旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ旅行記 12

<<   作成日時 : 2017/06/11 06:48   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

 
トルコ旅行の滞在8日目(6/1) の続きです。

この日、ブルーモスクとアヤソフィアを観光した後は、トプカプ宮殿観光へと向かいました。

トプカプ宮殿は、オスマン帝国時代のメフメト2世により15世紀に造られ、19世紀まで宮殿として使われていましたが、20世紀に入ってからは博物館として使われているとの事です。



そんなトプカプ宮殿へ向かって歩いて行くと。。

画像


宮殿入口の両脇には、銃を構えた衛兵が2人。。

画像

あ、でも、近くから撮らなかったので、この写真では小さくて銃までは写ってませんね。(笑


そして、、

先ずは「帝王の門」 を潜って、第一の中庭へと。。

画像

当時、ここまでは一般人も入れたようです。



入ると、直ぐ横に見えたのは、、

ビザンチン帝国時代の聖イレーネ教会。

画像

画像

当時のままなのか、煉瓦の積み方が複雑で面白いですね。



そして、この先に有ったのが、、

「挨拶の門」と言われる、第二の門です。

画像

ここから先は、当時も許された人達しか入ることが出来なかったようで、今もここから先は博物館として有料となって居ます。

天井が何とも素敵。

画像




更にその先には、、

「幸福の門」と呼ばれる、第三の門が見えて、、

画像

その手前には、当時敷かれたままの道も見えます。

画像


この「幸福の門」は、写真可ですが、、

画像

その先にある「謁見の間」や他の室内は撮影禁止で、、

画像


しかも、残念ながら、彼の有名な「トプカプの短剣」や「スプーンダイヤ」(何と、86カラット!) が納められた宝物館は工事中で拝観できませんでした。(泣



と言うことで、

この後は、ハーレム(後宮)へと。。

画像


流石に、ハーレムと言われるだけ有って綺麗です!

画像

画像

画像

画像

宝物館は観られずに残念でしたが、ハーレムも綺麗なので有料ですが観る価値は有りましたね。


こちらはハーレムの侍女達の部屋でしょうか??

画像

画像


こうして、トプカプ宮殿内を観光した後は、昼食を摂ってから、午後は自由行動でした。



でも、私は以前からOPのスレイマニエモスク観光とボスポラス海峡クルーズを申し込んであって。。

ま、本当は、前日にナイトクルーズしていますから、このクルーズはキャンセルしたかったのですが、キャンセル料全額とのことで、仕方なく参加する事に。(苦笑




と言うことで、

スレイマニエモスク観光とボスポラス海峡クルーズ編へと続きます。


to be continued ・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
後宮は撮影可だったんだ?

宝物館休館はかな〜〜り痛いんじゃ(;´・ω・)
月奏曲
2017/06/11 18:29
月奏曲さん、こんばんは。

後宮は撮影可でしたね、宝物は全然有りませんでしたし。
はい、宝物館が見られなかったのは痛かったですね。でも、お陰で空いて居ましたけれど。。ww
宝物館は観られませんでしたが、内廷の室内にも宝物(?)は幾つか展示されていました。でも、撮影不可なのでサラッと観ただけで出て来て仕舞いましたけど。
空蝉
2017/06/11 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコ旅行記 12 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる