ベトナム旅行記 3

 
ベトナム旅行の二日目(3/4)、
ハロン湾のホテルで未明に起き出して窓の外を眺めると、残念ながら雨が降っていました。


未だ夜の明けやらぬハロン湾。

IMGP6845.jpg

少し明るく成って来ると、、

ハロン湾の建物群も見えて来ました。

IMGP6847.jpg
IMGP6848.jpg
こうして見ると、未だ未だ発展途上と言うか、、道路沿いだけに建物が建っている「映画のセット」状態ですね。ww
ま、それでも、海沿い道路も出来ている様ですし、アッと言う間に発展して行くのでしょうけれど。。


そんな海沿い道路も早朝散策してみたかったのですが、残念ながら雨なので諦めました。

更に、出発時刻に成っても風雨が強くてハロン湾クルーズ船が出港できないとの事で、暫くは様子見と言うことで、急遽、市場観光することになりました。

こんな景色を車窓に見ながら。。

IMGP6858.jpg
IMGP6859.jpg
流石に観光地ですね、こんなジェットコースターも出来ていました。


そんな先に、、

市場が有りました。

IMGP6880.jpg

早速 中へと入って見ると、、

目に付くのは、野菜類が多かったですね。

IMGP6866.jpg
IMGP6865.jpg
IMGP6863.jpg IMGP6864.jpg

勿論、魚介類も。。

IMGP6869.jpg
IMGP6873.jpg
あ、魚介類で無くて、貝類が多かったでしょうか??ww

肉類も売られていましたが、、

IMGP6876.jpg
この先では、アヒルらしき鳥を捌いても居ました。

尚、この市場に入るに際し、新型コロナ対策かマスク着用を指示されましたが、入って見たら我ら以外は殆どマスクをしていませんでしたね。ww



と言うことで、市場を軽く散策してから、、

クルーズ船の乗り場へと向かいましたが、、

IMGP6951.jpg
IMGP6899.jpg

未だ、出港OKが出ていない様で、、

IMGP6893.jpg
皆さん、活気が有りません。。ww

IMGP6902.jpg
IMGP6903.jpg
これは、ベトナム名物(?)の水上人形劇場みたいです。

こうして、港を見ながら暫く待っていましたが、、
直ぐには出港できそうに無いと言うことで、また市内ドライブしてから戻って来ることに。。

遠浅の海に立つ多くの杭は、、

IMGP6911.jpg
IMGP6915.jpg
これは、どうやら、カキの養殖の様です。


遠くには、こんな大型クレーンも。。

IMGP6916.jpg
貨物船は見られませんでしたが、どうやら この港には大型のコンテナ船が入港するようですね。

その先には、こんな建物が。。

IMGP6922.jpg
こんな建物ですから競技場かと思ったら、会議場とのこと。

競技場としても使える多目的ホールなら未だ分かるのですが、これが会議場と言うのは、、何となくお金の無駄遣いの様な?ww


あ、この岩場、グルッと何重にも展望台が有りますが、、

IMGP6924.jpg
IMGP6927.jpg
ここは何でしょう? 唯の展望台とも思えないのですが。。?


こうして、港の東側を少しだけドライブしてから、また港へと戻って来ると、、

漸く 出港OKに成っていました!

IMGP6954.jpg

因みに、出港が遅れたのでハロン湾クルーズしながら昼食を摂るだけで、ティエンクン鍾乳洞の観光は無くなりました。
ま、鍾乳洞は前回も入りましたから別に良いんですけどね。それより、市場観光が出来ただけ良かったかも?


そして、出港するとハロン湾独特の奇観が見えて来ましたが、、残念ながら今回も雨に煙っていて。。

これが、ディンフォン岩ですね。

IMGP6962.jpg
IMGP6971.jpg
IMGP6977.jpg
何でも、20万ドン札にも描かれている有名な岩なのだとか。。

更に、こんな奇観の中を進んで行くと、、

IMGP6985.jpg
IMGP6984.jpg

見えて来たのが、、

これ、闘鶏岩です。

IMGP6994.jpg
でも、闘鶏と言うより、鶏がキスしている姿って方がメルヘンチックで良いですね。ww

ま、そんな岩も見る方向を変えると、こんなですけど。。

IMGP7004.jpg
こうなると帆船岩ですかね、、 あ、オコゼ岩って方が夢がありそうですね。ww


と、昼食を摂りつつこんな奇観を見て、、

また港へと戻りました。

IMGP7021.jpg



そして、干潮時間となって、、

干上がったカキ養殖場を車窓に見つつ。。

IMGP7029.jpg

4時間ほどバス移動して、、

古都ホアルー観光へ。。

IMGP7049.jpg

ここ、古都ホアルーは、、
ニンピン郊外に有る鄙びた田舎町ですが、10世紀に中国の支配から独立したディン王朝が都とした地で、11世紀に入ってタンロン(現ハノイ)に遷都されるまで首都として栄えていたとのこと。。


でも、今となっては、、

当時の面影を遺すのは、このディン廟だけ。。

IMGP7050.jpg

そんなディン廟へと入って行くと。。

IMGP7076.jpg
IMGP7074.jpg

これが、初代王 ディン・ティエン・ホアンの祀られている廟です。

IMGP7073.jpg
IMGP7066.jpg

IMGP7070.jpg

この祭壇の大きさは兎も角、、

何となく当時の栄華が感じられます。

IMGP7067.jpg
と思ったら、ここは17世紀に再建されたものの様でした。


その途中に見えた、、

この広場も都の跡でしょうか。。

IMGP7083.jpg


と、雨の古都ホアルーを軽く観光した後は、、

また、雨の降る中、ニンピンのホテルへとバス移動しました。

IMGP7087.jpg

夕食を摂った頃には、すっかり暗く成って。。

IMGP7092.jpg
IMGP7097.jpg

こうして、旅行二日目の夜を迎えました。

to be continued ・・







--- ハロン湾 ---


--- 古都ホアルー ---

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年03月15日 21:39
ちょっと記憶が定かではないですが私の行った時はジェットコースターもうあって『リゾート地にする気なんだな』と思った記憶があったような?

一度行ってますし市場見れた方が良かったんじゃないかな?
闘鶏岩はあいかわらずひよこっぽいwww

ホアルーは知りませんでした。雨の中で雰囲気はよりよくなった気がします。
こういうことは一抹の寂寥感あったほうが映えますよねw
空蝉 / utsusemi
2020年03月15日 22:53
月奏曲さん、こんばんは。

あ、このジェットコースターは当時から有りましたか? 前回、こちらの方は散策しなかったから、私が気付かなかっただけかも知れませんね。
ハロン湾クルーズは前回もしていますし、それより市場観光が出来たのは良かったですね。自由時間が有れば、一人でも行ってみたかった程です。ww
ホアルーは古都で、知る人ぞ知るって感じでしょうか。都が有ったと言っても、ホンの短期間ですし、、世界遺産でも無いですしね。