旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト旅行記 2

<<   作成日時 : 2017/12/19 23:14   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

 
エジプト旅行の滞在一日目(12/11)、
この日、カルナック神殿を観光した後に向かったのは、そこから数kmの直ぐ近くにある ルクソール神殿です。


このルクソール神殿は、元々はアメン大神殿の付属神殿として紀元前14世紀頃にアメンホテプ3世によって中心部分が建立され、その後も色々と増改築が繰り返されたようです。。


ルクソール神殿、第一塔門。

画像

第一塔門の手前に見えるのが、ラムセス2世のオベリスクですね。

このオベリスクは左右に有ったのですが、右側の一本はフランスに贈られて、今はパリのコンコルド広場に置かれているとのこと。


画像
画像



第一塔門を入って、、

中庭をグルッと見回してみました。

画像
画像
画像


更に先へと進んでいくと、、

画像


第二塔門前の左右には、ラムセス2世像が。。

画像
画像
画像


第二塔門へと入って行くと、、

そこには綺麗な壁画と大列柱廊が続いて居ます。

画像
画像
画像


こういう場所に来ると、改めて若い頃にもっと世界史を勉強して置くんだったと悔います。 でも、日本の教育は受験の為の丸暗記教育でしたからねぇ。

当時から海外に行ける環境にでも有れば、世界史や地理ももっと楽しみつつ勉学に励めたと思うのですが。。ww

今は修学旅行で海外へも行く世の中、何とも羨ましい限りです。



因みに、、

このルクソール神殿は、19世紀に発掘が始まるまでは、殆どが瓦礫に埋まっていて、その上にはイスラム教徒が住んで居ました。


という事で、、

この神殿内には、モスク(右)も有って。。

画像
画像
画像


そして、これは、、

数少ないツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃の像です。

画像

でも、これは??

画像


また、ここには、、

まだ修復中の壁画も多いようですね。

画像
画像
画像

ここには、こんなローマ時代の壁画も。。

画像


こうしてブラブラと一時間ほどのルクソール神殿内の観光を終えて、第一塔門前へと戻って来ましたが、、

塔門前には、こんなスフィンクス像が並んで居ました。

画像

あ、これは、カルナック神殿へと続く参道でしょうか。。




そして、、

この後は、この日に泊まるクルーズ船へと向かいました。

これが、そのクルーズ船のプリンセス・サラ号です。

画像
画像


未だ明るかったことも有り、この後に少し桟橋の近くの街を散策してみましたが、、

余り見る場所も無く、しかも物売りやタクシーが次々と声を掛けて来るので五月蠅くて30分ほどで散策を止めて仕舞いました。(汗

人通りは少なくても、そんな雰囲気はアジアですね。ww

画像


という事で、、

この後はクルーズ船上を見て歩いて。。

画像
画像


船上からナイル川を眺めていると、、

画像

こんな網で追い込み漁をしていました。

画像

ま、余り大漁とは行かなかったようですが。。



日が沈んでくると、、

綺麗な夕日が沈んで来て。。

画像


船上からは、こんな夜景が見えました。

画像
画像

こうして見ると何とは無い夜景ですね。ww



この後、夕食後にはバーで、、

こんなベリーダンスショーが有りました。

画像
画像
画像


クルーズ船とは言え、この日は接岸したままで、翌日の昼過ぎになってから出向する予定です。
なので、この日はただ単に船上ホテルに泊まったって感じですかね。ww


という事で、、

こうしてエジプト旅行・滞在一日目は過ぎ、この後はクルーズ船内の部屋でお風呂に浸かったあと、心地良い眠りに就きました。


to be continued ・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も世界史嫌いでしたw
カタカナの名前や地名は
覚えられないww
本当にツタンカーメン像などは
大きいですね〜
船のホテルも面白そう!
やんま
2017/12/20 00:10
やんまさん、こんにちは。

あ、やんまさんも同じでしたか。やっぱり、唯の丸暗記は詰まらないですよねぇ。ww
あ、いえ、ラムセス像は大きかったですが、ツタンカーメン像はそれ程でも。あ、でも、私の身長よりは高かったですけどね。
船のホテル、ここはナイル川なので揺れは殆ど無くて結構快適でした。
空蝉
2017/12/20 12:34
ラムセス2世像は良い状態で美しいですよね。
ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃の像真であったのは知らなかったなぁ…

治安の関係でクルーズ船を船上ホテル代わりに使うのかと思ったらちゃんとクルーズするんですねw

世界史?全くやった記憶がありませんww
そんな科目あったっけ?wwww

月奏曲
2017/12/20 21:42
月奏曲さん、こんばんは。

はい、ラムセス2世像は保存状態も良くて、綺麗でしたねぇ。やはり、埋まっていたことが奏功したんでしょうね。
ツタンカーメン王と王妃の像は、台座にヒエログリフがラムセス2世と書き換えられていて、最近までツタンカーメンと判明して居なかったのだとか。
一応、ルクソールからアスワンまではクルーズしましたよ。私も保安上の問題かと思ったのですが、、、コストの関係かも知れません。ww
世界史、大学入試で選択しませんでしたから、私も記憶に有りません。ww
空蝉
2017/12/20 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
エジプト旅行記 2 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる