ケニア・タンザニア旅行記 7

 
ケニア・タンザニア旅行の滞在六日目(2/11)、

タンザニア・セレンゲティ国立公園内のロッジで目覚めると、いつもの様に朝日に浮かび上がるロッジを撮ってみました。


徐々に空が青くなって来て。。

IMGP6104.jpg

朝食を摂った頃には、、

朝日が昇って来ました。

IMGP6109.jpg
IMGP6111.jpg

ロッジから見下ろすセレンゲティ公園も明るく成って。。

IMGP6107.jpg

こんな鳥撮りもホンの少しだけ。。

IMGP4452.jpg
これは、セイキムクドリ でしょうか。。


そして、、

この日も早朝からロッジを四駆に乗って出発すると、、
ロッジの建っている山腹を下って平原へと出て来ましたが、途中で ツェツェバエの大群(?) に襲われて大変でした。

ツェツェバエ、姿形は蠅なのに尖った口吻で刺すものだから、刺されると痛くて、、、一時は、馬の尻尾よろしく、ハンカチを顔や首周りに振り回していました。ww

ツェツェバエは、眠り病を媒介すると言われてますし。(汗


そんな ツェツェバエに苦しみながら、、

ルーフから顔を出して、こんな鳥撮りしつつ。。

IMGP4484.jpg
IMGP4486.jpg IMGP4505.jpg
これは、シロガシラウシハタオリ でしょうか。。


空抜けで綺麗に撮れていませんが、、

これは、ライラックニシブッポウソウ でしょうか。。

IMGP4521.jpg

これらは ツキノワテリムクと、その下は??

IMGP4559.jpg
IMGP4547.jpg

これは、アオハシコウ でしょうか。。

IMGP4561.jpg

そして、、

こんな ウォーターバック も。。

IMGP4539.jpg


因みに、、

ツェツェバエの居る場所は、どうやら木々の生い茂っている場所に限定している様で、、
草原に出てきたら、殆ど刺されることは無くなりました。


それでも、その代わり(?) に、

所々に有る泥濘でスタックしないか、心配でしたけれど。。ww

IMGP6139.jpg
IMGP6131.jpg
如何せん、前日、セレンゲティに来る際に3号車 がスタックし掛かりましたし。。
私は2号車 に乗っていたので 一時はバックして救出に向かいましたが、何とか自力で脱出して来たのでホッとしました。ww


あ、道路脇には、こんなのも居ました。

IMGP4479.jpg
近付くと逃げてしまったので、こんな写真しか有りませんが、、 これは、ホロホロチョウの親子でした。


そして、、

キンイロジャッカル も。。

IMGP4519.jpg
IMGP4513.jpg
ホロホロチョウにとって、このジャッカルは天敵なんでしょうね。


その先には、、

こんなのも居ました。

IMGP4568.jpg
IMGP4575.jpg
近付くと、巣穴へと逃げ込んで仕舞いましたが、、 これはコビトマングースでしょうか。

そして、、

これは、トピ ですね。

IMGP6149.jpg
IMGP6156.jpg
IMGP4597.jpg

そして、、

川の中には、カバの群れが。。

IMGP6144.jpg
IMGP6147.jpg
でも、水中から顔しか出していませんし、遠過ぎました。。

そんな近くには、ズグロアオサギ も。。

IMGP4588.jpg


そして、こんな写真を撮りながら、、

セレンゲティ国立公園の休憩場所に。。

IMGP6159.jpg
IMGP6161.jpg

実は、この日は 早朝からバルーンライド がOP設定されていて、、
ツアー仲間の内の3名程が参加されていましたので、その方達と ここで合流する予定でした。

これが、ヌーの群れの大移動の時期ならば、上空から撮って見たかったのですが、、今は大移動と言うより子育ての季節ですからね。 ま、お値段も高過ぎましたし。。ww


そんな仲間を待つ間に、、

散策しつつ、写真を撮ってみました。

IMGP6178.jpg
IMGP6179.jpg

ここには、こんな ハイラックス が寝転んで。。ww

IMGP6172.jpg

あ、こんな樹上にも居ました!

IMGP4674.jpg
IMGP4682.jpg

そんなハイラックスも、、

空に 猛禽 (トビ?) が見えると、、

IMGP4701.jpg
慌てて地面に下りて来ました。 この猛禽もハイラックスの天敵なんですかね。

IMGP4748.jpg

地面には、そんなハイラックスがイッパイ居る、、

と思ったら、、これらは マングースでした。ww

IMGP4756.jpg
IMGP4739.jpg

あ、近くに飛行場も有りましたから、これに驚いたのかも?ww

IMGP4626.jpg

そして、、

少しだけ鳥撮りも。。

IMGP4666.jpg
でも、明確な特徴が無いと私には同定が難しくて。。(汗

IMGP4640.jpg IMGP4631.jpg

なので(?)、

こんな トカゲも撮ってみました。

IMGP4617.jpg
IMGP4790.jpg
この下のトカゲ、色鮮やかで綺麗ですね。 どちらも、名前は分かりませんけれど。。ww


と、こんな写真を撮りつつ、、

バルーンライドして来たツアー仲間と合流して、この後もセレンゲティ国立公園内を観光しましたが、、 それは、また後ほど。。

to be continued ・・








--- セレンゲティ国立公園 ---

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Nyanta
2020年02月23日 11:31
ふおおお。堪能しました~。
・・・と、伸びをして足元を見たら、「ふぅ~ん?」とあきれ顔でにゃんこが見てました。(^▽^;)

いや~、いいですねぇ、ケニア。
これだけたくさん見ることができるんだったら行った甲斐もあるというもの。ぞうやきりんの群れも観ることができるんですねぇ。

それにしても、大きな鳥。初めて知りました。飛ぶところが見たいです。

2020年02月23日 19:44
ケニア・タンザニア旅行、凄い写真ばかり。驚いたり、うなったり、見とれたりしながら拝見しています。
まさに別世界と思ってしまいます。これだけ生き生きとした動物たちが見られるのは、地球上でもここだけではないでしょうか。動物だけでなく、鳥たちも珍しくて絵になりますね。
それぞれアップで迫力ある写真、素晴らしいです。撮影するのも大変でしょうが楽しかったでしょうね。
空蝉 / utsusemi
2020年02月23日 22:55
Nyantaさん、こんばんは。

はい、今回は野生動物を思いっきり堪能して来ました。テトちゃん連れでとは行きませんが、Nyantaさんは動物好きですから、ここは楽園でしょうね。
今回は、そんな動物好きの女性が何人も参加されていましたね。
ケニアもタンザニアも完全に動物王国でしたね。今回ほど興奮しながら写真を撮った事は有りません。確実に今までの旅のベスト3に入る感動でした!
大きな鳥、、アフリカオオノガンでしょうか。残念ながら、この鳥は走る事は有っても殆ど飛ぶ事は無いようです。ww
空蝉 / utsusemi
2020年02月23日 23:03
ミクミティさん、こんばんは。

はい、今回のケニア・タンザニアは本当に感動感動の旅でした。それが少しでも伝えられたら嬉しいです。
本当に動物好き・野鳥好きには楽園・天国ですね、それ程にウキウキワクワクの旅でした。
動物も自然の中で見る(撮る)と何か一味違って感じましたね。何か、出会えたってだけでも感動でしたし。やっぱり、探して見つけるって事も感動のスパイスに成っているのかも知れません。ww
今回はカメラ2台を持って行きましたが、2台を持って行って良かったです。砂埃が凄いことも有りましたが、とてもレンズ交換している暇(?)なんて有りませんでしたから。ww
2020年02月24日 20:07
4WDでテロテロ進んでるのも絵になりますね。

ハイラックスかわいいw

最後のトカゲはたぶんムワンザアガマトカゲの♂じゃないかと…
茶色い方はちょっとわかんないですけどひょっとしたらムワンザアガマトカゲの♀かなぁ?


空蝉 / utsusemi
2020年02月25日 11:25
月奏曲さん、こんにちは。

写真の道はルーフから顔を出して撮れるくらいに平らな道の方なんですけどね。酷い道は右に左に傾いてとても立って居られませんでしたし。ww
ハイラックス、可愛かったです。特にここのは慣れていたのでカメラを近付けても逃げませんでしたし。。ww
あ、トカゲも詳しいんですか。ムワンザアガマトカゲ♂と♀ですか、、動物や鳥と違って全く調べもせず載せて仕舞いました。ありがとうございます。