旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 4

<<   作成日時 : 2018/07/08 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在二日目(7/1)、
ジョージアの首都トビリシを発ち、古都ムツヘタとアナヌリ教会を観光した後は、更にジョージア軍用道路を北上し、天空のサメバ教会へと向かいました。


その途中、リゾートホテル(Marco Polo Hotel Gudauri)に立ち寄って昼食を摂りましたが、、

ここはスキーリゾートで、周りにも幾つかホテルが。。

画像


裏山には、何基かのスキーリフトが設置されていて、、

画像

目の前には、こんな絶景が広がっていました。

画像



でも、ここでは昼食を摂っただけで、この後もジョージア軍用道路を更に北上して行くことに、、


暫し走って行くと、、

車窓からは、こんな景色が。。

画像

ここは、九寨溝やパムッカレの様なカルスト地形の石灰棚ですが、少し鉄分を含んでいることから純白でなく少し赤味かかった薄茶色をしている様です。

この軍用道路、この後も何処までも素晴らしい景観が続きました。


更に、こんな絶景の花畑を車窓に見つつ。。

画像
画像
画像



そして、到着したのはステファン・ツミンダ村で、、

ここから西の方角には、遠くカズベック山とゲルゲティ・サメバ教会が見えました。
尚、サメバとは、三位一体を表す言葉の様です。

画像

後方に有る雪を頂いた山が、カズベック山(5047m)で、、

画像

その左に建っているのが、ゲルゲティ・サメバ教会です。

画像



そして、、

ここからはバスを降りて四輪駆動車に乗り換えて、ゲルゲティ・サメバ教会の観光へと向かいました。


四駆で15分ほど走ると、、

教会が良く見える場所に到着しました。

画像
画像
画像

このゲルゲティ・サメバ教会は、、

標高2170mクヴェミタム山の山頂に14世紀に建てられたジョージア正教の教会で、
旧ソ連時代にはジョージア中の聖遺物をここに集めて保管することで、その宗教弾圧から守ったとのこと。

そして、背後にカズベック山を頂く絶景・秘境に位置することからジョージアのシンボルとも言われる教会です。


カズベック山(5047m)、残念ながら山頂には雲が。。

画像



そんな教会へは、、

ここから歩いて向かいました。

画像
画像

こんな、絶景を振り返りつつ。。

画像



一面に広がる緑の中を歩いて、、

15分ほどで教会へと到着。

画像


そんな教会の敷地内は人で溢れて居ました。

画像

中に入ると、窓が小さいため薄暗かったですが、三位一体のフレスコ画や聖ニノのイコンも有りました。 が、残念ながら中は撮影禁止で。。


この教会からは、

眼下にステファン・ツミンダ村も望め、、

画像

その背後には、雪を頂いたシャニ山(4451m)が。。

画像



と、こうして、天空のゲルゲティ・サメバ教会を堪能した後は、、

また四輪駆動車に乗ってステファン・ツミンダ村へと下り、またバスに乗り換えてジョージア軍用道路を直走っていくと、、

車窓からは、キャンプを楽しむ人の姿も。。

画像

こんな大自然の中でのキャンプ、気持ち良いでしょうねぇ!



更に進んで行くと、、

こんなモニュメントが見えました。

画像

訊くと、これはジョージア・ロシア友好記念碑と言って、
旧ソ連時代の1983年にジョージアとロシアの友好200周年を記念して建てられたとの事で、今は背後に絶景を従えた観光地と化しているとのことでした。

ま、でも、今はジョージアとロシアは決して友好状態にはないので、現地ガイドはこのモニュメントもジョージア軍用道路も何となく苦々しげに説明していましたけど。。ww



更に少し走って行くと、、

車窓からは、こんな絶景も!

画像


遠くて見え難いのですが、、

この前にはパラグライダーを楽しむ人達も。。

画像




そして、、

こうして軍用道路沿いの素晴らしい景観を堪能しながらトビリシへと戻った頃には、辺りはすっかり暗くなっていました。

画像


to be continued ・・





-- ゲルゲティ・サメバ教会は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲルゲティ・サメバ教会、ああこんな名前でしたねw
ここ、教会っていうより山塞って感じで陸の孤島に立てこもる感じの教会だと思ったら旧ソ時代にまさしく宗教弾圧から立てこもったのかwww


素朴で剛毅な造りの教会が背後の雄大な景色にマッチして…これは生で見ないと迫力違うんだろうなぁ…うらやましいw

ジョージア・ロシア友好記念碑、そもそもジョージアとロシアの友好200周年てのがボリシェヴィキジョークとしか思えないwwww
月奏曲
2018/07/09 21:36
月奏曲さん、こんばんは。

はい、このゲルゲティ・サメバ教会は本当に絶景の教会でした。
こんな村からも離れた山上の教会ですから、宗教弾圧の脅威から逃れるには最適な地だったでしょうね。しかも、冬ともなれば、完全に一面の雪に覆われて陸の孤島の教会と化していたでしょうし。。
この教会は、天空の教会で有ると同時に、背後の衝立の様な山肌が圧巻でした!
はい、ジョージア・ロシア友好記念碑なんて、まるでブラックジョークですよね。www
空蝉
2018/07/09 23:13
絶景ですね!!
良いですね〜
こんな場所に10日くらい
留まって写真撮っていたいww
人が多いのはみなさん観光客?
やんま
2018/07/10 23:53
やんまさん、おはようございます。

はい、このサメバ教会に限らず、この辺りは絶景続きでした。
途中はバスの車窓からでしたから、余り綺麗に写真が撮れませんでしたが、、、出来れば写真ストップして欲しかった場所がいっぱい有りました。
こんな場所だとのんびりと寛ぎながら、日の出から日の入りまでの変化も入れて撮ってみたくなりますよね。ま、出来れば、もう少し早い時期、、、春の雪山も撮ってみたいですし。。
これらの人々の殆どは観光客ですね。こんな場所ですから、トレッキング・ハイキングを楽しんでいる人もいっぱい居ました。
空蝉
2018/07/11 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 4 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる