旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS ポーランド旅行記 2

<<   作成日時 : 2017/09/14 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ポーランド滞在初日(9/6)、
ジェラゾヴァ・ヴォラでショパン生家を観光した後は、世界遺産・トルン市内観光へとバスで180kmほど移動しました。

そして、ここ、トルンは、地動説を提唱したあのコペルニクスの故郷でもあります。



先ずは、トルンの街を散策。。

画像


ここ、トルンも例に違わず、先の大戦でドイツの占領下にあり、中世の面影を残す旧市街は捕虜収容所として使われましたが、戦地から遠かったため比較的に無傷で残ったとの事。

その為、中世都市トルンとして、1997年に世界遺産に認定されています。


画像
画像
画像


この窓の造り、、何となく可愛いですね。(笑

画像


これは、現在、銀行として使われて居たかな??

画像




と、そぼ降る雨の中をブラブラと散策しながら、、

画像



次に向かったのは、、

コペルニクスの生家です。

画像
画像


今は博物館となって居る為、普段なら建物内に入れるのですが、今は生憎の工事中で閉館して居ました。
私的には、ショパン生家より、こちらのコペルニクス生家の方が入りたかったのですが ・・。


そして、次に向かったのは、、

トルンの旧市庁舎です。

画像


14世紀に建てられたゴシック建築の旧市庁舎で、今は博物館として使われています。


この旧市庁舎の目の前には、、

コペルニクスの像が天球儀(?)を持って立っていました。

画像



旧市庁舎を一周してから、、

画像
画像
画像



そして、その隣に建っていた、、

これは聖霊教会で、、

画像

18世紀にプロテスタントの教会として建てられたとの事。


更に、ブラブラと散策して。。

画像
画像



次に向かったのは、、

聖母マリア教会です。

画像
画像


13世紀頃にフランシスコ会の修道院として建てられましたが、16世紀頃からはプロテスタント教会となり、また18世紀頃からはカトリック教会となって現代に至って居るようです。

プロテスタントとカトリックの確執から、この教会が18世紀にカトリック教会となった為、新たに先の聖霊教会をプロテスタント教会として建立したみたいです。


中に入って見ると、、

祭壇も煌びやかで実に綺麗です。

画像
画像

ステンドグラスが綺麗です、、画質がちょっと荒いけど。(汗

画像
画像
画像

ただ、今迄に幾つも綺麗な教会を観ているので、見慣れて仕舞って少々麻痺している感は有りましたけれど。。ww



この後は、少し自由時間が有りましたので、ブラブラと独り街中を散策してみました。


画像
画像
画像


何となく可愛らしい街並みが続きます。。

画像



そして、街の外れの方まで歩いて行くと、そこには市場が立っていました。

こう言うのが大好きなので、暫しお写真タイム。(笑

画像


野菜・果物類も結構豊富に。。

画像
画像
画像


あ、イタリア産が人気なんですかね?

画像
画像
画像

それとも、これはイタリア物産展でしょうか?



暫し市場を堪能した後は、また旧市庁舎前の広場へと戻り、像の前で奏でる音楽に耳を傾けていましたが、、

このロバ像、拷問にでも使ったのでしょうか??

画像

ちょっとこれに跨るには勇気が要りますね。ww




という事で、、

この日の一連の観光を終え、ここからまたバスでポズナンの街へと160kmほど移動し、この日の宿となるホテルへと入りました。

to be continued ・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
2枚目3枚目の建物、傾いてる気が…

あれアパートなのかな?窓多過ぎで可愛いwww
コペルニクスの生家は残念でしたね。私もこっちのが興味あるなぁ。

月奏曲
2017/09/14 21:14
月奏曲さん、こんばんは。

あ、いえ、多分、広角だから傾いて見えるのでしょうね。直接見た感じでは傾いてると思いませんでしたし。。
五枚目の写真ですよね。ベル型の窓が何とも可愛いですよね。ここ、何なんでしょう、確かにアパートにも思えますね。
はい、コペルニクスの生家は残念でした。ここも工事中でしたし、どうも、こういうのには縁が無さそうです。(汗
空蝉
2017/09/14 23:01
本当に窓が可愛い建物ですね
市場がカラフルで面白そうですね
なにか変った物とか珍しい物は
売ってましたか?
やんま
2017/09/14 23:48
やんまさん、おはようございます。

ベル型の窓がイッパイ並んで居て可愛いですよね。でも、この建物は中世のじゃ無いような気もするんですけどね。。
市場(と言っても広場に急遽できた出店って感じでしたが・・)って見ていて楽しいですよね。こういう現地の食文化が分かる場所って大好きです。
変わった物ですか、、果物・野菜類は色形こそ違え、見慣れている様なのばかりでしたし、イタリアの方は加工品が主でしたから食べてみないと良く分かりませんね。(汗
空蝉
2017/09/15 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポーランド旅行記 2 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる