旅の空 -人生の第二章-

アクセスカウンタ

zoom RSS コーカサス旅行記 6

<<   作成日時 : 2018/07/10 18:46   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

 
コーカサス旅行の滞在四日目(7/3)、
この日、アルメニアの首都エレバンのホテルを出て、先ず向かったのはホルヴィラップ修道院です。



エレバンの街を40kmほど南下すると、、

遠くにホルヴィラップ修道院が見えてきました。

画像
画像

修道院の背後に見える、これが大アララト山(5137m)で、、

画像

その左に見える、こちらが小アララト山(3896m)です。

画像

ま、独立峰であることや標高も近いことから、何となく富士山にも似ています。

尚、この大アララト山にはノアの箱舟伝説が有り、
旧約聖書で大洪水の後にノアの箱舟が流れ着いた場所が、ここ、大アララト山と言われおり、山頂からは舟の破片が見つかったとか??



そして、、

ホルヴィラップ修道院へ。。

画像
画像
画像


このホルヴィラップ修道院は、4世紀頃に布教に訪れた聖グレゴリウスを13年間もの長きに亘って地下牢へ幽閉した地の上に建てられたと言われています。

尚、アルメニアは、キリスト教を国教と定めた最初の国とも言われています。



そんな修道院の中へと入ってみると、、

画像
画像


画像
画像

ジョージアでもそうでしたが、アルメニアの教会施設も素朴な建築・内装のモノが多そうですね。


ま、それ以上に心に残ったのはアララト山の絶景ですけど、、
そんなアララト山も、元々はアルメニア領だったのが旧ソ連時代に色々とあって現在はトルコ領になって仕舞ったと、ガイドさんが苦々しげに説明してくれました。

因みに、現在はホルヴィラップ修道院の先1km程に国境が有って、そこから先はトルコ領となっています。



そして、、

次に向かったのは、首都エレバンの西10kmほどの地に有る世界遺産・エチミアジン大聖堂です。

画像
画像


このエチミアジン大聖堂は、世界最古の教会で、聖グレゴリウスによって4世紀初頭には建てられたと言われています。


ただ、敷地内へと入って行くと、、

至る所が改修中で。。

画像
画像


中に入っても、

中央には改修の幕が張られていました。

画像

ま、出来る限りそんな幕を避けて撮ってみましたが。。

画像
画像


それでも、余り画に成らないので、、

直ぐ隣に有る宝物殿へと。。

画像


ここには、色々な聖宝物が展示されていましたが、、

画像
画像


中でも、最も有名なのは、、

この、ロンギヌスの槍と、、

画像

ノアの箱舟の木片でしょうか。。

画像

この十字架の裏にあるのが箱舟の木片と言われています。

ま、当然ながら、その真偽の程は定かでは有りませんが、、、それを正すことも出来ませんし、ね。www



そして、、

この後は、エレバンの東にある、アルメニア唯一のヘレニズム建築と言われるガルニ神殿ですが、、 それは、また後ほど。。

to be continued ・・






-- 世界遺産・エチミアジン大聖堂は、こんな場所に --


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アララト山絶景!!
ノアの方舟伝説ありましたね〜
木片見てみたいですねww
ロンギヌスの槍も素晴らしい
キリストの脇腹を突っついた槍ですねw
私はエヴァンゲリオンで知ったのですがww
やんま
2018/07/11 00:07
やんまさん、おはようございます。

アララト山、絶景でしたから、もっと近くのトルコ側からも撮って見たかったです。
ノアの箱舟、これは伝説だけで遺物が残って居るなんてこの時初めて知りました。ま、ノアの箱舟もロンギヌスの槍も果たして本物なのかは疑問ですけど。。ww
あ、エヴァンゲリオンにもロンギヌスの槍が登場しましたね。あの槍は格好良かったですが、この槍は実用上どうか?って形ですよね。日本の槍みたいに、もっと細身の槍かと思っていました。
空蝉
2018/07/11 10:24
これ儀仗用の槍じゃないの?一応打撃特化で刃がなかったり尖ってない槍あったはずだけどあれ重装歩兵の時代じゃなかったかなぁ?

その上のガントレットだか義手だかはなんだろう???

ホルヴィラップ修道院が素敵、素朴で重厚で本当に『初期の教会』といった空気。

アララト山はいってみたいw




月奏曲
2018/07/11 21:31
月奏曲さん、こんばんは。

はい、この槍は刃も無いし、どう見てもキリストを刺して死を確認した槍には見えませんよね。でも、そんな事は間違っても訊けませんし、、そんな事を訊いて不敬罪(そんなのが有るかは知りませんが‥)で拘束されたりしたら嫌ですしね。ww
あの手は、、聖グレゴリウスの手を形取ったとか言っていたかも? 何でも、司教はミサで十字を切る際に薬指を折るのだとか。。
はい、ホルヴィラップ修道院は「これぞ古の教会」って感じですよね。やっぱり、この国の教会は古さが売り(?)ですから、こんな素朴な教会が「らしくて」良いですよね。
空蝉
2018/07/11 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーカサス旅行記 6 旅の空 -人生の第二章-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる