旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス旅行記 7

<<   作成日時 : 2017/08/11 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 4

 
スイス旅行の4日目(8/3)、この日もツェルマットのホテルで目覚め、暗い内から星空とマッターホルンを撮ろうと出掛けました。


ま、でも、街灯りが明る過ぎたし、、

既に空に少し青味が差して来たけれど。。

画像


前日に、ツアー仲間が綺麗な星空を撮られて居ましたが、後で聞くと街中から撮ったのでなくて、少し山に入って撮ったみたいです。

やっぱり、そこまで根性出さないと、なかなか綺麗な星空写真は撮れませんよね。(汗



この日の予定は、テーシュからフランス・シャモニーへと移動し、エギーユ・ドゥ・ミディ展望台から絶景を楽しむ予定です。


という事で、

先ずはツェルマットからテーシュへと。。

画像
画像



テーシュからシャモニーへは、またバスに乗り換えて150kmほど移動しました。。

車窓からは、こんな景色を見ながら。。

画像
画像



そして、いよいよ、、

シャモニーのロープウェイ駅に到着。

画像


ここからは、3777mのエギーユ・デュ・ミディ展望台へとロープウェイを一度乗り換えるだけで、3000m近くを上って行きます。

画像



15分ほど乗ると遥か先に、、

エギーユ・デュ・ミディ展望台が見えて来ました!

画像


氷河も迫力で迫って来ます!!

画像



そして、いよいよ、、

エギーユ・デュ・ミディ展望台に到着!

画像


シャモニーからは、乗り換え時間を入れても40分ほどでした。


画像



そして、

展望台の最上部へとエレベータで上ってみると、、

残念ながら、グランドジョラスの山頂は雲に隠れていて。。

画像


モンブラン山頂も雲に隠れて居ました。(泣

画像



あ、でも、ここからは、イタリア側のプンタ・エルブロンナー展望台も遥か彼方に小さく見えました。

この写真中央に凄く小さく見えます。(笑

画像


昨年の北イタリア旅行でエルブロンナー展望台から、ここ、エギーユ・ドゥ・ミディ展望台が見えましたが、こうして、今度は逆にエギーユ・ドゥ・ミディ側から見られました。(嬉

ま、↑の写真はいつもより大きく載せましたが、それでも流石にエルブロンナー展望台はゴマ粒ですけどね。ww



良く見ると、、

ここから、雪原へと下っている人達も見えます。

画像

この先の山へ登るのでしょうか。。



ここでの滞在も少し短かったですが、写真はイッパイ撮れましたし、何とか遠くの山々も見えたので楽しめました。


40分ほど観光してから、、

また、ローブゥエイで下って。。

画像
画像

途中で、こんな氷河も見ながら。。

画像





ロープウェイでシャモニーへと下りた後は、またバスに乗り換えて190kmほど移動して、、

スイス・ベルンの旧市街観光へと向かいました。

画像


流石に下界は暑かったことも有り、遠くから川で泳いでいる人達が見えましたので、、

川縁まで降りてみます。

画像
画像
画像


この後は旧市街を散策して、、

画像
画像
画像



季節的には少し遅過ぎますが、、

バラ園へと向かって。。

画像


少しだけ咲いていたバラを。。

画像
画像
画像




そして、、

この日の宿となる街・ウェンゲンへと向かいました。

画像



昨年はインターラーケンに泊まりましたが、ここ、ウェンゲンの方が高地に有り、見晴らしは良かったですね。

とは言うものの、そんな写真も撮ること無く、この日の宿へと向かいましたけれど。。



この日も、移動時間は長かったですが、、

今回はアルプスの山々に嫌われる事も無く、素晴らしい絶景を堪能できました。
ま、これでピーカンの青空なら最高だったのですが、、そんな贅沢は言って居られませんし、ね。(笑



という事で、スイス旅行もいよいよ滞在5日目へと続きます。

to be continued ・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
しかし。。まぁ凄い所に展望台が
作ってあるんですね〜?!
考えたら富士山頂へロープウェイで
行けるようなものですよね?
高所恐怖症の私にはこの展望台は
少し怖いです(笑)
やんま
2017/08/12 00:22
やんまさん、おはようございます。

はい、本当に凄い場所に展望台、作りましたよね。
そうなんですよね、富士山頂に一気にロープウェイで上るようなモンです。これも地震無し国(?)ならではでしょうかね。
あ、ここ、高所でも景色が雄大過ぎて足元の恐怖感なんて全然感じませんでしたよ。
空蝉
2017/08/12 08:16
うへぇ…ッ子行ったことないですが凄いとこにあったもんだwww
これ崖下くぐって上まで行けるのか…エレベーターでも怖いわwww

一日でツェルマットからここ来てジョラスとモンブラン見てベルン通って(若干観光して)ウェンゲン(Wengen)?すごい移動距離ですね。てことは翌日はアイガーメンヒグリンデルヴァルトとかそこらへんかなぁ?
月奏曲
2017/08/12 23:17
月奏曲さん、こんばんは。

はい、本当に凄いですよね。欧州人は、時として本当に途轍もない事をします。
ま、地震大国の日本では、怖くてこの発想すら浮かびませんよね。
はい、移動距離が凄くて色々と観光を詰め込むのが日本のツアーですからね。でも、中国・韓国人ツアーはもっと苛酷みたいですけど。(笑
はい、翌日も結構苛酷で、展望台を梯子してww、アイガー・メンヒ・ユングフラウ観光しました。(笑
空蝉
2017/08/13 00:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイス旅行記 7 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる