旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東旅行記 11

<<   作成日時 : 2018/01/29 19:30   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

 
ヨルダン・イスラエル旅行の滞在五日目(1/17)、、
エルサレム旧市街で「嘆きの壁」に触れて厳かな気分に浸った後に向かったのはマリア永眠教会です。

でも、一度バスに乗ったのですが、大渋滞で全然進まず、、結局、場所も近いとのことでバスを降りて歩いて向かいました。


現地ガイドさんが言うには、、
ユダヤ人は選民意識が有って、皆が自家用車で移動するので大渋滞するのだ、とか。。??

ま、と言われても、その割には派手な生活をしている様には見えないのですけどね。。



と、そんな話を聞きながら、、

この門を入っていくと、、

画像


その先に見えてきました、、

これが、マリア永眠教会です。

画像
画像


早速、教会へと入って行くと、、

副祭壇に囲まれた主祭壇が見えました。

画像
画像
画像


そして、副祭壇には、、

十二使徒や三位一体等、多くのモザイク絵が。。

画像 画像
画像 画像
画像 画像


そして、地下へと降りると、、

そこには、マリア像が眠っていました。

画像

このマリア像、頭は象牙で体は桜の木で作られているとか。。




そして、、

次に向かったのは、最後の晩餐の部屋です。

画像

画像
画像

ここが、イエスが捕えられる前夜に最後の食事を摂った場所とのことですが、、
「最後の晩餐」と言うとレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画が余りにも有名なので、そこがこんな殺風景な何もない場所という事に、ちょっと拍子抜けしました。ww


という事で、直ぐに退散して、、

次に行ったのは、ダビデの墓です。

画像


ダビデは古代イスラエルの王で、現在のイスラエル国旗にも使われている「ダビデの星」にも繋がっているとか??  ま、ダビデの星(六芒星)は関係ないとも言われているようですが。。

元々、ユダヤ教では「ダビデの星」では無く、7本枝の燭台「メノラー」がシンボルとされていた様ですし。。


そして、ここに飾られていた、、

これが、メノラーですね。

画像

ま、これは、九本枝ですから、メノラーの一種でハヌッキーヤーと言うみたいですけど。。



ここ、ダビデの墓も男女で礼拝入口が違うので、男性用の入口から入って行くと、、

画像


ダビデの墓に、皆さんが額ずいて祈っていました。

画像
画像

やっぱり、こういう場所は、私の様な唯の観光客はちょっと気が引けて仕舞います。(汗




そして、次に向かったのは、、

この右下に見える、鶏鳴教会です。

画像

この鶏鳴教会は、イエスを捕えて監禁した大司祭の屋敷跡に建てられていて、、


この鶏鳴とは、

イエスが弟子のペテロに「鶏が鳴く前に、三度、私を知らないと言うだろう」と告げ、事実、その後に捕えられたイエスと関わりたくないペテロが「知らない」と三度答えた直後に鶏が鳴いた、、

、、と言う逸話に基いています。



そんな逸話から、教会の扉には、、

そんな逸話の遣り取りを示すレリーフが有ります。

画像
画像

扉が開いていたので分かり難いですが、、左扉のイエスが三本指を掲げてペテロに話しています。。


教会の中へと入ってみると、、

画像
画像


地下には、

イエスが捕らわれた地下牢も。。

画像


そして、外へと出ると、、

そこには、ペテロが「知らない」と言っている像があり、、

画像

塔の上では、鶏が鳴いています。


そして、更に先には、、

当時、イエスが歩いたと言われる階段も。。

画像
画像



こうして、、

エルサレムの中だけでも、これだけの多くの所縁の教会や墳墓が有りますし、、 流石に、ここが三大宗教に所縁の地と思わせます。


今回もハードスケジュールの格安ツアーなので、この日はこの後も更にもう少し観光しました。
が、少し長くなったので、、 また、ここで一旦区切りたいと思います。


to be continued ・・

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本物なのかどうなのかよく残ってるなぁ…

差後の晩餐の場所がダ・ヴィンチに影響受けてるのか全然ショボく見えますwww

ダビデ王の墓所とかガチの巡礼地ですからやっぱ気がひけますよね、異教徒だし。

あ〜…そうか当時ユダヤ属州だからキリスト教がローマに普及した時点で当時の権力者がゆかりの地に教会建てまくったのか…鶏鳴教会なんてかなり後期の教会ぽいですもんね
月奏曲
2018/01/30 22:30
月奏曲さん、こんばんは。

はい、良く遺っていますよね、流石は古の歴史の街って感じました。
最後の晩餐の部屋は、皆さんそう思うらしく、ホンの少し観光しただけで直ぐに移動しましたね。
はい、私の様な観光客は、やっぱり巡礼者を前にすると気が引けて仕舞って中々前には出られません。観光と巡礼では、重みが違いますしね。。
そうですね、所縁の地ですが教会何かは後で建てられたモノも多いですね。今の鶏鳴教会なんて、20世紀初頭に建てられたみたいだし。。
空蝉
2018/01/30 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東旅行記 11 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる