ベトナム旅行記 11 (了)

 
ベトナム旅行の七日目(3/9)、
この日もホイアンのホテルで目覚めると散策をと思ったのですが、、連泊と言う事も有り、市場もビーチも撮り終えて仕舞ったので ゆっくりと起き出して、、


ホテル前で、日の出を撮っただけ。。

IMGP8522.jpg
でも、部屋のエアコンが利いていたお陰で、カメラを構えた途端にレンズが曇って仕舞ってこんな写真に。(汗


この日は もう旅行の最終日で、、

朝食を摂った後は、ダナン空港へと向かうと、、

IMGP8527.jpg
IMGP8530.jpg

ダナン空港からベトナム航空機でホーチミン空港へと飛び、ホーチミン市内を観光して夜には成田へと飛び立つ予定です。


ダナン空港を後にして。。

IMGP8534.jpg

飛び立つと、、

眼下には、東シナ海が。。

IMGP8544.jpg
IMGP8548.jpg
ま、直ぐに山岳地帯へと入って行きましたが、、
こんな山岳地帯が有るのに何故こんなに雨が? とも思いましたが、この辺りは貿易風で恒常的に東風(海風)が吹く地域なんですね。

そんな山岳地帯を抜けると、、

忽ち、ホーチミンの街が見えて来ました。

IMGP8554.jpg
遠くに見える、、このブルジュ・ハリファみたいな塔は??


IMGP8555.jpg
流石に、ホーチミン市は大都市ですね。

そんなホーチミンの街へと到着すると、昼食を摂ってからホーチミン市内の観光をしました。

先ずは、統一会堂へ。。

IMGP8563.jpg
IMGP8568.jpg

ま、ここは外から眺めただけですが、、

ここはフランス統治下の19世紀末に建築され、第二次世界大戦が終結するまではフランスの知事や総督によって使用されていた様です。
その後、破壊と再建を経て、1975年のベトナム戦争終結まで南ベトナムの大統領府・官邸として使用されたとのこと。

尚、ここに北ベトナム軍の戦車がフェンスを突き破って突入したことで、南ベトナムの首都サイゴンは陥落しました。


そんな横に展示されていた、、

この戦車が、その時に突入した戦車の様です。

IMGP8565.jpg
遠くからしか撮れませんでしたが、
現ベトナム社会主義共和国の建国へと繋げた戦勝記念の戦車ですし、流石に今も動きそうなほど綺麗に保存されていますね。


この後は、、

定番の中央郵便局へ。。

IMGP8596.jpg
IMGP8575.jpg
ここは、パリのエッフェル塔を設計したことで有名なギュスターヴ・エッフェルが設計を手掛けたと言われ、1891年にパリのオルセー美術館をモデルに作られたと言われています。

ここは中にも入って見ましたが、、

4年前に来た時と殆ど変わって居ませんでした。

IMGP8577.jpg
IMGP8578.jpg

なので、、

入口横に有った土産売り場を散策。。ww

IMGP8589.jpg

一部、撮影不可の表示も有ったので、、

了解を得ながら撮ってみました。

IMGP8591.jpg
IMGP8593.jpg
IMGP8594.jpg
狭い中に、これでもか!と言う程にビッシリと展示されてます。ww

ここの土産店には前回は入っていないと思うのですが、、
新しく出来たのでしょうか? それとも、前回は慌し過ぎて写真を撮る暇も無かったのかな??ww


そして、、

目の前に有ったサイゴン大教会へと。。

IMGP8600.jpg
IMGP8597.jpg
でも、今回は中に入ることも無く、、こんな写真を撮っただけ。w



そして、この後は、、

ドンコイ通りへと移動すると、ここで暫しの自由時間が有りました。
でも、帰国を想定して少し暖かい恰好をしていたので、
蒸し暑かったことも有り、散策していたら汗だくで参りました。ww


それでも、少しだけ散策しつつ、、

IMGP8628.jpg
IMGP8614.jpg

スマホ片手にバクダン埠頭へ。。

IMGP8612.jpg
IMGP8617.jpg
でも、特に見るべきモノも無く。。ww


なので、この後は、、

サイゴンオペラハウス へ。。

IMGP8621.jpg

中へ入って鑑賞する程の時間も無かったですから、外から写真を撮っただけですけれど。。ww

IMGP8622.jpg
IMGP8625.jpg
IMGP8626.jpg

でも、流石に暑過ぎたので散策はここまでとし、この後は近くのホテルに避難して休憩していました。ww



こうして、、

半日ほどのホーチミン観光を終えるとレストランで夕食を摂った後、深夜にホーチミン空港をベトナム航空機で飛び立つと翌日(3/10)の朝には成田に降り立ちました。

今回の旅、前半は雨に祟られましたが、後半は天気にも恵まれましたし、中々見所も多くて楽しく旅することが出来ました。 勿論、旅仲間にも恵まれた事も大きいですね。

新型コロナ対策もあり、これが今年最後の旅に成りそうですし、、 最後がこんな楽しい旅で良かったです。

・・ The END ・・







--- 統一会堂 ---


P.S.
 ホーチミン上空から見えた ブルジュ・ハリファみたいな塔は、ランドマーク81と言う 最頂部461m・地上81階建てのビルみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年03月22日 10:24
 その後、お体の調子はいかがですか。
 なんだか、もう、どこへいくのも何するのも、コロナちゃんがついてくる感じで困ったものですね。
 
空蝉 / utsusemi
2020年03月22日 15:52
Nyantaさん、こんにちは。

体調はバッチリですよ。と言っても、花粉がちょっと辛いですが。ww
コロナ騒ぎ、広がる一方で終息の兆しは全く見えませんね。何処に行っても、何となく雰囲気が悪くて、もう何処にも出掛けられなく成りそうです。ま、それでも、花粉が落ち着いたら花見ドライブには出掛けると思いますけど。ww
コロナ、一度感染して自己免疫つくるしか無さそうですね。ワクチンも特効薬も間に合いそうに有りませんし。。
2020年03月22日 20:59
お疲れさまでした~。
帰りはハノイじゃなくてホーチミンだったのですね。

戦車がT-62だなぁ…当時最新鋭だったはずなんだけど(T64できてたっけかな?)あまり供与してなかったはずなんですが決定的場面ですからソビエトも投入したんですかねぇ?

サイゴン大教会は相変わらず荘厳でよいですね。
割とベトナムは色々宗教的なものもきちんと保存して社会主義圏にしては柔らかいというか柔軟というかよい姿勢だと思います。そこらへんはホーチミンの思想が良かったのかもですね。

いやしかし予想通りというかなんというか結局【日本以外全部沈没】になりましたねww

医療関係者はもう集団免疫獲得して病気の陳腐化狙った方が良さげな発言出てますしねぇ…

今年は海外よりは国内の秘境攻めていく方向性はいかがですか?
空蝉 / utsusemi
2020年03月22日 22:51
月奏曲さん、こんばんは。

この戦車はT-62と言うのですか。やっぱり、最後の決戦でしたから当時の最新鋭の戦車が投入されたんですかね。
サイゴン大教会は良い感じに荘厳ですよね。ま、写真的には、観光客が多いし物売りも居たりして、ちょっと撮り難かったですけれど。ww
何ででしょうね、旅行していてもいつの間にかベトナムが社会主義国と言う事を忘れます。某大陸国みたいに締め付け感が有りませんし、、やはりホーチミンの思想の賜物でしょうか。。?
コロナは予想通りの広がりを見せていますね。発症前にも感染させるとなれば、遅かれ早かれこう成ることは予想できました。重症に成るまで、保菌者(?)を発見できませんしね。
特効薬・ワクチン開発が早いか、免疫獲得を待つしかないか、、このままだと免疫獲得を待つしか無さそうですね。その為にも体力維持しなくては。。ww
国内の秘境、良いですね。秘境なら人も少なそうですし、、ちょっと探して見ます。ww