

訊くと、、

この尼僧院は15世紀の高僧 タントン・ギャルポが修行した場所に、20世紀に建てられたとの事で結構 新しい尼僧院の様です。

これが、本堂でしょうか。。

IMGP6690.jpg
中は撮影禁止でしたが、、
参拝者が堂内で念仏を唱えながら右回りに回っていましたので一緒に混ぜて頂き、良い思い出に成りました。

この尼僧院は高台に有るので、、

この近くからは辺りが一望できました。

IMGP6692.jpg
IMGP6697.jpg
IMGP6699.jpg
ブータンのチベット仏教には輪廻転生思想が根付いており、、
死後49日で生まれ変わるとされているので、一般的なお墓と言うモノが有りません。

その代わり(?)に立てられるのがダルシンと呼ばれる幟の様な旗で、、山の斜面に白く見えるのが そのダルシンです。


そして、、

こんな景色を車窓に見ながら。。

IMGP6713.jpg


次に向かったのは、、

ナショナル・メモリアル・チョルテンです。

IMGP6736.jpg
IMGP6732.jpg
ここは、1974年に第3代ブータン国王を記念して建てられた仏塔 (チョルテン) で、今でも多くの人々が参拝していました。

門を潜ると、、 純白の仏塔が聳え立っていました。

IMGP6723.jpg
IMGP6726.jpg
因みに、ここでレスキュー隊みたいなオレンジ色のツナギを着て清掃に当たっていたのは志願した軍隊員との事で、、

ここの清掃は事前に訓練を受けてから清掃に当たるようです。

IMGP6728.jpg
そんな清掃で埃が立ち上っていましたが、この仏塔を三周するとご利益(?)が有るとの事で、ツアー仲間と右回りに三周してみました。


そして、この後は、、

恒例の土産のお買物タイムでした。

IMGP6751.jpg
やはり、チベット仏教に関する土産が多いような。。

IMGP6738.jpg
IMGP6743.jpg
IMGP6744.jpg
マニ車は、チベット仏教の象徴の様なモンですし。。

IMGP6746.jpg
このピンバッチ、一般人の写真の様な気がするのですか、、

IMGP6747.jpg
やはり、王族の写真は気軽にお土産に出来ないのでしょうかね。日本でも皇室写真の土産は見たこと無いですし。。

そして、、

私は土産を買わないので、土産店内を撮った後は 外に出て街中を軽く散策してみました。

IMGP6755.jpg
IMGP6758.jpg

ここが、VIP御用達のホテルみたいです。

IMGP6753.jpg
秋篠宮一家もここに宿泊しているのでしょうか。。

IMGP6757.jpg
IMGP6756.jpg

そして、

この後、少しバス移動してティンプーの街を散策することに成りましたが、バスの最後列に座っていてバスを降りたら皆の姿が見えなくなっていました。(汗

カメラとバッグを担ぐのに手間取りましたが せいぜい10秒程の遅れだと思いますし、、 どうも、バスの直前に横断歩道が有り、そこを急いで渡ってビルの谷間に消えて仕舞ったようです。。

でも、何処に消えたのか分からず、、

暫く待ちましたが戻って来ないので、直接、ホテルにチェックインしようと地図アプリに登録して歩き始めたら ちょうど添乗員が戻って来ました。ww

それにしても、こういう時の地図アプリは便利ですね。

この時、まだホテルのチェックイン前でしたけれど、リュック内に旅程表が有りましたからホテル名も分かりましたし、最悪、自分一人でも向かえましたから。。ww


そして、、

ツアー仲間と合流して、こんな街中を散策しつつ、、

IMGP6763.jpg

ここは、ティンプーの広場みたいですね。

IMGP6765.jpg
広場の中央には、こんな小さな時計台が。。

IMGP6769.jpg
IMGP6767.jpg

因みに、この日のホテルは広場近くに有って、、

窓からは、この広場が見渡せました。

IMGP6772.jpg

と言うことで、夕食後に夜の広場に。。

IMGP6785.jpg
IMGP6780.jpg
IMGP6778.jpg
ガイドが言うには、この広場は恋人たちのデートスポットとの事でしたが、余りアベックの姿は見当たりませんでした。。

でも、この日が土曜日と言うことも有ってか、、
この後に騒がしく成って、明け方の3時過ぎまで騒ぐ声と犬の鳴き声がして完全に寝不足に成って仕舞いましたけれど。。

ブータンと言うと、夜は静かなイメージが有りましたが、やっぱり都心(?)の若者は 何処も一緒でしたね。ww


と言うことで、眠れぬ夜を過ごし、、

翌日は今回のブータン旅行ハイライトのタクツァン僧院の観光へと向かいましたが、、 それは、また後ほど。。

to be continued ・・






P.S.
 尚、日本からブータンを旅する場合は現地旅行社を通じての査証取得が必要ですが、ブータン人が日本に来る場合はブータン内に日本大使館・領事館が無いので、インドに行って日本査証を取得して来日するとの事でした。そういう意味では、完全にインドが日本への窓口に成っているって感じですね。
因みに、ブータンにもパロに国際空港が有って、日本との直行便はありませんが、インド・タイ・シンガポール等には定期便が就航している様です。

この記事へのコメント

2019年08月19日 22:29
尼僧院は結構小さいですね。周りの景色のがよさげ。

ブータンのお土産とかいいなぁw欲しいwマニ車とかw

まだまだ小さいながらもやっぱり近代化しちゃったんですねぇ…
便利って誘惑には人間やっぱ勝てないんでしょうねぇ…
空蝉 / utsusemi
2019年08月20日 10:37
月奏曲さん、こんにちは。

はい、この尼僧院は小さかったですね。最初は、何故こんな小さな尼僧院が観光場所に? と思っていました。建てられたのも古く無かったですし。。
でも、ここは見晴らしが良かったですからね、そんな眺望を含めて観光場所と成っているのかも知れません。
お土産としては、マニ車とか地方色が有って良いですよね。当然の如く、何も買いませんでしたけれど。。ww
近代化の波は防ぎようが有りませんね。隣国インドは身分証明書だけで出入り自由ですし、出掛ける若者も多い様でした。。
2019年08月20日 23:42
ψ(`∇´)ψナイス!(^_-)-☆

σ(゚ー^*)なるほど( ^^) _U~~
2019年08月21日 00:02
 ナイス 
気持ち玉代わりです
コメ返はお気になさらないでくださいね。