旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 5

<<   作成日時 : 2018/07/09 22:44   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在三日目(7/2)、
この日は午前中にジョージア首都トビリシの市内観光を終えてから、アルメニアに移動して観光する予定です。


先ずは、、

クラ川の畔、岩上に佇む聖母マリア教会へと。。

画像
画像

もっとも、この教会の観光が目的では無くて、、
この教会の建つ高台からトビリシの街並みを眼下に眺めることが目的だったのですが。。


眼下には、、

クラ川の流れの先に旧市街が見えます。

画像

これは、4世紀頃に建てられたナリカラ砦です。

画像


橋の袂には、I Love TBILISIと書かれた広場が。。

画像


この後は、そんな教会を見上げつつ、広場へと移動しました。

画像
画像
画像


ここからは、、

少しだけ旧市街を散策しつつ、、

画像
画像
画像


シオニ大聖堂へ。。

画像

画像
画像 画像



画像
画像
画像



こうして、、

軽くトビリシの街を観光した後は、またバスに乗ってアルメニアへと向かいました。

途中、国境ではスーツケースを引いて移動しましたが、如何せん、国境では撮影禁止ですので写真は有りません。
国境越え後、直ぐにアルメニア貨幣に少額だけ交換して。 いえ、使うのはビール代くらいですし、ね。ww



そして、今度はアルメニアのバスに乗り換えて、、

少しだけ走ってから昼食休憩です。

画像
画像


ここは渓谷の上に建つレストランで、、

眼下には、こんな景色が見られました。

画像
画像

ここには、銅山の町が有り、これは精錬所の煙の様です。



そんな景色を見つつ向かったのは、、

丘の上に建つハフパット修道院です。

画像
画像

ここは10世紀頃に建てられた修道院で、1996年にはその景観と歴史的・建築的価値から世界遺産に認定されています。

画像
画像



中へと入って行くと、、

非常に素朴な修道院でした。

画像
画像


画像


画像
画像



更に進んで行くと、、

画像
画像


そこには、こんな部屋が。。

画像

足元の穴は、侵略を受けた際に聖遺物を隠した穴との事でしたが、その後期にはワイン樽としても使われたとのこと。

そんな部屋から出ると、、

画像

そこには、こんな景色が広がっていました。

画像


そして、、

土産物店を冷やかしてから、、

画像



次の観光地であるセヴァン湖へと向かいましたが、
その途中には、こんなトウモロコシを売っている露店がイッパイ有りました。

しかし、何処も同じ様に鍋に入れていましたし、、

画像

こちらでは、トウモロコシは蒸かして食べるんですかね。



そして、3時間ほど移動して、、

漸く、セヴァン湖に到着し、、

画像

この半島の上にあるセヴァン修道院へと。。

画像
画像


ここからの絶景を暫し堪能してから、、

画像


またバスに乗って、アルメニアの首都エレバンにあるホテルへと入り、夕食を摂ってから早めに眠りに就きました。
勿論、暑い中の観光で汗だくでしたから、シャワーを浴びてからですけど。。ww

しかし、アルメニアとアゼルバイジャンは、今も複雑な関係に有るんでしょうね。
下に添付した地図にも有るように、お互いの国にはそれぞれの飛び地が何ヶ所か有りますし、ね。


to be continued ・・





-- ハフパット修道院は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全部の教会・修道院が素朴で質実剛健でなんというか…確かに信仰が残ってる風情で素晴らしいです。


マリア教会のとってつけた非常階段はちょっと残念だけどwww

コーカサスの雄大な景色と素朴な教会の取り合わせってまさに【古き善き信仰】の賜物って感じがしていいですね。

こういう場所はやっぱり露店のお土産屋さんが一番似合いますw
月奏曲
2018/07/10 21:30
月奏曲さん、こんばんは。

アルメニアはキリスト教の国教化が早かったので、何処に行っても素朴な教会ばかりでした。しかも、建てられた時期も近いとあって造りも同じ様で、、、写真整理していても似ていて困りました。ww
マリア教会の非常階段? 何かと思ったら改修中の工事足場の事ですかね。古い教会の観光に行くと、改修中の足場に出会う事が多いですが、、建物を守るためには仕方ないですね。
はい、コーカサスの教会は、何処も雄大な景色の中に建てられていて、観ても撮っても素晴らしかったです。ま、もう少し早い時期、、山に雪がもっと残って居る頃の方が画には成ったと思うのですが。。
こういう露店、買わずとも見ているだけでも楽しめますね。ww
空蝉
2018/07/11 00:00
石積みの教会は趣がありいいですね
セヴァン湖も綺麗。。ここは紅葉すると
綺麗と聞いたことがあります
御土産屋さんのアイスクリームが食べてみたいw
気候は暑いの?
やんま
2018/07/11 00:01
やんまさん、おはようございます。

はい、ジョージアもアルメニアも、大自然の中に佇む素朴な教会ばかりが目立ちました。
セヴァン湖辺りも広葉樹林が多かったですから紅葉時期には綺麗でしょうねぇ。
このお土産屋のアイスクリームは既製品みたいなので食べませんでしたが、手作りアイス(?)だったら絶対食べましたね。暑かったし、アイス大好きだし。。ww
あ、暑さ(気温)は日本と同じ位でしょうか、でも湿度は日本より低いですから過ごし易いです。
空蝉
2018/07/11 10:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 5 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる