旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS インド・スリランカ旅行記 10 (了)

<<   作成日時 : 2018/02/23 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

 
インド・スリランカ旅行の滞在六日目(2/13)、

この日、デリーのホテルで目覚め、早朝4時半には アグラに移動すべく ニューデリー駅へと向かいました。


早朝のニューデリー駅。

画像

独特の雰囲気を醸していて、、 女性一人旅だとちょっと怖そう。ww



駅のホームに入っても、やや薄暗いです。

画像
画像

、、と言っても、日本の駅が明る過ぎるのですけど。ww



そんな中、少し待っていると、、

乗車予定の列車が入ってきました。

画像

これがシャタプディ・エクスプレス、特急列車です。



中へと入ると、、

車内は、こんな感じで、、

画像

座席も古くてテーブルもガタガタでしたが、足も組めましたし足元は普通に広かったです。


走り始めると、、

車窓から見る限り、少し霧が出ていました。

画像


そんな車窓からは、、

こんな景色が見られて。。

画像
画像

それにしても、こちらでは線路側にも降りられるんですね、日本では先ず見られない光景です。



という事で、、

霧の為に一時間ほど遅れて、タージ・マハル観光の出発地・アグラ駅に到着しました。

で、本来なら直ぐにタージ・マハル観光へと向かうのですが、、、
今回のツアーは民族衣装に着替えて行きたいという希望者が多くて、この後は貸衣裳屋さんへと向かいました。

ま、私は、そういうのは全く興味なしなので、その着替えの間は鳥撮りしていましたけれど。。ww



店前の並木には、、

こんな鳥がいて、、 これは、ホンセイインコですかね。

画像
画像
画像


インドは、もう春なのか、、

あちこちで、番がお熱いことお熱いこと。。ww

画像
画像



そして、、

ここで30分ほど鳥撮りして、、 いえ、衣装替えを待って タージ・マハル観光へと向かいました。


画像

ここで、チケットを購入して、、

画像



いよいよ、タージ・マハルへと向かって、、

この大楼門の下を潜ると、、

画像


その先には、、 

ついに念願のタージ・マハル霊廟が見えました!!

画像


そして、ここを抜けると、、

目の前には、真っ白く輝くタージ・マハルが!!

画像
画像
画像

4本のミナレットも綺麗な姿を見せてくれて、、 今回まで旅行を待っていた甲斐が有りました!

いえ、昨年に一度計画したのですが、未だ修復中との情報を受けて、今年まで延期したんですよね。



そんなタージ・マハルは、、

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、亡くなった王妃の為に建てた壮大な総大理石の白い霊廟で、
南北560m・東西300m余の広大な敷地に建てられています。

また、敷地内にはモスクと迎賓館も建てられており、着工は1632年ですが、その全ての建築が完了したのは1653年とのことでした。



改修を終えた タージ・マハルが輝いています。

画像
画像
画像
画像

こうして見ると、上部の方が少し大きいですね。 下から見た時のバランスを考慮した造りなんでしょうか?



そして、いよいよ霊廟へと、、 と言いたいのですが、ツアー仲間が自撮りしていて中々動きません。
こういうのが、ツアー団体旅行の悲しさです。

こういう場所は、集合場所を決めて早く自由行動にしてくれると嬉しいのですが、ね。www



という事で、、

自撮りを楽しむ人たちを暫し待って、、 いよいよ霊廟へと。。

画像
画像
画像
画像

流石に大きく綺麗な霊廟で、見応え有ります!


ここから、霊廟の中へと入ってみましたが、、中は撮影禁止でしたので写真は有りません。

ま、でも、ここは、中より外から全体を撮った方が、画に成る気がしましたけど。。ww



そして、霊廟から出てくると、、

左手(東)に見えた、、こちらかがモスクで、、

画像
画像

右手(西)のこちらが迎賓館とのこと。

画像
画像

凄いですね、これらの建物も完全にシンメトリーです。


そして、、

南側には、、入ってきた大楼門が見えます。

画像
画像



そして、、

大楼門へと戻りつつ、、池に写ったタージ・マハルも。。

画像

霊廟とミナレットの大きさ・配置が本当に絶妙です!




こうして、、

一頻りタージマハルを観光した後は、、

また貸衣装店へと立ち寄って、私は暫し鳥撮り。ww

画像



この後は、バスに乗ってデリー空港へと、、

こんなインドらしい場所(?)を走って、、

画像
画像

道路脇には、羊の群れも見えました。

画像


途中のトイレ休憩場所には、、

こんなデコトラも。。www

画像
画像

何れもド派手ですし、TATAなのがインドらしいですね。 ww



そして、雲の間から天使の階段が、、

これは、霞んでいるからこその 天使の階段でしょうか。。

画像

ま、天使だけに階段を降りることなく、天翔けてますけど。。ww



市街地を離れると、、

道路脇には、こんな家並みも、、

画像
画像

貧富差が極端なところは、中国に相通じるところが有りますね。




こうして、、

2月7日から始まった6泊8日の旅も、いよいよ終わりを告げ、、
この後はデリー空港からエアインディアに乗って飛び立ち、翌日の2月14日朝には成田に降り立ちました。


今回の旅、今までにも増して移動移動の過酷旅でしたが、、

気候的には涼しかったインドが良かったのですが、個人的には自然も楽しめるスリランカの方が楽しかったですね。

野鳥も色々と撮れましたし、、 他にも固有種がイッパイ居るようですし、いつか機会が有ったら、スリランカにはまた行きたいものです。


-- The END --






-- タージ・マハルは、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タージマハルは修復明けで素晴らしいですねこれ。

しかしなんで民族衣装着て回りたいのか私には意味不明www
デコトラは笑えるしいいんだけどゴチャっとしたインドの雰囲気は私にはやっぱ合わないや(;´Д`)
月奏曲
2018/02/24 16:59
月奏曲さん、こんばんは。

はい、昨年までは四つのミナレットを順々に改修していて足場が掛かっていましたからね。今回は、ちょうど綺麗になったタージ・マハルが見られました。
民族衣装、、ま、外人さんが日本に来て着物を着たいのと同じでしょ。似合う似合わないは別として、民族衣装着てタージ・マハル前で自撮りしたかったみたいですよ。ww
インドはハマる人も居るみたいですけどね、私は二度目は無いですね。。
空蝉
2018/02/24 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド・スリランカ旅行記 10 (了) 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる