ケニア・タンザニア旅行記 6

 
ケニア・タンザニア旅行の滞在五日目(2/10)、

タンザニア・ンゴロンゴロ自然保護区近くのロッジで目覚めると、星空から少し明るくなってトワイライトタイムに成ったロッジを撮ってみました。


東の空が少しずつ明るくなって来て。。

IMGP5797.jpg
IMGP5825.jpg
写真には写って居ませんが、この時間帯だと建物の後方に南十字星も見えましたね。


そして、、

朝食後の出発までの間には、ロッジの敷地内で鳥撮りしてみました。 生垣の花に野鳥がいっぱい遣って来ていましたし。。

やはり居ました、カワリタイヨウチョウ♂。

IMGP3587.jpg
IMGP3578.jpg

最初は朝日で色味が変でしたが、、

撮っている内に、綺麗に成って来ました。

IMGP3754.jpg

この朝も居ました、、こんなタイヨウチョウ。

IMGP3658.jpg
胸が少し色付いていますし、やはり カワリタイヨウチョウ の幼鳥ですかね。。

そして、、

これは、ブロンズオナガタイヨウチョウ でしょうか。

IMGP3728.jpg

これは、、何でしょう?

IMGP3703.jpg
上のタイヨウチョウ よりは、少し大きかったですけれど。。


そんな早朝の鳥撮りを終えると、この日も三台のワゴン車に分乗して ンゴロンゴロ自然保護区の観光へと向かいました。

ここが、ンゴロンゴロ自然保護区の入口です。

IMGP5850.jpg

ここでトイレストップも兼ねて少し休憩時間が有りましたので、建物内を少し見て周りました。

ここには、こんな ンゴロンゴロの模型が。。

IMGP5859.jpg
見事にクレーター内が自然保護区に成っている様です。


ここから車で少し行くと、この先には、、

そのクレーター内を一望できる場所が。。

IMGP5860.jpg
ここからは、殆ど動物の姿は見えませんでしたが、、


クレーターの中へと下りて行くと、、

辺りは、色々な動物の群れで溢れて居ました!

IMGP3866.jpg

インパラの群れやトムソンガゼルや。。

IMGP5879.jpg
IMGP3903.jpg
IMGP3898.jpg
IMGP5887.jpg
IMGP4008.jpg
こんな、可愛いトムソンガゼルの子供も。。

IMGP4032.jpg


シマウマの群れも。。

IMGP5897.jpg
IMGP5893.jpg
繁殖期だけに、シマウマの子も。。

IMGP5906.jpg
IMGP3995.jpg
こうして見ると、シマウマの子は少し茶色い模様をしているんですね。初めて知りました。

そんな シマウマ の近くには、、

ヌー の親子も。。

IMGP3976.jpg
IMGP3965.jpg
この横に成っている子は、まだ生まれて間もない子供のようです。 まだ、立ち続けている体力が無いのでしょうかね。

また、こんなイボイノシシも親子で。。

IMGP4152.jpg
IMGP5919.jpg
IMGP4274.jpg

IMGP4175.jpg
あ、これは大人のイボイノシシですけどね。ww


そして、遠くにいた、、

これは、エランド でしょうか。

IMGP3872.jpg
IMGP4163.jpg

これは、ハイエナ ですね。

IMGP4044.jpg
IMGP4339.jpg

そして、キンイロジャッカル も。。

IMGP4334.jpg

そんな中、、

ライオン♂♀も見つかりましたが、、

IMGP3944.jpg
IMGP3948.jpg
IMGP3955.jpg
しかし、居たのが岩場の向こう側で、、岩が邪魔で全身や顔が綺麗に撮れませんでした。。(泣

その後に、こんなライオン♂は見つかりましたが、、

IMGP4103.jpg
IMGP4111.jpg
残念ながら、ちょっと遠過ぎました。 これでも、大幅なトリミングしていますし。。

そして、、

象の群れも居ました。

IMGP5958.jpg
IMGP5931.jpg IMGP4291.jpg
IMGP5961.jpg


そして、野鳥もいっぱい居ました、、

ダチョウ や、、

IMGP4029.jpg
IMGP4018.jpg

これらは、何という鳥でしょうか?

IMGP4315.jpg
IMGP5889.jpg

これも。。?

IMGP3854.jpg


そして、また居ました、、

アフリカオオノガン!

IMGP4205.jpg

そして、、

これは、ヨゲンノスリ でしょうか。

IMGP3905.jpg

何か、捕まえたようです!

IMGP3923.jpg IMGP3931.jpg
IMGP3934.jpg

そして、

ハゲワシ が騒いでいましたが、、

IMGP4252.jpg

良く見ると、、

IMGP4239.jpg
IMGP4245.jpg IMGP4250.jpg
セグロジャッカル と餌の取り合いをしていました!


と、こうして動物散策していると、、

こんなスタックしている車が居ました。

IMGP4310.jpg
他の車が集まって救助している様ですが、こんな中で一台だけでスタックしたら怖いですよね。

そう言えば、ケニアではワゴン車だったのに、タンザニアに入ってからは四駆車に乗り換えていました。 やはり、こういう場合を想定すると、四駆車が必須なんですかね。


そして、このクレーター内の一角で、ピクニック感覚のお弁当タイムに成りましたが、、

そこには、こんな アフリカハゲコウ が。。

IMGP5992.jpg
このアフリカハゲコウ達は人に慣れていて、人が近付いても全く逃げません。
一緒に並んで記念撮影して居る人達も居ましたし、、観光客が餌付けして仕舞って、すっかり野生を忘れて仕舞ったのでしょうか。。


そして、クレーター内の観光を終えると、、

クレーターの縁から見下ろして、、

IMGP6013.jpg
ンゴロンゴロに別れを告げ。。


セレンゲティ国立公園へと向かうべく、そんなクレーターの縁を走っていると、、

こんなキリンの群れに出会いました!

IMGP6036.jpg
IMGP6019.jpg IMGP6021.jpg

そんなキリンの群れも、、

近くで見上げると、実に画に成ります!!

IMGP4412.jpg
IMGP4413.jpg IMGP4420.jpg
IMGP4405.jpg
IMGP4423.jpg
ちょうど陽の当たり具合も良かったですね!


と、こうして、、

ンゴロンゴロ自然保護区でキリンの群れに見送られながら、隣りにあるセレンゲティ国立公園へと到着しました。

IMGP6075.jpg

ここで、こんな鳥撮りしてから、、

これらは、キタシロズキンヤブモズ でしょうか。

IMGP4427.jpg
IMGP6083.jpg IMGP6096.jpg

また公園内へと、更に、、

こんな景色の中の凸凹道を2時間ほど走って、、

IMGP6100.jpg

セレンゲティ国立公園内のロッジへと到着すると、
移動疲れも有り、夕食を摂ってから早目にベッドへと入りました。

to be continued ・・






--- ンゴロンゴロ自然保護区 ---


P.S.
 今日は癌手術後の定期検査に行って来ました。 結果、PSA値は測定限界以下で、取り敢えずは問題なしでした。これで、半年後の次回検査まで、暫くの間は また通常通り過ごせそうです。
で、同時に出たコレステロール値ですが、ホンの少しだけ上限を超えていました。残念ながら、癌検査ではLDL値では無くてトータルコレステロール値(TC)しか出ませんが、、ま、殆ど誤差範囲程度でしたから、これからもウォーキングを続けて頑張ろうと。。ww

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月22日 21:53
時期的に親子連れが多いですね。ガゼルとシマウマの親子可愛い( ・∀・)
天気にも恵まれていい動物写真いっぱい撮れてますねぇ…羨ましい

キリンの群れがいい味出してるなぁ…

やっぱ無線で連絡取りあってたりスポットがある程度決まってるのか事故るとワラワラ集まってくるのですねw

こんなところで単独事故やらかしたらしゃれになりませんもんねw
空蝉 / utsusemi
2020年02月22日 22:56
月奏曲さん、こんばんは。

はい、この時期は繁殖期ですからね。これで出産風景も見られれば最高だったのですが、無理ですね。ww
天気には恵まれましたねぇ。何度かパラパラと雨が降った時も有りましたが、動物や野鳥を撮っている時は良い天気でしたし。。
一緒の三台同士では無線で遣り取りして居ましたが、それ以外は観光車と行き合う度にドライバー同士で情報交換していたみたいですね。現地語なので、何を話しているのか全く分かりませんでしたけれど。。
あ、私達の三号車がスタックした時は、無線で救援依頼が入ったみたいでした。ww