旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS ポルトガル旅行記 7

<<   作成日時 : 2018/03/24 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 4

 
ポルトガル旅行の滞在三日目(3/17)、

この日、トマールのキリスト教修道院を観光した後に向かったのは、コインブラの世界遺産・コインブラ大学です。



コインブラ大学へと向かって。。

画像

この「鉄の門」を潜って行きます。

画像


ここ、コインブラ大学は、、

13世紀に創設されたポルトガル最古の大学で、欧州屈指の名門大学とのことで、元々はリスボンで開校され、その後、ここコインブラに移されたとのこと。


その後も、数々の変遷を経て現在の姿に成っている様ですが、、

ポルトガル海上帝国の植民地大学への影響が考慮され、その周辺地区を含めて 2013年に世界遺産に登録されました。



そんな大学へと入る鉄の門の足元には、、

こんな綺麗で大きなモザイク画が。。

画像

ここが最高学府なだけに、これは 「知の女神・ミネルヴァ」 を表しているとか。。


と、そんなモザイク画を踏みしめつつ、、

大学内へと入って行くと。。

画像


先ず、右に見えるのがラテン回廊で、、

昔は、ここではラテン語しか話せなかったとか。

画像
画像

この先は、残念ながら立ち入り禁止でした。 今も現役の大学ですから、仕方ないですね。


なので、、

この回廊から学内を撮ってみました。

画像



そして、学内の他の建物も、、 

と言っても、建物内には入れなかったので外観だけですけど。。



という事で、、

これは、学内に有る サン・ミゲル礼拝堂で、、

画像


これは、ジョアニナ図書館です。

画像



そして、、

この後は、カテドラルを見つつ、、

画像



サンタ・クルース修道院へ入って見ましたが。。

画像


やはり、ここはポルトガルですね、、

ここの壁もアズレージョに囲まれて。。

画像
画像


あ、でも、この祭壇はちょっと怖いかも??

画像




この修道院前では、、

コインブラ大学の女子学生が熱唱していました。

画像
画像

これも、卒業の記念イベントの一つでしょうか? それとも、やっぱり飲み代稼ぎでしょうかね?? ww



という事で、、

この後も街中をブラブラと。。

画像
画像
画像
画像

こうして見ると、、やはり綺麗な街並みですね。


あ、これはポルトガル洗濯女の像。

画像

その昔、モンテゴ川の洗濯女は風物詩だったようで、、 何でも大ヒットしたシャンソンの歌に因んでいるとか。。



そして、、

この先に見えたのが、そのモンテゴ川ですね。

画像


あれ? この船は浚渫船なのでしょうか?

画像
画像

もし浚渫船なら、こんな浚渫作業は初めて見ました。




そして、、

ここ、コインブラをブラブラと観光した後は、ポルトの街へと移動して夕食を摂ってから、


ドゥエロ河畔の夜景を撮ってから、、

画像

この日の宿へと入り、早めに眠りに就きました。


to be continued ・・





-- コインブラは、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 すご〜い、石の建造物つづきで、「ゴシック」って、こういうのかなぁ?と調べてみたら違いましたね。(ゴシック建築はフランス発祥らしい)
 マヌエル様式っていうんですね、あ、でも、ゴシック建築の影響も、って書いてある。
 何にしても美しくって、眼福です。
Nyanta
2018/03/25 10:09
Nyantaさん、こんにちは。

あ、私も建築様式の違いは全然詳しくないんですけと、、マヌエル様式は大航海時代を象徴してか、鎖やロープ、海藻・貝の派手な装飾が特徴かと思っています。
はい、何れにしても建物は素晴らしくて見応えが有りました。
空蝉
2018/03/25 17:26
商売柄学問都市の歴史溢れる由緒ある建物にはそこはかとなく憧れちゃうんですよねぇ…

その歴史=英知の証ですからねぇ…日本はせいぜい明治期以降なので…いやまぁ大学の歴史であって日本の英知は寺社にありましたが…

卒業は日本と違って6月末でしょうから飲み代稼ぎじゃないのかなぁwwww

浚渫船だと思うんだけど船尾についてるのなんだろう??

ポルトで一泊か…食後のポルト酒のお話プリーズw

月奏曲
2018/03/25 19:32
月奏曲さん、こんばんは。

由緒ある学園都市、良い響きですね。でも、私はそこまで憧れは有りませんけど。。ww
私が卒業した大学も、往時の建物は殆ど何もなくなりましたし、、英知の歴史と言えるような名門でもないですし、ね。(汗
あ、そうか。卒業時期は日本と違いますよね。やっぱり、飲み代を集めていたのですかね。

浚渫船(?)の後ろについているのは、巨大なパイプだと思うんだけど、、、これを通して川底の汚泥を処理施設まで送っているのかと。

あ、ポートワインは、試飲しかしませんでした。しかも、昼食を摂った後と言う。。
昼食前に行ってくれれば、もっと美味しく頂いたんですけど、ね。www
空蝉
2018/03/26 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポルトガル旅行記 7 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる