草津・伊香保温泉 旅行記

 
日曜日(12/6)から今日まで、草津と伊香保に行って来ました。

でも、殆ど観光もせずにノンビリと風呂に入ったりした寛ぎ旅でしたし、余り写真も撮っていないので今回は一気に綴ってみます。。


初日の12/6は「はやぶさ2」のカプセル帰還を朝3時過ぎまで見ていて、眠い目を擦りながら草津に着いたのは昼頃でした。
でも、未だホテルのチェックインは出来なかったですし、ホテルに車だけ置かせて貰って定番の湯畑に、、

こんな写真を撮って。。

IMGP6746.jpg
IMGP6743.jpg
IMGP6778.jpg

こんなマンホール蓋も。。

IMGP6736.jpg
草津と言うと、やっぱり湯もみですね。。


そんな湯畑周りを少しだけ散策して、、

地蔵の湯を見に行ったり。。

IMGP6763.jpg
草津には湯畑周りに共同浴場がいくつか有って、、ここもそんな共同浴場の一つです。

目の前には、その地蔵の湯の源泉も。。

IMGP6761.jpg

地蔵の湯と言われる所以は、

この前に有ったこの地蔵堂からでしょうか。。

IMGP6764.jpg

この後は、旅友と落ち合って、、

西の河原を案内したり。。

IMGP6798.jpg
IMGP6803.jpg
数日前に雪が降ったのか、日陰には少し雪が残っていましたね。

旅友とは別のホテルを取っていましたし 眠かったしで、この後はホテルに早めにチェックインして温泉に入って寛ぐ事にしました。


翌日(12/7)もホテルで寛いでから旅友と落ち合って、西の河原の露天風呂に入ることにしました。

これは前日に撮った写真ですが。。

IMGP6767.jpg

その後は、旅友が是非 行ってみたかったと言う 八ッ場ダムを案内したりして、、

IMGP6806.jpg
IMGP6811.jpg
あ、前回、ダム手摺りの高さがダム湖側・放水側で違うと書きましたが、今回行ってみて その理由が分かりました。

普通の道路は雨水排水の為に道路中央を高くするのですが、ここはダム湖側だけに排水しているんですね。なので、路面からの手摺高さが放水側の方が結果的に10cmほど低くなって仕舞ったという。ww

ま、危険感が有るほど低くは無いので、両側が同じ高さで無くとも別に良いのですがね。


この後は、八ッ場大橋と吾妻渓谷にも。。

IMGP6821.jpg
IMGP6820.jpg
紅葉は終わってますから、吾妻渓谷も寒々しいですね。


こうして軽く観光を終えると、この後は、また草津へと戻って千代の湯で「時間湯」に入る事にしました。

これが、その千代の湯です。

IMGP6827.jpg
↑ これは、翌朝に撮った写真ですが。。

時間湯と言うのは昔ながらの温泉療法で、、
湯もみをしてから足に湯を掛け、頭に湯を掛け、そして湯に3分ほど浸かる、を数回繰り返すというモノです。
ま、正確には、もっと細かく色々と作法(?)が有りますが。。ww

でも、ここで居合わせた若者が旅行好きで話が合って待合室で話し込んで仕舞い、危うく湯に入り損ねそうになりました。ww


翌日(12/8)は、旅友に別れを告げて、一人でまた湯畑周りを少しだけ散策して。。

これは湯畑の北側にある白根神社です。

IMGP6841.jpg
IMGP6832.jpg

湯畑の湯けむり写真を撮ったり、、

IMGP6843.jpg

白旗源泉を撮ったり、、

IMGP6869.jpg
IMGP6868.jpg

ガラス工房を覗いたりして。。

IMGP6887.jpg
こういう工房が有ると、つい撮ってみたくなります。。


そして、、

この後は、草津温泉を後にして 伊香保温泉 へと移動しました。

ま、伊香保でもチェックインタイム前でしたから、ホテルに車を置かせて貰って、階段街を散策しました。

IMGP6893.jpg
IMGP6898.jpg
でも、この日が火曜日だった所為か殆どの店がお休みで、シャッター石段街って感じでしたね。
前回、紅葉時期に来たときは客も多かったのですが、この時期の伊香保は 草津と違って閑散期なんでしょうかね。。

そのお陰か、前回 撮れなかった、、

与謝野晶子の詩が刻まれた階段は 難なく撮れました。ww

IMGP6889.jpg

更にブラブラと散策して、、

これは、ハワイ王国公使別邸で。。

IMGP6910.jpg
ハワイが独立国だった当時(1898年頃)、駐日公使が別邸として使用していた家の様です。

そして、こちらは関所跡。

IMGP6911.jpg
IMGP6917.jpg
江戸時代には三国街道の裏往還の要所として、ここに関所が設置されていたとか。。

そして、、

こんな上州の山並みを眺めて。。

IMGP6907.jpg

レストランで昼食を摂ってから ホテルへと入りました。

で、温泉に入ってみたら 黄金の湯で無くて、白銀の湯だったので ちょっとガッカリした次第。 黄金の湯は濁り湯ですが、白銀の湯は単純泉ですからね。

なので、石段途中にある「石段の湯」(黄金の外湯)に入ろうとしたのですが、行ってみたらこの日はお休みでした。(泣


因みに、伊香保の湯は 元々は黄金の湯だけだったのですが、湯量が少ないので後から掘ったのが白銀の湯で、、
白銀の湯は温泉法上は温泉ですが、湯温が低くて沸かし湯ですし、、
やっぱり、伊香保と言うと「黄金の湯」ですからね。

そんな事情も有り、伊香保で黄金の湯を引けない宿は、きっと湯量豊富な草津が羨ましいでしょうね。ww


そして、翌朝(12/9)は、、

宿から、こんな上州の山並みを撮っただけで。。

IMGP6925.jpg
IMGP6928.jpg
今朝は、遥か彼方に 冠雪した日光白根山も微かに見えました。

こうして、三泊四日で草津の湯と伊香保の湯に癒された後は、何処も観光せず 何処にも立ち寄ることなく帰宅しました。

-- 終 -- 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 55

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年12月10日 23:16
地蔵は割と中広めなのでいいですよね、くつろげます。
後結構遅くまでは入れるんですよね地蔵湯…で一回夜行ってスゲー暗くて怖かった記憶がwwwwww

伊香保は温泉に対して湯量少ないですからねぇ…黄金持ってる元々の宿ががっちり利権固めてるぽいし。

対して草津は元々湯量豊富で源泉も何本あった上に近年「無尽蔵」と言われるレベルで湯量豊富な万代鉱引き当てましたからねぇ…
空蝉 / utsusemi
2020年12月11日 08:28
月奏曲さん、おはようございます。

今回も泊まったのがちょっと湯畑から離れていたので、地蔵の湯には入っていないんですよね。旅友は近くだったので、地蔵も白旗にも入ったみたいですが。。
草津は湯量が豊富ですよね。源泉が幾つも有るし、万代鉱源泉なんて湯量豊富で高温なので温泉としてだけでなく、熱交換して公共施設の暖房や融雪道路・温水プール、各家庭への給湯までしているようですしね。
それに引き換え、伊香保は黄金の湯だけですし、昔からの宿が利権を持っちゃってるみたいですしね。
あ、だから昔ながらの和風旅館だったので黄金の湯と勘違いして予約しちゃったんだと思いますが・・。
マンゴスチン
2020年12月17日 12:08
空蝉さん

こんにちは、時間湯でご一緒した若者です笑
湯巡りを楽しんだみたいで何よりです!

早く状況が落ち着いて、もっといろんな場所に行けるといいですね...
僕も早いところロライマ山に登りに行こうと思います!

また世界のどこかで...
2020年12月17日 12:09
空蝉さん

こんにちは、時間湯でご一緒した若者です笑
湯巡りを楽しんだみたいで何よりです!

早く状況が落ち着いて、もっといろんな場所に行けるといいですね...
僕も早いところロライマ山に登りに行こうと思います!

また世界のどこかで...
空蝉 / utsusemi
2020年12月17日 20:29
犬さん、こんばんは。

マンゴスチンさん、改め 犬さんで良いんですかね。
時間湯ではお疲れさまでした、あの時はちょっと時間を気にせず話し過ぎて仕舞いましたね。ww
今のところは近場の温泉旅ばかりです。それもいつまで続けられるか、、海外は未だ未だ先、ワクチンが各国に行き渡ってからでしょうね。例え日本でワクチン接種できても、渡航先も行き渡っていなければ無理でしょうしね。
ロライマ山の登山、帰宅してからNET検索して調べてみましたが、残念ながら私にはちょっと無理そうでした。。(汗
私は行ったとしても、下から見上げるだけに成りそうです。。