旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト旅行記 8

<<   作成日時 : 2017/12/25 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 4

 
中身が少し薄いので、続けます。ww


エジプト旅行の滞在四日目(12/14)、
この日、午前中、イシス神殿を観光した後に向かったのは、アスワン・ハイ・ダムです。


ま、イシス神殿からは近くなので、バス移動したのはホンの少しだけですけど、、

ここが、アスワン・ハイ・ダム(下流側)です。

画像
画像

でも、流石はナイル川です、ダム下でも川幅は広いです!


こちらがダム湖側ですが、、流石に海と見紛うばかりです!!

画像



そして、アスワン・ハイ・ダムを後にして、、

アスワンと言えば、ここ! と言うくらい有名な、アブ・シンベル神殿の観光へと向かいました。

瓦礫や砂一面の砂漠地帯を直走って。。

画像
画像

でも、奥や中間の標識(登坂と追越禁止)は分かっても、手前の標識は読めません。 これじゃ、レンタカー借りてドライブは無理ですね。

ま、国外免許は持ってきてないですし、元々、そんな心算は更々無いですけど。。ww

と、それ以上に、武装警官の同行が無いとここは走れないんでしょうね。 今回も、小銃を持った警官が乗り込んでの警護付きでしたし。。


それよりも、、

もし、こんな場所で故障したら死にますね、、

画像

こんな蜃気楼の逃げ水しか有りませんし。(汗




そして、、

3時間ほどでアブ・シンベルに到着しましたが、ここは人口1万人にも満たない様な街なのに、、

こんな旅客機が飛んでいるんですね。

画像

きっと観光客様々、でしょうね。。ww


そんなアブ・シンベルの街で昼食を摂ってから、、

目的地、アブ・シンベル神殿の観光へと。。

画像



先ずは、アブ・シンベル大神殿へ。。

画像
画像


このアブ・シンベル大神殿は、、

ラムセス2世が太陽神ラーを祀る為に造った神殿で、入口横には自身の4体の像が鎮座しています。 ま、一体は頭部が落ちて仕舞っていますが。。

でも、その大きさより、アスワン・ハイ・ダムの建設に伴って移設された神殿として有名ですかね。 よく、この事がTV番組にも登場しますし。。


そんなアブ・シンベル大神殿を正面から。。

画像


中に入っての撮影は禁止ですが、入口から一歩でも入らなければ写真OKとの事でしたので、、

入口の前からチョットだけパチリ!

画像


この最深部に御神体として、プタハ神、アメン・ラー神、ラメセス2世、ラー・ホルアクティ神の座像が納められています。
この写真の最奥部に、チラッと見えるのが、そのアメン・ラー神、ラメセス2世像ですかね。

ここは、入口から60m近く奥にあるにも係わらず、ラメセス2世誕生日の2月22日と王に即位した10月22日には太陽の光がここまで差し込んで照らされるとか。
しかも、冥界の王たるプタハ神には陽が当らないように設計してあるとか、、本当に当時の天文学は凄いですね。

ま、でも、移設した時に1日ほど日にちがズレて仕舞ったとか、、、現代の方がお粗末ですね。ww



そして、、

次に、アブ・シンベル小神殿に。。

画像


このアブ・シンベル小神殿は、大神殿の直ぐ横に有る、、

ラムセス2世が王妃ネフェルタリの為に建立した神殿で、神殿の前にはラムセス2世とネフェルタリの像が交互に並んで居ます。


画像


ここも移設された神殿で、中は撮影禁止でしたが、、集合時間が迫っていて入口前から中を撮るのを忘れて仕舞いました。(汗



という事で、、

この後は、車窓からこんな夕日の写真を撮りながら、、

画像


また来た道を直走って、アスワンに停泊中のクルーズ船へと戻り、滞在4日目の夜を迎えました。


to be continued ・・






--- アブ・シンベル神殿は、こんな場所に ---


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 ぬおおおお。
 エジプトの写真図鑑の本モノが目の前に〜!・・って、もし、あたいがその場にいたら、狂喜乱舞だったと思うような記事でした。
 その写真図鑑、歴代の王のミイラの写真もあって、ラムセス2世はすご〜くイケメン?だったという、子どもの頃の記憶がよみがえってきました。
Nyanta
2017/12/25 18:25
おお!ピラミッドと並ぶイメージするエジプトの風景ww

やっぱり規模のデカさと乾燥地帯だからなのかな?保存の良さが目立ちますね。
レリーフから像から綺麗に残ってるからその美術性もよくわかる…きがしますw
月奏曲
2017/12/25 21:44
Nyantaさん、こんばんは。

はい、アブ・シンベル神殿は余りに有名で、移設された遺跡でありながら世界遺産ですし、TVにもよく登場しますしね。
私も、ついに見られた! と、結構、興奮しました。ww
ラムセス二世のミイラですか、、この翌日にカイロの考古学博物館で見ましたが、イケメンだったかな? 撮影禁止だったので写真は無いし、、記憶に有りません。ま、そう言う見方はしてませんし、ね。ww
空蝉
2017/12/26 00:09
月奏曲さん、こんばんは。

はい、このアブ・シンベル神殿は、ピラミッド・スフィンクスに並ぶ、エジプトの象徴(?)ですよね。
なんでしょうね、ここは比較的 荒らされて(削られて)居ませんでしたね。ここまでローマ帝国の魔の手(?)が伸びていなかったとか。ww
ま、確かにこのラムセス二世像は大きいですし乾燥地帯ですから劣化も余り進まなかったんでしょうね。
空蝉
2017/12/26 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
エジプト旅行記 8 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる