ベトナム旅行記 10

 
ベトナム旅行の六日目(3/8)、
この日の午前中にミーソン遺跡の観光を終えると、またホイアンの街へと戻って来て昼食を摂った後は、世界遺産であるホイアン歴史地区を観光しました。


先ずは、前日も通った歴史地区の市場を覗きながら。。

IMGP8446.jpg
IMGP8445.jpg
ま、夕方からが書き入れ時なのか、一部お休み中でしたが。。

IMGP8444.jpg

そんな中を、、

更に散策して行くと、、

IMGP8450.jpg

市場内には、こんな食堂(?)も。。

IMGP8452.jpg

そんなホイアン市場の散策を終えて、、

IMGP8456.jpg


先ず向かったのは、、

福建会館の観光です。

IMGP8457.jpg

ここは、中国福建省から来た華僑の人達が17世紀に建てたと言われており、今でも寺院で集会所としても使われている様です。
当時の面影が今も残っていることからホイアンでの観光スポットに成っているとか。。

IMGP8460.jpg
やっぱり、中国そのものですね。

IMGP8463.jpg

中へと入って行くと、、

天井からは、多くの螺旋状の線香が下がっていて。。

IMGP8465.jpg
これらの線香、幾何かのお金を支払うことで、誰でもお供えすることが出来るようです。
ここにも、日本人名の書かれた短冊(?)付きの線香が幾つか供えられていました。

その正面には、、

道教の女神である、天后聖母像が。。

IMGP8471.jpg
IMGP8467.jpg
綺麗に飾られていますし、今もここに参拝に来る華僑の道教信者は多そうですね。

そんな福建会館を出て来ると、、

IMGP8473.jpg
門の内側には「天后宮」の他に「恵我同人」と書かれていましたが、これは華僑の絆を表す言葉でしょうか。。?



そして、この後だったと思いますが、、
少数民族のギャラリーに入ると、、撮影禁止でしたので写真は有りませんが、チャム族の「青い目の少女」の写真が衝撃的でした。
Ethnie-Cham.jpg
その昔に西洋人の血が混じっていた様で、東洋人にして青い目を持つ少女の写真で、、先祖返りで青い目で生まれたようです。
しかも、そのお姉さんは、片方が青い目で片方が茶色の目だとか。。

何れにしても、東洋人にして青い目を持っていると、結構、ショッキングで神秘性が有ります!



そして、更に、、

こんなランタンの飾られた通りを歩いて。。

IMGP8475.jpg
やっぱり、ランタンは暗くなって灯りが灯らないと、ちょっと寂しいですね。ww



そして、次に観光したのが、、

ここ、海のシルクロード博物館です。

IMGP8487.jpg

中へと入ると、、
こんな船の模型と海のシルクロードと呼ばれて東アジアと西洋との貿易で栄えたホイアンで発掘された品々が展示されていました。


IMGP8477.jpg
IMGP8478.jpg

日本とも交易が有った事から、、

ここには、肥前陶磁器も展示されて。。

IMGP8486.jpg
IMGP8484.jpg IMGP8485.jpg

その奥には、、

当時の生活展示も有り、、

IMGP8483.jpg

二階にも、発掘品が展示されていました。

IMGP8481.jpg



そんな博物館の観光を終えると、、

また、こんな場所を歩いて、、

IMGP8488.jpg
IMGP8489.jpg
トゥボン川へと掛かる橋を横目に見つつ。。



そして、、

来遠橋 (日本橋) の観光へ。。

IMGP8491.jpg

そんな日本橋を渡って行くと、、

その途中には、こんな祠が。。

IMGP8496.jpg
人通りが多かったので急いで撮ったらピンボケですが、、 日本橋とは言え、何となく中国色を感じます。ww



そして、

また、ランタンの下がる道を歩いて、、

IMGP8498.jpg
こんな観光タクシー(?)の駐車場近くからバスに乗ると、、

IMGP8499.jpg

ホテルへと戻り、、

暫しの鳥撮りをして。。

IMGP8512.jpg

レストランへと出掛けて美味しく夕食を頂くと、、
この日は何処にも出掛けること無く、静かにベッドへと入りました。

to be continued ・・







--- 福建会館 ---


P.S.
 新型コロナ騒ぎで開催すら危ぶまれている東京オリンピックですが、いよいよ聖火が到着しましたね。
そんな式典を祝うブルーインパルスが空に描いた五輪マークも、忽ち風に流されましたが、、これが五輪のコロナも吹き飛ばすと言う、良い前兆で有って欲しいものです。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月20日 22:36
華僑らしいお寺ですねw
どこに行っても中国人って感じですがこのブレない感性はそれはそれで観光地にはなるかな?とw

意外と信心深いのか今でも綺麗に手入れされてる良い寺院ですね。

海のシルクロードも面白い…ん?日本人橋?
あれ?ここひょっとして安南?

空蝉 / utsusemi
2020年03月20日 22:52
月奏曲さん、こんばんは。

はい、モロに華僑らしいお寺でした。ベトナム観光で、何故ここに? とも思ったのですが、華僑抜きにはホイアンを語れないのでしょうね。
結構綺麗に掃除されていましたね。本国のお寺より綺麗じゃないかと思うくらい。ww
ここはベトナム中部ですから、昔で言えば安南って事でしょうね。ここには、昔、日本人街も有った様ですし。。