旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国旅行記 1

<<   作成日時 : 2017/06/22 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

 
6月13日から昨日(21日)まで、中国旅行に行って来ました。

今回行ったのは、中国中部(?)の九塞溝・黄龍・四姑娘山を巡って、その世界遺産の景観と花を愛でる旅でした。






実は、昨年に行った クロアチア旅行で プリトヴィッツェ湖群国立公園 に行った際に、「ここよりも九塞溝の方が綺麗」と何度か聞いていたので、今回の旅行先に決めた次第です。



今回の旅は、成田から上海経由で成都へ飛び、そこから茂県へとバス移動して一泊した後、観光は二日目(14日)から始まりました。

その観光初日は、茂県から300km程を移動しながら途中で観光しつつ九塞溝へと向かいました。



でも、先ずは中国の洗礼(?)を受けて、、

何と、落石で通行止め!

画像


一時間半ほど通行止めを喰らいましたが、落石地点を通り過ぎながら見て居ると、、

道路には、こんな落石が!!

画像

あ、これは落石というより、崖の崩落ですね。(驚

いやぁ、直撃を受けた車が無かった様で良かったです。 こんなのに直撃されたらペチャンコでした。



その後も何度か休憩しながら、、

これは休憩所でみた観光撮影用の白ヤク。

画像

白いヤクは珍しいので観光用に使われるようです。

私はこの紫煙を見ただけで近寄りたくなくなったので、遠くから写真を撮っただけですけど。(苦笑



更に進んで行くと、、

中国・少数民族の民家が立ち並んでいます。

画像

画像

この屋根瓦が無いのは、まだ四川大地震の影響が残っている??




そして、ムニ溝で 仙女たちの病気を治したと言う伝説がある 「サガ瀑布」 を観光しました。

駐車場から、こんな木道を歩いて、、

画像

あ、この写真は下って居ますが、前は人が居たので、誰も居ない後ろを撮っただけです。ww


これが、その「サガ瀑布」です。

画像

画像

落差は100m以上あるようなので可成りの迫力は有りましたが、九塞溝や黄龍の綺麗な湖水を楽しみにしてきた私としては、水が濁って居過ぎてチョット ・・。
ま、中国らしいと言えば中国らしいのですが。。(笑


なので、、

ついでに、ここの咲いていた花もパチリ!

画像

画像

画像





そして、ここの観光を終えて先に進むと、、

途中に有ったのは、こんなチベット仏教寺院で、、

画像


金色に輝いた煌びやかな寺院でした。

画像

画像

画像


実は、ここは観光する予定の無い寺院で、途中で急遽、観光することに成りましたが、、 見事なチベット仏教寺院でした。


こんな、大きなマニ車も並んでいましたし。。

画像

マニ車は、これを回すことで経典を唱えたと同じ功徳があるとされます。 ま、私は観光だけに留めましたけれど。。


そして、その先に見えて来たのが、、

松州古城です。

画像

画像

チベットと中国とを結ぶ交通の要所として栄えたとのことですが、城壁にグルッと囲まれて居ました。
私たちは観光はして居ないので、これは車窓から撮った写真です。


ま、更に先の途中でトイレ休憩しながら、、

こんな花の写真を撮ったりはしましたけれど。(笑

画像

画像

画像

あ、これ、虫みたいに見えますね。(笑

画像




そして、、

漸く、如何にも「中国」らしい街の灯りが見えて来て。。ww

画像



この日の宿、九塞溝のホテルへと入りました。

結局、この日はサガ瀑布を観光しただけで、殆どがバス移動に終始した一日でした。
ま、下道を300kmほどバス移動し、途中、崖崩れで一時間半の通行止めも喰らいましたから当然ですね。



と言うことで、この日は夜の散策をする事も無く、ホテルで深い眠りに就きました。

to be continued ・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 景色も植物も、東洋というよりも西洋に近い物を感じますね。建物は完全に東洋ですけども…
 とても興味深いです。続きを楽しみにしています。
あきあかね
2017/06/23 09:30
あきあかねさん、こんばんは。

ここは、中国と言っても少数民族の居る山岳地帯に位置していますからね。
漢民族の居る都会とは景色も町並みも違って居ますよね。
空蝉
2017/06/23 20:17
これは崩落wwww

蜀の桟道というべきかまさしく巴蜀というべきか…
ミミズがのたくったような感じの道路っぽいですね。

サガ瀑布は中国ぽいというかなんというか…水が小汚いw

中国は全く考慮外でしたし行った人もあまりいないのでこの後も期待してます!

月奏曲
2017/06/23 21:35
月奏曲さん、こんばんは。

そうですよね、これは石と言うより岩ですから崩落ですよね。ま、実は、落石は、これ以後に何度も遭遇しましたけれど。(汗
はい、渓谷沿いの一本道ですからね、まさしく曲りくねった道だらけでしたね。
一般的に中国って言うと、濁った川を想像しますから想像通りの濁りと言うか、、ま、本当は奥地だけに清流を想像していたんですけどね。
あ、私もクロアチア旅行時に勧められなければ、中国は想定外の旅行先でした。何せ、賑やかな人混み嫌いですから。(笑
空蝉
2017/06/23 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国旅行記 1 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる